神戸vs鹿島~神戸らしさは取り戻せたか?

2011年6月22日
第17節 ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ
(ホームズスタジアム神戸)

ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズ@ホムスタ

結果は0-1で神戸が負けました。
しかし、今日に限っては、勝った負けたよりも、勝ち点よりも大事なことがありました。
ヴィッセル神戸のサッカーができたかどうか、です。

回帰

神戸のサッカー

神戸のサッカーとは何か?

  • コンパクトな守備
  • 前線からの連動した守備
  • カウンター攻撃
  • サイド攻撃
  • ハードワークするメンタル

最初の4つは戦術。
最後は、「ハードワーク」とはせずに、あえて「メンタル」。
走ること、プレッシング、ルーズボールを取ること、一歩目を早く踏み出すこと、それらは気持ちがさせることです。

前半と後半

前半から、コンパクトな守備、前線からの連動した守備はできていました。
そこは修正できていました。
前半のシュート数は山形戦より悪い1本だけ(嘉人のミドル)。
慶治朗の絶好のクロスなど試合の入りは悪くなく神戸ペースで進みかけましたが、鹿島ペースになった後、神戸がペースは取り戻すことはありませんでした。
ボールにあと半歩、追いつけない場面が目に付き、全体的に気迫を感じませんでした。

後半は、前半と違って気迫を感じることができました。
運動量もパススピードも上がっていました。
シュートは10本、決定機は5,6回ほど。
上であげた5つの神戸のサッカーになっていました。
良いときの大宮戦や川崎戦の内容に近づいていました。

足りないもの

前半はなかったことと考えるようにします。
昨年の終盤、ガンバ戦のひとつ前の名古屋戦の後半から変わったとも言えます。
あのときの名古屋戦、前半は消極的な内容で、後半から気迫の感じる内容に変わりました。
今日の後半も、次に繋がる内容でした。

昨年の万博のように次の試合で結果が出れば、「自信」も取り戻すことができるでしょう。

ロングスローを試みる茂木弘人

試合のポイント

失点シーン

前半37分、田代のゴールで失点します。

鹿島のカウンター、サイドから遠藤がドリブルで持ち込み、北本は遠藤と正対します、
遠藤は縦か内のドリブル突破にスルーパス、何でもできる状況だけに、北本は飛び込めません。
河本は興梠をマーク。
茂木が比較的高めにいたために戻りきれず、田代が中央でフリーになります。
神戸vs鹿島@ホムスタ 失点シーン

田代の前にスルーパスが出ます。
田代はダイレクトにシュートしようとします。
パスが田代の前に来る前に、松岡が走って足を出し、足先がなんとかボールに触れます。
しかし、ボールが田代のシュートモーション中のヒザに当てって、ふわっとしたボールが徳重の頭を越してゴールへ。
シュートされたゴールでないだけに不運でした。
この形を作られた時点で決まっていたと思うしかありません。

この形になったのは、こうです。
ガクト(近藤岳登)がライン際の高い位置でボールを受けたときのトラップが大きくなったところに、遠藤に寄せられ、ボールは神戸陣の方へライン沿いを転がります。
遠藤とヒデがルーズボールを競りますが、遠藤の方が早く追いつき、遠藤がヒデを振り切ってドリブル。
ヒデは警告覚悟で無理にでも止めなければならなかったですが、それもできませんでした。

ボールを奪われたガクトは遠藤を追いませんでした。
遠藤と競った際に倒れましたが、すぐに立ち上げっています。
ディフェンダーですから戻る姿勢を見せてほしかったです。

原因は、ガクトのトラップをミスしたこと、ガクトの背後のスペースをカバーしていなかったこと、茂木が高めのポジションだったことの3点です。
リスク管理を怠ったことが原因ですが、前半の30分を過ぎたあたりからチーム全体が集中力を欠いていました。
失点した後も、前半が終わるまで集中力がなかったように思います。

センターバックと松岡の関係

失点シーン以外はうまく守れていたかというと、そうでもなく、鹿島のシュートの精度に助けられました。
ただし、センターバック2人と松岡の関係は試合を通してよかったです。

