横浜FMvs神戸~問題ない、このまま続けろ

2011年7月23日
Jリーグ(J1) 第6節 横浜Fマリノス vs ヴィッセル神戸
(日産スタジアム)

首位のマリノスとの対戦。
スコアは1-0でマリノスの勝利。
マリノスが首位をキープし、神戸は下位のクラブが勝っている中で勝ち点を伸ばせませんでした。

試合のポイント

現実路線のマリノス

横浜Fマリノスは、現在、首位ですが、調子がいいわけではありません。
前節の大宮戦では、運動量で負けていて決定機も相手の方がありました。
追いつかれた後は、無理をせず引き分けを選択しました。

マリノスが負けないのは、リスクをおかさず、現実的な戦い方に終始しているからです。
運動量がなくても、無理をしなくても、シュートをはずしまくっても、コーナーキックやフリーキックで得点することができるのが、マリノスの強みです。
流れの中では、ブロックを作って守り、人数かけずにカウンターと裏を狙います。
柏や仙台、磐田、大宮、神戸のカウンター主体のクラブがポゼッションを取り込もうとしていることと逆です。
あまり首位のクラブらしくない戦い方です。

セレッソ戦と同じように戦えたか?

神戸は、前節のセレッソ戦のような前線からプレス、高い最終ラインで戦っていくことしました。
それがマリノス相手でもできるかが試合のポイントでした。

結論は、セレッソ戦と同じことはできていました。
結果が伴わなかったのは相手が違ったからです。

セレッソは、中盤の高い位置からボールを奪いにきて、最終ラインも高かったです。
セレッソの中盤のパスミスが多く、神戸が運動量で圧倒したためにハマりました。

マリノスは、ボールを奪うラインが低く、守備ブロックを崩さないことを優先します。
プレスがないので裏に出すロングボールを蹴れますが、マリノスのDFに体を張られて潰されます。
プレスにしても、マリノスはボールを失うようなミスをあまりしませんでした。
神戸はセレッソ戦と同じように戦えていましたが、マリノスには通用しなかったのです。

相手のブロックを動かす工夫がなかったとは思いますが、マリノスはリーグ最小失点のクラブです。
やろうとしていることは、セレッソ戦から後退していません。
ここからクロス精度を上げることと複数パスコースを作る動きを少しずつレベルを上げていけばいいです。

守備について

守備は1失点してしまいましたが、北本と河本はかなりふんばれていました。
高いラインを維持して、何回も裏を取れましたが、裏を取られて失点することはありませんでした。
裏を取らたからといって失点するわけではないので、今日のやり方を続ければいいです。

相馬崇人、ヴィッセル初出場

7月3日に神戸に移籍してきた相馬が途中出場しました。
入ったのがマリノスが引いて守る時間帯だったので守備の時間が少なかったからかもしれませんが、攻撃面は神戸に合いそうです。
最後の場面はサイドバックの石櫃がクロスを入れて、サイドバックの相馬が中でシュートする、という神戸らしい形でしたし。

相馬崇人

相馬は左のサイドなら、サイドバック、ウィングバック、サイドハーフのどこでもできます。
この試合では左サイドバックに入ります。
茂木を右サイドハーフに上げ、相馬の前の左サイドハーフはホジェリーニョとなります。
相馬がポルトガル語を話せるのでホジェリーニョとの連携を期待して、相馬とホジェを縦に並べたのでしょう。

サイドハーフのどちらかは、中央に抜け出したり、走り込んだりする選手の慶治朗やカンジョを一人は置きたいのですが、
茂木も相馬もそういう動きができるので、中盤の組み合わせの選択肢が増えそうです。

全然あかんかったー。
@somatakahito
相馬崇人

みんなありがとう!今日は久々に日本のピッチに立って感慨深かった。またこの地で輝けるよう全力でやります!んじゃ、おやすみ。
@somatakahito
相馬崇人

ホジェとボッティの共存は可能か?

神戸が自陣の深い位置でボールを奪ったとき、ホジェリーニョはどうしてもボールをもらいに下がってきます。
ボッティとポジションも役割も被ってしまいました。
ホジェとボッティを共存させるのは難しそうです。
水曜日のナビスコ杯で、2人を先発させて2人の関係の改善策を見つけてもらいたいです。

レフリング、警告

主審は、西村雄一。
ファールっぽいのも笛を吹いていないと思ったけど、スタッツを見たらけっこう取っていました。
引きの映像では細かいところが見えにくいので、細かい判定についてはよくわからなかったものが多いです。
手を使ったホールディングのファールはしっかり取って、他のものは厳しめの判定のようです。
特に問題なく普通に試合を終わらせました。

ヒデのジャンピングスルーパスで吉田が抜け出した場面は、オフサイドに見えますけどね。
(オフサイドラインがハーフウェイラインだったとしても)
オフサイドじゃないの?

この試合の警告(神戸のみ)

ボッティ(C1:反スポーツ的行為)

ボッティはとぼけてましたが、抜かれたところをユニフォームを引っ張って止めているので、意図的なファールでチャンスの芽を摘んだことによる警告です。

累積警告

  • 松岡亮輔(3枚)
  • ポポ(3枚)
  • 茂木弘人(3枚)
  • 大久保嘉人(2枚+4)
  • 北本久仁衛(2枚)
  • 河本裕之(2枚)
  • 田中英雄(2枚)
  • 石櫃洋祐(2枚)
  • 都倉賢(2枚)
  • 近藤岳登(1枚)
  • 羽田憲司(1枚)
  • 朴康造(1枚)
  • ホジェリーニョ(1枚)
  • ボッティ(1枚)
  • 吉田孝行(1枚)

J1 順位表 (第18節終了時点)

15位から11位に順位がアップしたと思ったら、すぐに15位に転落。
リーグ戦の次節の相手は16位の甲府、負けた方が降格圏です。

順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差
1 横浜F・マリノス 37 18 11 4 3 30 16 +14
2 柏レイソル 37 18 12 1 5 34 22 +12
3 名古屋グランパス 33 17 9 6 2 30 19 +11
4 川崎フロンターレ 30 18 9 3 6 33 26 +7
5 ガンバ大阪 30 16 9 3 4 38 33 +5
6 ジュビロ磐田 27 18 7 6 5 30 20 +10
7 清水エスパルス 27 18 7 6 5 22 25 -3
8 ベガルタ仙台 26 18 6 8 4 19 16 +3
9 サンフレッチェ広島 26 18 7 5 6 24 25 -1
10 大宮アルディージャ 22 18 5 7 6 19 26 -7
11 セレッソ大阪 21 17 5 6 6 30 22 +8
12 浦和レッズ 21 18 4 9 5 21 19 +2
13 アルビレックス新潟 21 18 5 6 7 17 21 -4
14 鹿島アントラーズ 19 16 5 4 7 23 23 +0
15 ヴィッセル神戸 19 18 5 4 9 17 21 -4
16 ヴァンフォーレ甲府 17 18 4 5 9 19 33 -14
17 モンテディオ山形 12 18 3 3 12 13 28 -15
18 アビスパ福岡 8 18 2 2 14 13 37 -24

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。