神戸vs広島~手負いの広島に大苦戦

2011年5月21日
J1 第12節 ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島
(ホームズスタジアム)

堅守の神戸が1-0で勝利。これで3連勝.

動画

ハイライト動画

ファイティグスピリッツ~神戸讃歌~Amole solo KOBE

E-facci un goal KOBE!!

OLe!OLe!OLa!

バクスター Ole!

試合前

手負いどころか致命的な傷を負った広島

広島はDF水本、ボランチのMF青山が負傷離脱中、日本代表のFW李忠成とDF森脇が出場停止。
それに加えて、DF森崎幸司が発熱のため欠場となり、さらに前半途中にMF山岸が負傷して交代。
レギュラーのフィールドプレーヤー10人中の6人がピッチに立っていません。
選手を固定している広島には危機的状況です。

ただし、水本と青山の離脱によって逆にチーム一丸となっています。
勝敗を左右するもっとも要素は要素はモチベーションです。
気持ちで負けないことが大切です。

前回のホームゲームと同じで芝は長めでした。
和田さんが戦略的にやっているのではなく、芝の育成の難しいスタジアムの都合のようです。
広島は繋いでビルドアップするチームなので、転がらない芝に戸惑いがあったかもしれません。
パスの精度が高いはずの広島のパスミスが目立ちました。

神戸も主力3人が欠場

一方、神戸もボッティが一時帰国し、ホジェリーニョは足のケガでベンチ外です。
主将・吉田孝行も前節の試合中に足を痛めており主力の3人が欠場です。
それでも神戸は攻撃陣の層が厚く、不安は感じさせません。

試合前の神戸のゴール裏、バクスターのゲーフラがありました。

昨年はリーグ戦で1試合(4分間、ベンチ入り2回)の出場だった有田が今季初ベンチ。
トレーニングマッチではゴールを量産しています。

試合

ヒデのゴール

ミドルシュートがファー側のポストに当たって入りました。
ガコン!、ポスって感じです。

J’s GoalのWOW Players Award
J’s GOAL | WOW Players Award

広島のサイドアタッカー対策

広島のサイドの選手(ウイングバック)はFWのラインまで上がって張ります。
FWのひとり、2列目のひとり、ウイングバックの2人が大きく横に並びます。
サイドチェンジから崩すのが広島の攻撃パターンのひとつです。
4月9日のチャリティーマッチ(広島vs神戸)のときは、右サイドのMFミキッチにゴールを奪われました。

この試合では、サイドハーフの嘉人(大久保)とカンジョ(朴康造)が相手のサイドの選手を「見る」ようにしていました。
ボールホルダーと逆サイドの選手の間に立ち、グラウンダーでの速いサイドチェンジのパスコースを消します。
選手につくわけではないので、ロングボールのような浮いたボールは通ります。
しかし、浮き球ならば時間がかかるので、パスを受けるときにはプレスが可能です。
ここまでは松田監督のときにやっている守り方です。

広島対策で監督がとったのは、DFが引っ張られないようにして守ること。
「見る」というより相手選手との距離が近く、「付く」に近かったです。
相手が最終ラインの位置にいるときは5バックのようになることもありました。
普段ならサイドに浮き球を蹴られたときはサイドバックが寄せに行きますが、これもサイドハーフが行っていました。

守備から攻撃の切り替わりのときの起点を森岡ができればよかったのですが、これも嘉人がしてました。
森岡の不調で嘉人の負担が大きくなってしまいました。

1-0

前半を1-0で折り返します。このスコアは逆転される可能性です。
ハーフタイムで無得点で負けている方は修正してきますが、勝っている方はリードしているために変えません。
リードしている側が後手に回ります。

後半の広島の変化は、最終ラインが高くなって、全体的に少し前掛かりになります。
神戸のカウンターの後、サイドハーフが戻る前にサイドにボールを入れて、いいクロスを上げてきます。
最後が合わずに助かりますが、やられてもおかしくなかったです。

広島は多彩な攻撃ができるはずなのですが、繋ぎで崩して点を取ることにこだわりすぎでした。
最終ラインからロングボールを蹴っていけば、神戸のラインは下がり、神戸のFWはDFにチェイシングを仕掛けるようになり、神戸の守備を間延びさせることができたかもしれません。

決定機をはずしまくる

後半、広島が前掛かりになったので、カウンターがはまるようになります。
再三、決定機が訪れましたが、嘉人とポポが枠をはずしてしまいます。
清水戦のゴールの方が難しいシュートでした。
あれが決められて、なぜ決められない?

