スマートフォンでクラブの公式携帯サイトが見られるようになりそうだ

今年の冬からスマートフォンで公式携帯サイトが見られるようになりそうです。

スマートフォンといってもiPhoneじゃなくて、ドコモのスマートフォンですけど。

Jリーグのクラブのサポーターには、クラブの携帯サイトが見られなくなることがネックで
携帯電話をスマートフォンに移行できない人が多いことでしょう。

NTTドコモは5月16日、夏モデルのスマートフォンとして、「GALAXY S II」や「Xperia acro」などスマートフォン9機種を発表した。
ワンセグやおサイフケータイ機能など、日本独自機能を搭載する一方、iモード端末向けコンテンツのスマートフォン対応を拡大。
今冬にはiモード課金コンテンツをスマートフォンでも利用できるようにする計画で、
山田隆持社長は「iモードがスマートフォンでも使えるなら移行するという声は多く、
普及の武器になる」
と期待する。

携帯サイトをスマートフォンに対応させるには、課金やサーバーの維持管理の面でこれまで以上のコストがかかります。
それぞれのクラブがコストをかけて携帯サイトを対応させるのは難しいでしょう。
キャリア側で対応してもらえるのが一番いいことです。

iPhone3Gを使っていてiPhone5の機種変を考えている人は、ドコモへの乗り換えも検討してはいかがでしょう。

スマートフォンで携帯サイトが見られるようになると、クラブはスマートフォン向けの高画質な動画などのリッチなコンテンツの要求に悩まされることになりそうです。

関連リンク

「スマートフォンでiモード」を普及の「武器」に──ドコモ夏モデル発表 – ITmedia ニュース

「携帯電話向けサイト」をスマートフォンで見られる仕組みの構築をNTTドコモが検討 – GIGAZINE

頭痛の種の「iモード」コンテンツ

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。