前半3分、鹿島のゴールキックを河本が競りに行きます。
河本が競り負け、ボールは興梠の前に。これは北本がヘディングでクリア。

このとき、河本は最終ラインに戻れておらず、河本がいるはずのスペースが空いています。
神戸vs鹿島-2011 決定機の場面

ハイボールを競り合いから、ボールは野沢に。北本が前に出てチェック。松岡がカバーリングに向かいます。
野沢から裏のスペースにボールが出て、鹿島の決定機になります。
結果は、松岡が追いつく直前に興梠がシュートを撃たれてしまいますが、枠をはずし助かります。
松岡がカバーしていなければ、完全にキーパーと1対1でしたので、決まっていた可能性は高いでしょう。
松岡とセンターバックの連動はうまくできていました。
ただ、茂木が河本のスペースをカバーしていればもっと楽に対応できたはずです。
縦だけでなく横のコンパクトも意識しばければなりません。
神戸vs鹿島-2011 決定機の場面

ボールの奪いどころ

福岡戦と山形戦はボールを奪いどころが明確ではありませんでした。
この試合では、FWが中のパスコースを切って外にパスをさせ、外にボールがあるときにサイドハーフとサイドバック、ボランチ2人で人数をかけてボールを奪うようにしていました。

実際にボールを奪えていたか、というのは別の話しになってしまいますが、鹿島に繋いでボールを前に運ぶことを苦労させていました。
鹿島はポゼッションしつつも、最後はロングボールで前線に送ることを選択していました。
田代へのロングボールとそこからのセカンドボールに、神戸はうまく対応できてはいませんでしたが、
鹿島以外のチームならば、ボールを持たせている状況を作ることはできていたことでしょう。

セカンドボール

セカンドボールというかハイボール、鹿島の選手は落下地点に入るのが早かったです。
落下地点を先に取られているので、無理に競りに行って、ファールを取られるケースが前半の最初に目立ちました。
前半は無理に競りに行かなくなって、余計にセカンドボールが取れなくなっていました。
後半の途中から鹿島の運動量が落ちたことで、セカンドボールを取れるようになります。

コーナーキックの守備

神戸のコーナーキックの守備はゾーンで守ります。
特に高さに強い相手選手がいる場合は、そこだけマンマークにすることもあります。
この試合では、岩政、中田浩二、田代と3人も高さに強い選手がいるためにマンマークでした。
岩政には河本がマーク。北本はボールに対して向かっていく役割。
ほとんどを岩政に合わせてくるので、岩政に河本と北本で競りますが、この2人相手でも岩政は負けませんでした。
コーナーキックでの失点はありませんでしたが、鹿島のコーナーキックは強すぎます。

ポポのフリーキック

ポポがフリーキックを蹴るとき、新しいことをしていました。
昨季は、味方選手が壁に入ってしゃがみ、しゃがんだ選手の頭上をシュートコースとしていました。
(これ、しゃがんでいたカンジョに直撃して手首を骨折したという諸刃の剣(天皇杯の柏戦))

今回は、茂木が壁の端に立ち、都倉はその真後ろに立って縦に並びます。
蹴る瞬間に2人が移動して、コースを作るというもの。
ポポが蹴ったボールはヒットせず、明後日の方向に飛んでしまいましたが。

ポポのフリーキック

ポポのフリーキック

松岡

今日の松岡はよかったです。全体的にイマイチだった前半も一人気迫を感じました。
山形戦と違いプレッシャを掛けられることがほとんどなかったことが大きいのでしょうが、パスミスは目立たずボールを捌けていました。
守備では左右の広いエリアをカバーしていて運動量は多かったです。
82分に交代。
替わったカンジョがそのまま本職でないボランチに入ったので、バテていたことと、
それとヒデの前へのパスが通らないので、捌ける選手をボランチに置きたかったためでしょう。
今季のベストに近いパフォーマンスでした。

大久保嘉人

最初からFWの位置でプレーするのは4/29の大宮戦以来の大久保嘉人。
前半、ボールが入ってこないため試合に入れず。
イライラする素振りを見せていて、前節に続いてこの試合も切れて壊してしまうだろうとハーフタイムに予想していました。
予想に反して切れることはなく、後半はアグレッシブに走って幾度もチャンスに絡みます。
ただ、だいぶ疲れているのか、本来の大久保嘉人のパフォーマンスではありませんでした。

