新潟vs神戸~攻めているのに手詰まり感

2011年5月3日
J1 第9節 アルビレックス新潟 vs ヴィッセル神戸

勝ったことのない鬼門のビッグスワンです。
前節、神戸は内容がよかったものの負けてしまいました。
いい状態のときに勝ち点を取っておきたいところです。

試合前

3人替えたスタメン

慶治朗(小川)とボッティとガクト(近藤)がはずれて、森岡、松岡、イ・ジェミンのスタメンとなりました。
前日練習などの情報から予想通りのスタメンです。

ボッティは不調、慶治朗は無理使いしないという理由でしょう。
ガクトは2試合スタメンしましたが、クロスが上げられず攻撃面で不十分でした。
イ・ジェミンはFW登録ですが、今年から練習試合や紅白戦でサイドバックでプレーすることが多くなっています。
守備での不安がありますが、クロスの精度の高さが目立っています。

森岡は意外にもJ初スタメン。
嘉人(大久保)が2列目に下がって、森岡は下がり気味のFWのポジションに入ります。

ボランチは三原と松岡のコンビ。
三原は中断明けの2試合でいい守備をしていますが、松岡とのコンビでは役割が変わってきます。
この2人だと三原が散らすパスを出したり、前に上がっていくことになるでしょう。
そのあたりがどうなるか。

毎回、気になるのが、カンジョ(朴康造)のベンチ入りです。
カンジョの調子がいいからベンチに入れていると思うのですが、どういうケースで使うのでしょうか。
この試合、サイドハーフができる選手は吉田と慶治朗が入っています。
リードしている場面でボランチが負傷したとき、誰をボランチに入れるのでしょうか?
バランスを考えた場合、ボランチを入れておいた方がいいと思うのですが。
カンジョを入れるなら、慶治朗と吉田のどちらかは遠征につれてこずに休ませるとかしてもいいと思います。

試合前の予想

新潟はマルシオ・リシャルデスと永田が浦和に移籍し戦力ダウンと言われています。
ただ、今はチーム状態はいいです。

注目は新潟の左サイドの攻撃を神戸がどうやって抑えるかです。
新潟の右サイドハーフのFWチョ・ヨンチョルとサイドバックの酒井高徳。
どちらも1対1に強く突破力があります。
これに対するのがイ・ジェミン。
かなり不安です。周りがフォローして組織で守りたいところです。

新潟はホームに強いので神戸は苦しい試合になるでしょう。

試合内容

試合結果

後半、新潟のFWブルーノ ・ロペスに難しいシュートを決められて先制されます。
そのまま1-0で神戸の敗戦です。

試合内容

新潟の守備はしっかりブロックを作って守っていました。
さほどプレッシャーをかけてこないので、神戸はポポやホジェリーニョがいつもより自由に動け、バイタルエリアにボールを楽に運び、回すこともできました。
しかし、最終ラインの4人のブロックは崩すことができませんでした。
ミドルシュートを撃ってこぼれ球を狙いますが、神戸の攻撃に手詰まり感がありました。

後半もどちらも決め手がなく、ドローがちらついたところで先制されます。
その直後にイ・ジェミンが2枚目のイエローカードで退場になります。
神戸は10人になるとアグレッシブな攻撃で攻め立てますが、決めきれませんでした。

攻めているのに手詰まり

前節のように神戸が圧倒的に押しているということはないですが、この試合でもボールを繋いで攻めることができていました。
でも、攻めることはできていても内容は前節とは異なります。
前節は崩しもできていて最後の精度だけでしたが、この試合はよくボールが回せていただけです。

新潟の守備は幅がせまいので、そのブロックの前や横にスペースがあって、そこに入った味方に簡単にパスが出せました。
それが新潟のワナだったのかもしれません。

選手にスペースがあるので、動かずに足下へのボールを要求します。
ボールはもらえても周りも動かないのでラストパスを出せず、ミドルシュートを撃つか横にパスするしかできません。
新潟にとってはブロックの前や両端でボールを回されても、どうってことない、という感じでしょうか。

終盤、途中交代の吉田がキーパーとDFの間にクロスを入れ、これまた途中交代の慶治朗が走り混む、という攻撃がありましたが、こういうことを早くからやっていれば、決定機はもっと増えていたはずです。
新潟の守備は速さに弱いと終盤に感じました。
(この試合は右サイドハーフはホジェよりイ・ジェミンの方が相手は嫌だったかもしれません)

失点シーン

失点は自陣からの相手のスローインを2タッチでゴールを決められました。
徳重はマークの受け渡しのミスと言っていますがどうでしょう。
茂木の背後のスペースにチョ・ヨンチョルが走り込み、そこにスローインのボールが入ります。
チョ・ヨンチョルに1タッチでフリーのブルーノ・ロペスに出されてシュートを決められました。
スローインで投げ込まれたスペースは、河本と茂木のゾーンで、松岡まで行くことはなかったように見えます。強いて言うなら、松岡のミスでしょうか。
スローインからのチョ・ヨンチョルのヒールでの1タッチパスは、ブルーノ・ロペスの反応が速かったので、おそらくチームで練習しているパターンだと思います。
1タッチ、1タッチであんなシュートを蹴られたのでは、仕方ないです。