3連勝

ともあれ、前半の1点を守りきって勝ちました。3連勝です。
多くの観客の前で勝てて良かったです。

その他

マンオブザマッチは決勝ゴールのヒデ

決勝ゴールのヒデ

スカルプD提供、ファイティングスピリッツ賞は守備が光った茂木

自宅で左まぶた上に2針のケガを負っていた大久保嘉人。
先週、手首が折れているかもしれないとスポーツ新聞に載っていましたが、スローインをしていましたので大丈夫でしょう。
大久保嘉人

後半42分に都倉に替わって1年ぶりの出場のFW有田は、嘉人がほとんど動けなくなったために、ほとんどを左サイドでのプレイとなりました。
森岡が今日のようなデキが続くと、すぐに出番は来るでしょう。
有田光希

都倉、前半終了間際に4人に囲まれたときにつまずいたのは接触したように見えないしシミュレーションじゃないかな?
フリーキックを蹴りたくて転んだように思えます。
味をしめて繰り返すようだとフリーキックを蹴らせないようにしないと。
都倉賢

ヒデの攻撃意識が高く前に出っぱなしなので、広い範囲をカバーすることになった松岡。
もうちょっとムジリを抑えてほしかったが、ムジリだから仕方ないか。
松岡亮輔

スタジアム編

バクスター来日

2006年に神戸の監督だったバクスターが観戦。

娘さんの発案でチャリティーオークションが行われました。

神戸と広島での監督時代のオーセンティック(選手仕様)のユニフォーム。

カワサキDAY

メインスタンドのホーム側がかなり埋まっていました。
試合前のゴール裏とのコール&レスポンスの反応がよかったです。

マンオブザマッチの選手に送られるカワサキのバイク

判定、警告

ジャッジング

主審は松尾一。
選手とのコミュニケーションは取れていて、悪くないレフリングでした。
ただし、ペナルティエリア内で都倉がミキッチを倒したのをノーファールにしたのは決定的なミスジャッジとなりました。
都倉は手を使ってはいませんが、「後ろの位置から」肩でミキッチの肩に当たりに行って倒します。
無謀な当たりで、ラフプレーでの警告でもいいくらいです。
肩だから正当としたのか? 倒れずにプレーできたと判断したのでしょうか?
 
再開後に疑惑のPK判定が連発したことでPKになるファールに厳しくなっています。
というかPKにするのに臆病になっているような気がします。
ヴェルディの試合でも完全なPKのファールがノーファールになったようです。

この試合の警告(神戸のみ)

  • 田中英雄(C2:ラフプレイ)

累積警告

  • 大久保嘉人(3枚)
  • 松岡亮輔(2枚)
  • ポポ(2枚)
  • 田中英雄(2枚)
  • 近藤岳登(1枚)
  • 北本久仁衛(1枚)
  • 河本裕之(1枚)
  • 吉田孝行(1枚)
  • 茂木弘人(1枚)
  • 都倉賢(1枚)

J1 順位表 (第12節終了時点)

順位をひとつ上げて4位。
失点はリーグ最小です。
次節は1位の柏とアウェイで対戦です。
その次はホームで2位の仙台です。

順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差
1 柏レイソル 16 7 5 1 1 13 4 +9
2 ベガルタ仙台 15 7 4 3 0 9 5 +4
3 横浜F・マリノス 14 7 4 2 1 16 7 +9
4 ヴィッセル神戸 13 7 4 1 2 9 4 +5
5 ジュビロ磐田 12 7 3 3 1 14 7 +7
6 サンフレッチェ広島 12 7 3 3 1 10 6 +4
7 ガンバ大阪 12 5 4 0 1 11 10 +1
8 川崎フロンターレ 10 7 3 1 3 10 10 +0
9 アルビレックス新潟 9 7 2 3 2 7 7 +0
10 大宮アルディージャ 9 7 2 3 2 7 9 -2
11 清水エスパルス 8 7 2 2 3 8 12 -4
12 名古屋グランパス 6 6 1 3 2 5 8 -3
13 ヴァンフォーレ甲府 6 7 1 3 3 7 11 -4
14 セレッソ大阪 5 6 0 5 1 7 8 -1
15 鹿島アントラーズ 5 5 1 2 2 9 12 -3
16 浦和レッズ 5 7 1 2 4 7 10 -3
17 モンテディオ山形 4 7 1 1 5 4 12 -8
18 アビスパ福岡 0 7 0 0 7 6 17 -11

関連リンク

J’s GOAL | ゲームサマリー 2011 J1 第12節 神戸 vs 広島(ホームズ)

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。