[雑感]横浜Fマリノス戦の雑感

昨日の横浜Fマリノス戦。
勝ってリーグ戦3連勝。

試合の詳細は木曜日になりそうです。
(もしかしたら書かないかも)

今日のところは雑感レベルで。

この試合は自信がまったくありませんでした。
小林祐三がいないのを知って、勝ち目が少し出てきたかもと思える程度です。

試合運び

ひとつ前の試合のプレビュー記事に

  • 縦パスを入れつつ、サイドチェンジで左右に振って疲れさせることができるかがポイント
  • とにかく攻撃をかんたんに終わらせずに相手陣内でプレーする時間を長くすること

と書きました。
実際、前半にこれを長い時間やったので勝てたわけですが、できるとは思っていませんでした。
できる以前にやらないだろうとさえ思っていました。
ここ2試合、リードしたときに、ボールを動かして相手を疲れさせることをやろうとしていました。
リードしたらやるかもしれないが、「リードするまで」やらないだろうと。

もっとうまくできたところもあるし、行くときと落ち着かせるときの判断が合っていないところも見られましたが、
Fマリノスのスカウティングの上を行きました。
また一段、チームが少し階段を登った試合になりました。

和田監督、試合後のコメント
今まで、この2試合勝ってはいましたが、リードしたときの戦い方というか試合運びのところに課題があったと思います。
落ち着いて相手を走らせるということが、リードしているなかでできれば、より相手の体力の消耗にもつながります。
今日はそういったところで、リードしていたからではなく、立ち上がりから落ち着いて、今までの神戸に比べるとですが、ボールは動いていたのではないかと思います。
その辺りが相手も体力的にきつかったのではないかと思います。

ファールが多すぎる

Fマリノスの選手は個の能力が優れているので、1対1になるとギリギリのプレーで止めることなります。
ギリギリというのは、ファールになるか、ならないか。
今日の松尾主審は倒れても安易にファールとしない主審ですし、この試合の基準もファールには高めの設定でした。
それでも神戸の守備は笛がなりました。
昨年のような荒っぽいファールはないですが、
必要なファールだったのか、クラブでしっかり検証してもらいたいです。
茂木のイエローカードは、「C4:繰り返しの違反」です。

三原はまだまだ

ボッティのアクシデントで前半21分に三原がピッチにはいりました。
5/21の広島戦で負傷してからなので、約3ヶ月ぶりの出場です。
パス回しにらしさがありましたが、守備はスピードについて行けていませんでした。
トップフォームにはまだ時間がかかるでしょう。
試合終了後、ずっとしんどそう、というか死にそうな顔してました。

次節のボランチは松岡とヒデの方が無難で、スタメン復帰はその次の福岡戦でいいのではないでしょうか。

次節の左サイドバック

茂木が累積4枚目の警告を受けて、次節は出場停止です。
同じポジションの相馬は肉離れで離脱中です。

和田監督、試合後のコメント
(茂木が次節出場停止だが、左サイドバックは?)
皆さんも色々と想像してもらったらいいと思いますが、私の中ではイエローカードが出た瞬間に決まっています。
あとは1週間のトレーニングを見て、その選手がしっかりやれるかどうかだと思います。

右サイドバックの控えの近藤岳登、左サイドバックが本職の大卒ルーキーの林佳祐のどちらか。
しっかり準備をしていることを評価してのガクト。
本職であることを尊重しての林。
おそらく前者でしょう。
おそらく今日の国体選抜との練習試合のポジションでわかるでしょう。

林はここで出場できなければ今季の出場はなさそう。
和田さんの性格から、ベンチ入りはするのではないでしょうか。
どっちにしても穴になりそうです。

次節

次節はホーム新潟戦です。
新潟は残留争いの戦力のイメージなんですが、調子がいいようです。
戦力差は神戸と同じく組織で埋めているのでしょうか?
日曜日の浦和との試合を見てみます。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。