鹿島の補欠で日本代表の伊野波を相手にせず、ボールを捌く大久保嘉人。
大久保嘉人と伊野波

都倉

72分に吉田と替わって出場。
前節と違って、都倉の頭にロングボールを蹴らず、都倉を走らせることに終始。
常にゴール前への飛び出しを狙っていましたが、中田浩二がうますぎてポジションを取れず。
アディショナルタイムに足を負傷しピッチに戻れませんでした。
都倉らしさを出せていてアピールできましたが、次節は厳しいかも。
(追記)
右足第5中足骨(小指の付け根)疲労骨折で全治3ヶ月の診断でした。
ちなみにドルトムントの香川真司と同じ箇所です。
3ヶ月はかなり痛いですね。
都倉賢と中田浩二

田中英雄

悪いところが目立ったのがヒデ。
前半は右サイド、後半はボッティと入れ替わってボランチ。
パスミスが多かったです。
後半もさほど変わらず。
69分のアーリークロスを蹴った場面、ポポはゴール前に飛び込むことはしないので、サイドのスペースにポポを走らせてほしかったです。
パスミスもそうですが、本人のコメント通り、イメージがズレているからなのでしょう。

和田采配

今日の選手交代の狙いは機能していました。
得点できなかったので当たったと言えないのが残念です。

ガクトを使い続けるということは、ビツが福岡戦の状態から復調できていないということなのでしょうか?

この日から衣替え。
都倉に指示を出す和田監督

分かりにくいイエローカード

前半65分の河本に対するイエローカードが分かりにくかったです。

前半63分、松岡のファールで鹿島のフリーキックの場面。
壁のポジション取りの細かな小競り合い。
やっと蹴る体制になったところで、河本の前にいた西が後ろに下がって河本を押します。
それを河本が押し返します。
また下がってきたので強く押し返します。
この2回目のときに小笠原が、河本が西をヒジでこづいたとアピール。

映像からヒジが当たったのかは分かりませんでしたが、西が強く押されたのは西の挙動で分かります。
隣の北本がまったくのノーリアクションでしたので、警告と取られてもおかしくない何かはあったのでしょう。

警告、累積警告

主審は、木村博之。若手です。
J1の試合は今年7試合目で、J2で笛を吹くこともあります。

前半、河本に警告が出てもいいラフプレーがありましたががカードは出ず。
手で押さえたり押したりするのは、神経質なくらい細かくファールを取っていきます。
警告を出すのは慎重で、注意をしっかり行うことで試合をコントロールしようとしていました。

神戸目線でいうと、75分に嘉人がペナルティエリアの中に走り込んで、ボッティからパスが出たとき、アレックスの手が嘉人の肩にかかっていました。
(その後に嘉人が倒れたのは、パスを受けたときに挟まれてバランスを崩したからで、これとは関係ないです)
実際のところ、これがなかったらボールに向いてトラップする時間が作れた、と言えるほど減速させられておらず影響はありませんでした。
手で止めようとしただけでなく、実際に倒れたり止まったり何かしら影響がないとホールディングには当たらないのかな?
神戸vs鹿島@ホムスタ

注意の仕方、カードは選手と対面して威厳を持って出していたことに好感。

この試合の警告(神戸のみ)

  • 河本裕之(C1:反スポーツ的行為)
  • 大久保嘉人(C1:反スポーツ的行為)

嘉人のイエローカードは、パスを受けたときにボールとの間に本山に体を入られ、ユニフォームを引っ張ったため。
鹿島のチャンスになりそうなところをファールで潰したとした警告。

累積警告

  • 松岡亮輔(3枚)
  • ポポ(3枚)
  • 大久保嘉人(2枚+4)
  • 北本久仁衛(2枚)
  • 河本裕之(2枚)
  • 田中英雄(2枚)
  • 都倉賢(2枚)
  • 近藤岳登(1枚)
  • 朴康造(1枚)
  • ホジェリーニョ(1枚)
  • 吉田孝行(1枚)
  • 茂木弘人(1枚)
  • 石櫃洋祐(1枚)

