横浜戦の雑感その2~新しい手拍子の応援について

8月13日のマリノス戦からチャントっていうか、新しい手拍子をするようになりました。

ダダンダ・ダン(小太鼓)、チャッ・チャッ・チャ(手拍子)
ダダンダ・ダン(小太鼓)、チャッ・チャッ・チャ(手拍子)

メインスタンドの人も手拍子してくれていて、スタジアム全体で応援するには手軽でいいと思います。

手持ちぶさた

けど、この手拍子の応援、何か物足りません。
なんか手持ちぶたさ、もとい、手持ちぶさたでした。
太鼓の時、あげた手をどうしたらいいか・・・

やっぱり声があった方が

手のやり場もありますが、ゴール裏は太鼓のところで何かかけ声があった方がいいと思いました。

シンプルに神戸(コ・オ・ベ)
とか
Here We Go!(ヒー ウィ ゴー!)(訳:さぁ、行こう)
とか。

当然、いろいろ考えた結果、かけ声なしでよりシンプルにってことなんでしょう。

ライト層にも応援する楽しさを

メインスタンドもバックスタンドも手拍子する文化が神戸にできれば、観客が増えると思います。
プロ野球の阪神の甲子園、ほとんどの人は、たんに見るのではなく応援しに行きます。
そういう観戦スタイルがリピーターの多い要因でもあります。

この応援、他の人はどう思ったでしょうか。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。