福岡vs神戸~実力が下の相手にやられるとき

2011年8月24日
Jリーグ J1 第23節 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸
(レベルファイブスタジアム)

スコアは2-2のドロー。
神戸は、前半の早い段階で2点を取りますが、後半、アディショナルタイムに追いつかれました。
最下位のクラブ、試合内容も勝ち試合でした。
痛恨のドローです。

下の福岡サポーターのブログが、この試合の展開をうまく表現していました。
Hybrid Life 神戸戦…、うさぎとかめ。

動画

ハイライト動画

コーナーキック、ツネのヘッドからポポが押し込んで・・・

ゲームのポイント

実力が下の相手に負けるとき

スコア上は引き分けですが、最下位の福岡に勝てなかったことは負けです。
サッカーに限らず、勝負事で実力が下の相手に負けてしまうときのパターンは決まっています。

「相手の立てた対策に見事にハマってしまったとき」
「自分たちの長所が消されて、相手の長所を発揮されたとき」

だいたい、この2つのどちらかか、もしくは両方です。

福岡の戦術にハマった

福岡の戦術に神戸の攻撃は見事にハマりました。
神戸対策だったわけではないと思いますが。

福岡の守備はサイドを捨てて、中を固めていました。
ディフェンスラインは高くはないですが、すぐにペナルティエリア手前まで下がることはなく、けっこう我慢してラインを保っていました。(消耗した後半中盤以降は除く)

新潟戦の2点目は引いた守備を崩したゴールでしたが、ほとんどのゴールは高い位置で奪って手数をかけずにシュートカウンターからです。
この試合の2得点もショートカウンターです。
堅そうに見えなかった福岡の守備でしたが、神戸はチャンスを作っても崩すまでに到りませんでした。
公式のシュート数は前半3本、後半3本の計6本だけでした。
(公式のスタッツのシュート数は相手に当たって、大きく枠をはずれたり跳ね返ったりしたものはカウントしません)

オフサイドは5本、裏に抜けるタイミングがなかなか合いませんでした。
福岡程度の守備を崩せないのは、神戸の拙攻は重病です。
バイタルエリアやペナルティエリア内でボールを動かして相手DFを動かさないと、シュートを撃てるスペースは作れません。

神戸のハードワークが消えて、福岡がハードワークした

神戸は、後半の早いうちから運動量が落ちて、ボールホルダーに付ききれなくなります。
湿度は91%と高めですが、気温は高くなく、無風ではなかったらしいので、甲府戦、浦和戦、横浜戦の無風での試合に比べれば、比較的マシだったんじゃないかと思います。
中3日だから、運動量が落ちたのが早かったのでしょう。

福岡の長所もハードワークです。
福岡は、前半、特に2点リードされるまで、プレスをほとんどせず足が止まっていました。
その分、後半の開始から神戸より走れたのでしょう。

神戸は前半に2点リードした以降も運動量が落ちます。
こっちはバテたのではなく、どう試合を進めるのか、選手の意識がバラバラだったことが原因だと思います。

神戸は地力で出せず

福岡は後半開始から何度も攻め込んで60分に1点返します。
福岡も運動量で勝るのはこのあたりまでで、後は互いに消耗しきった状態での勝負になります。
こうなると力の差が出まるので、神戸が有利です。
しかし、神戸は相変わらずの拙攻でチャンスを作っても決められませんでした。

ヒデの途中交代

和田さんがヒデを替えた理由です。
替えたときは、三原を入れたいとはいえ、和田さんがあれだけ買っているヒデを替えるのはらしくないように思えました。

試合後の監督のコメント
田中がイエロー3枚たまっていたので、次の試合のことも考え、三原を入れてボランチ2枚が安定して守備が出来るかと思って入れましたが、代わってすぐ失点してしまったところが少し誤算でした。

コメント通り、ヒデの出場停止がリーチだったからです。
ボランチのファーストチョイスは三原ですが、まだ体力面で90分は厳しいです。
もし、ヒデが出場停止になると、次節は三原を無理して90分使うか、羽田と途中交代になります。
それだけは避けたかったのでしょう。
個人的には、いざとなったら別に羽田でいいと思いますが。
ちなみに次節は三原とヒデが先発で、松岡は三原との途中交代になると予想します。

交代カード

交代カードの使い方に差がありました。

<福岡>
81分: DF山形辰徳 → DFキムミンジェ
71分: FW岡本英也 → FW重松健太郎
74分: FW城後寿 → FW高橋泰

<神戸>
59分: MF田中英雄 → MF三原雅俊
68分: FW吉田孝行 → FWぺ チョンソク
72分: DF宮本恒靖 → DF羽田憲司

神戸は予定通り三原投入で1枚。
いつものように70分までに吉田を交代。
宮本が足をつって、交代カードを30分残して使い切ってしまいました。
仕方ないですが、最後のカードは中3日の試合では痛かったです。

変わった三原も期待した働きはできませんでした。
松岡にも言えますが、ボランチの2人がセカンドボールを拾えなかったことが、神戸のリズムを悪くした要因です。
ボールを失う以上に響きました。

チョンソクの使い方はあれでいいんでしょうか?
体が強いしボールをキープできそうなので、走らせるより、相手の最終ラインの中央にどかっとしている方が相手は怖いと思うのですが。