スタジアム風景 その1

ゴール裏

サポーターズミーティング。ゴール裏の入場ゲートには、昨年のようにダンマクが掲げられていました。
神戸vs鹿島@ホムスタ ダンマク

試合前。北本はこの試合で、J1リーグ出場250試合を達成。
神戸vs鹿島@ホムスタ 神戸サポーター

キックオフ。
神戸vs鹿島@ホムスタ 神戸サポーター

鹿島サポーター
神戸vs鹿島@ホムスタ 鹿島サポーター

この日、オブラディ・オブラダを踊ったのは、勝った鹿島サポーターでした。
鹿島サポーター@ホームズスタジアム神戸

スタジアム風景 その2

夏の新メニュー

夏と言えば、かき氷、300円。マンゴーフラッペ、500円。
かき氷系はいろんな店舗に出ています。
ホームズスタジアム スタジアムグルメ 夏の新メニュー かき氷

マンゴーミルクかき氷とイチゴミルクかき氷、500円。
ホームズスタジアム スタジアムグルメ 夏の新メニュー マンゴーミルクかき氷

ぽえむカスタード 150円。クリームパンです。
ホームズスタジアム スタジアムグルメ 夏の新メニュー ぽえむカスタード

ふんわり柔らかお好み焼き串、250円。

ステーキ丼が並んでいたので、新メニューの海鮮塩焼きそばを食しました。
ホムスタ 夏の新メニュー 海鮮塩焼きそば

ヴィッセル神戸 | VISSEL KOBE 【スタ飯向上プロジェクト】6/22鹿島戦から「夏の新メニュー」が登場!

ステーキ丼とトルコアイス

今節の「スタ飯向上プロジェクト」は、ステーキ丼とトルコアイスでした。
ホームズスタジアム スタジアムグルメ 鹿島戦

トルコアイス(ドンドゥルマ)は、餅のような粘りがあるのが特徴です。
長時間練り上げて伸ばすことで粘りが出ます。

ポニー☆DAY!!

スポンサーイベントはJRAの阪神競馬場でした。
今週末に阪神競馬場で宝塚記念があります。阪神競馬場は阪急宝塚線の仁川駅の近くにあります。

JRAのマスコットのターフィーと、ポニーが来ていました。ポニーは子供が乗れるくらいのが来るのかと思ってましたが小ぶりでした。
ターフィー@ホームズスタジアム神戸

競馬場には、ポニーに乗れたり(身長130cm以下の子供が対象)、遊具など子供が遊べる広い敷地の公園があります。
公園の遊具は平日でも利用できます。平日は駐車場が無料です。
ポニー乗馬は競馬開催日だけです。
阪神競馬場宣伝ボード

ジャパンワールドカップ

ハーフタイム抽選会は、ジャパンワールドカップと題して、競馬レースが映されました。

出走馬。
ジャパンワールドカップ@ホームズスタジアム神戸

レース風景

勝ち馬。うま???
ジャパンワールドカップ@ホームズスタジアム神戸

J1 順位表 (第17節終了時点)

降格ラインの16位の勝ち点との差は4。
0-4で惨敗した甲府が降格圏に。

順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差
1 柏レイソル 25 12 8 1 3 22 11 +11
2 ベガルタ仙台 24 12 6 6 0 18 9 +9
3 川崎フロンターレ 23 12 7 2 3 24 15 +9
4 サンフレッチェ広島 22 12 6 4 2 16 11 +5
5 横浜F・マリノス 21 12 6 3 3 20 12 +8
6 名古屋グランパス 19 11 5 4 2 20 14 +6
7 ガンバ大阪 19 10 6 1 3 21 19 +2
8 大宮アルディージャ 17 12 4 5 3 14 19 -5
9 ジュビロ磐田 16 12 4 4 4 18 12 +6
10 清水エスパルス 16 12 4 4 4 17 19 -2
11 ヴィッセル神戸 15 12 4 3 5 10 11 -1
12 鹿島アントラーズ 14 10 4 2 4 15 15 +0
13 セレッソ大阪 11 11 2 5 4 14 13 +1
14 浦和レッズ 11 12 2 5 5 14 16 -2
15 アルビレックス新潟 11 12 2 5 5 9 15 -6
16 ヴァンフォーレ甲府 11 12 2 5 5 11 20 -9
17 モンテディオ山形 8 12 2 2 8 10 20 -10
18 アビスパ福岡 1 12 0 1 11 8 30 -22

さいごに

負けましたが、後半のパフォーマンスは、次節アウェイの大宮戦に行ってもいいかなぁ、と思う内容でした。
まあ、実際は日曜の19時キックオフの遠征は厳しくて難しいのですが。

スカパーの中継の録画をPS3で再生してて偶然、スタジアムの音声はそのままで実況と解説を消すことができるのを知りました。
副音声はスタジアム音声だけなんですね。
アウェイで相手寄りの実況が激しいときに、実況を消して観ようと思います。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。