ゴールシーンの動画

PKを2回取られるも救われる

新潟はPKを2回も取ります。
しかし、2回とも失敗してしまいます。
1度目はGK徳重がビッグセーブ、2度目は枠をはずします。

こういうツキのある試合はものに試合といけませんね。

PKを止めた徳重

初スタメンの森岡

シュートは16本も放ちましたが、決定機は2,3度しかありませんでした。
その決定機の1つが森岡がキーパーと1対1になって場面。
森岡が裏に走り混んで、ホジェがスルーパスを出しますが、シュートは日本代表のキーパーに防がれます。

(後半、GKと1対1の決定的な場面もありましたが)
あの角度はイメージ的にもいいイメージがあったので、ちょっと自分の中でここに蹴って決められると思ってしまい、少し早まってしまった感じがあります。コース自体は良かったのですが、キーパーの反応がよくて、それを上回ることが出来ず残念でした。股を抜くという選択肢もありましたが、イメージもあったので、キーパーの上を狙おうと思っていたのですが。蹴り損じたというより、逆に落ち着きすぎて、丁寧にいきすぎたという印象です。

敵がボールを奪いに来てくれればいなすことができるし、味方が動けばラストパスが出せるのですが、この試合のように相手がボールを奪いにこず、味方も動かないと、森岡の良さはでにくいです。

ジャッジ

ジャッジング

主審は佐藤隆治でした。
イエローカードが多い試合になりましたが、ファールや警告の判定は妥当でした。
ラインを外に出たときに反対のボールになることが、互いに1回ずつありましたが、こういうのは仕方ないんでしょうかね。

この試合の警告(神戸のみ)

茂木(C1:反スポーツ的行為)
ポポ(C2:ラフプレー)
イ・ジェミン(C2:ラフプレー)
イ・ジェミン(C1:反スポーツ的行為)

茂木のファールは抜け出した木暮の足に接触しました。故意ではないのでついていませんでした。
イ・ジェミンの2枚目は1枚もらっていることを考えれば、一か八かでいく必要はなかったです。
ただ、足がかかったのはペナルティエリアの外ですね。

ポポのは相手がボールを蹴った後のチャージで危険なプレーととられました。
ポポは今後も同じ警告を受けるような気がします。

この試合の退場(神戸のみ)

イ・ジェミン(CS:警告2回)
※イ・ジェミンは次節出場停止

累積警告

2枚

大久保嘉人
ポポ

1枚

河本裕之
松岡亮輔
吉田孝行
田中英雄
茂木弘人
イ・ジェミン

退場回数

イ・ジェミン(CS:警告2回)

J1 順位表 (第9節終了時点)

神戸は順位を2つ落として、11位。

順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差
1 ベガルタ仙台 10 4 3 1 0 4 1 +3
2 柏レイソル 9 4 3 0 1 7 3 +4
3 横浜F・マリノス 8 4 2 2 0 7 2 +5
4 アルビレックス新潟 8 4 2 2 0 6 2 +4
4 サンフレッチェ広島 8 4 2 2 0 6 2 +4
6 川崎フロンターレ 6 4 2 0 2 4 4 +0
7 ガンバ大阪 6 3 2 0 1 6 7 -1
8 大宮アルディージャ 5 4 1 2 1 5 5 +0
9 ジュビロ磐田 5 4 1 2 1 3 3 +0
10 名古屋グランパス 4 3 1 1 1 3 4 -1
11 ヴィッセル神戸 4 4 1 1 2 2 3 -1
12 鹿島アントラーズ 4 3 1 1 1 5 7 -2
13 モンテディオ山形 4 4 1 1 2 4 6 -2
14 清水エスパルス 4 4 1 1 2 2 5 -3
15 浦和レッズ 3 4 1 0 3 3 4 -1
16 セレッソ大阪 2 3 0 2 1 2 3 -1
17 ヴァンフォーレ甲府 2 4 0 2 2 3 5 -2
18 アビスパ福岡 0 4 0 0 4 1 7 -6

全チーム:第2~6節を未消化
鹿島、名古屋、ガンバ大阪、セレッソ大阪:第9節を未消化

さいごに

イ・ジェミンが退場して10人になってからは神戸は昨年の終盤のようにアブレッシブでした。
昨年はなんやかんやで得点できていましたが、昨年がツキまくっていただけなのかもしれません。

関連リンク

J’s GOAL | ゲームサマリー 2011 J1 第9節 新潟 vs 神戸(東北電ス)

5.3【緊急号外】がんばろう日本号 « KOBE AWAY PRESS(仮)

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。