交代カードの効果を得られなかった神戸に対して、福岡の同点弾を決めたのは途中出場の重松健太郎でした。

吉田孝行の試合後のコメント

試合後のコメント(吉田孝行)
ボールを回しても、ミスはつきものです。ただ、あまりにもやっぱりボランチのところでミスが多すぎて、いい形で回っているけど、そこで取られてということが多かった。相手のディフェンスラインを考えたら、もっと余裕に回せたし、ウラも狙えたし、そういう使い分けも出来たのかなと思っています。

このコメントは、前半に2点リードした後と、後半の序盤の試合運びを言っているのだと思います。

前半は、ミスが多すぎたってことはないと思いますが、ボールを繋げられなかったのは確かです。
前半については、選手の意識が共有できなかったからだと思います。
2点リードした後、吉田は高めに張ってセンターバックにチェイシングを仕掛けるのをやめて、下がり目の位置でプレーするようになります。
吉田はボール回しをして落ち着かせたかったのでしょうが、他の選手はボールを回す意識は低かったと思います。

後半は選手全員がボールを回す意識はありました。
言うほどミスもなかったです。
ただ、51分~55分に松岡、石櫃の凡ミスが続きました。
この時間の凡ミスで、五分五分だった流れが福岡に言ってしまった感があります。
シュートを撃たせすぎました。

松岡には相手のプレッシャーはなかったので、慌てたことによるミスではないです。
パスをワンタッチで蹴ったためにコントロールできなかったミスです。
周囲が見れるようになってやろうとしていることはよいですが、まだ足元の技術がついていけてません。
松岡がもっと成長しないと、神戸が上のステージに上れません。

さいごに

この試合で悪かったところは、今までにもあったことです。
改善・修正しなければならない課題ではありますが、優先順位はあります。
走れなくなった時間帯やチョンソクが入ったときの攻め方と守り方を確立することが急務だと思います。

レフリング

主審は山本雄大。
J1を担当するようになって2年目で、J1担当では最年少の主審。
昨年は、試合後の監督コメントで、レフリングについて小言を言われることが度々ありました。
実際に見た中で印象に残っているのは天皇杯の神戸と柏の試合で、危険なプレーの見極めが甘く、イエローカードの人違いのミスも目撃してしまいました。
技術的に問題のある主審という印象を持っていました。

この試合の山本主審は、別人かと思うほど完璧に近いレフリングでした。
難しい判定がなかったことが一番の理由だと思いますが、イメージは大きく変わりました。
フットボールコンタクトはタフな基準で、スライディングはボールに行けていたかの見極めが正確でした。
強いて言えば、大久保嘉人が相手ゴール前でハンドになった場面、笛を吹いたタイミングからは主審はハンドの判定をしていなかったと思います。
副審が旗を振ってハンドをアピールしたので、副審の判定を尊重したと思いますが、自分でも見れる位置にいたのだから自分の判断を取ってよかったんじゃないかと思います。
そんな細かいことを言いたくなるくらい良いレフリングでした。
主審の存在が気にならなかった人は多かったんじゃないでしょうか。

最近、名前のある主審の評価が悪くなっているので、若い山本主審が注目試合に割り当てられることがあるのではないでしょうか。

この試合の警告(神戸のみ)

大久保嘉人(C2:ラフプレイ)
石櫃洋祐(C5:遅延行為)

ビツはスローインでの遅延行為を取られました。
もったいない警告です。

累積警告

嘉人とビツが出場停止のリーチに。
嘉人は2回目になるので2試合の出場停止になります。

  • 大久保嘉人(3枚+4)
  • ポポ(3枚)
  • 田中英雄(3枚)
  • 石櫃洋祐(3枚)
  • 北本久仁衛(2枚)
  • 朴康造(2枚)
  • 都倉賢(2枚)
  • 松岡亮輔(1枚+4)
  • 近藤岳登(1枚)
  • 羽田憲司(1枚)
  • ホジェリーニョ(1枚)
  • ボッティ(1枚)
  • 吉田孝行(1枚)
  • 森岡亮太(1枚)
  • 河本裕之(0枚+4)
  • 茂木弘人(0枚+4)

J1 順位表 (第23節終了時点)

引き分けのクラブが多かったため、神戸の順位は変わらず8位。
日曜日は首位を防衛したガンバ大阪。
18時キックオフ。

順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差
1 ガンバ大阪 47 23 14 5 4 57 41 +16
2 名古屋グランパス 46 23 13 7 3 42 24 +18
3 横浜F・マリノス 46 23 14 4 5 35 22 +13
4 柏レイソル 44 23 14 2 7 40 32 +8
5 鹿島アントラーズ 35 23 10 5 8 36 31 +5
6 サンフレッチェ広島 33 23 9 6 8 31 31 +0
7 ベガルタ仙台 32 23 7 11 5 23 20 +3
8 ヴィッセル神戸 32 23 9 5 9 30 28 +2
9 清水エスパルス 32 23 8 8 7 29 37 -8
10 ジュビロ磐田 31 23 8 7 8 39 27 +12
11 川崎フロンターレ 30 23 9 3 11 39 39 +0
12 浦和レッズ 28 23 6 10 7 30 28 +2
13 アルビレックス新潟 28 23 7 7 9 25 26 -1
14 セレッソ大阪 26 23 6 8 9 39 34 +5
15 大宮アルディージャ 25 23 5 10 8 23 34 -11
16 ヴァンフォーレ甲府 21 23 5 6 12 26 45 -19
17 モンテディオ山形 17 23 4 5 14 19 35 -16
18 アビスパ福岡 12 23 3 3 17 19 48 -29

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。