神戸vs清水~連敗を止めたドロー?いやいや、4戦勝ち無しでしょ

2011年10月15日
Jリーグ J1 第29節 ヴィッセル神戸 vs 清水エスパルス
(ホームズスタジアム神戸)

勝てた、負けなくてよかった、そのどちらとも言える試合。
残り5分までリードしていた清水は落とした試合でしょう。
1-1、痛み分けの引き分け。

いい試合だったと思う反面、両チームともレベルの低い試合だったかもとも思ったり・・・

森岡亮太、J初ゴール

森岡亮太がJ初ゴールを決めました。
「やっとか・・・」、安堵の方を強いです。
ゴール前の深くまで詰めて、合わせるだけのゴール。
森岡らしくないゴールだったので、決まった瞬間はカンジョか松岡あたりだと思いました。
考えてのポジションではなかったと思います。
直感の感覚も大事です。

茂木の復帰

茂木が8月24日以来に出場しました。
欠場の理由は発表させず、甲状腺というキーワードしかなかったので、最悪な可能性も考えてしまいました。
慢性の可能性は低いということで安心しました。

ベンチ入りすることは前日の報道で知りました。
この報道を見たときは試合に使うことはないと思っていました。
欠場していた間、練習試合には出場していません。
相馬が試合中に負傷したことでの出場でしたが、残り30分も体力が持つのか疑問でした。
心配は無用でした。
同点になってからゴール前まで上がったときは、昨年の清水戦の再現かと期待してしまいました。

復帰の茂木弘人

試合のポイント

雨と芝の状態

開門時はボムスタの屋根は開いていましたが、ピッチの人は傘をさしています。
この10分ほど降った雨が試合に少し影響します。

試合は屋根を閉じて行われました。
ホームズスタジアム閉じた屋根(2011/10/15)

ホムスタのピッチは夏場に比べれば回復しているとはいえボコボコです。
それに加えて、表面が濡れています。
清水は難しいピッチでの感覚を掴むのに苦労します。
小野ですらパスを繋ぐことができず、かんたんにボールを失いってしまいます。
神戸のプレスが効いていたというのもあります。

神戸は選手の距離がせまいため、比較的うまくパスを繋ぐことができました。
慣れている分、ホームの利になりました。

失点シーン

神戸の失点はコーナーキックでした。
ゾーンで守っている場合、配置した選手の間に良質なボールを入れられるとどうしようもありません。
ゾーンで守っている以上、割り切らないといけません。

なぜ点が取れないのか?

前半30分まで、後半も失点する10分まで、そして残り20分と、試合のほとんどは神戸ペースでした。
意図を共有するプレーをできていました。
プレスしてこない、バイタルエリアに大きなスペースのある、この日の清水ならば、もっと決定機を作って2、3点は取れるはずです。
具体的に、これ以上どうすれば点が取れるのかわかりません。
ただ思うのは、この相手に勝てないようでは、勝てる相手がいないってことです。

思うことはありますが抽象的なことは書いても仕方ないので、このへんでやめておきます。

前節、名古屋に圧勝した清水がこの日はダメだったように、良いときもあれば悪いときもあります。
悪いときもあれば良いときもある、次節はそれに期待します。

スタジアム風景

今年2回目のカワサキDay。
ヴィッセルが勝った場合にMoMにバイクが贈られますが、引き分けだったので、なしよ。
KAWASAKI Day

けんけつちゃん、ホムスタ初登場。
けんけつちゃん@ホムスタ
10/12: トモニイコウ、ホームズスタジアム神戸へ | 赤十字血液センター ■スタッフ日記■

年度当初に「今年は何をコラボしましょうか?」と、ヴィッセル神戸の担当者Hさんと話しをしていて、どうしても実現したかった『けんけつちゃんのスタジアム登場』。

スイーツフェスタ。
レーブドゥシェフの焼きドーナツ。
スイーツフェスタ

神戸の秋・冬スイーツ特集|神戸公式観光サイト FeelKOBE -Official KOBE Tourism Website-

静岡からお越しの清水エスパルスサポーター。
勝ちロコできなくて残念でしたね。
清水エスパルスサポーター

相馬崇人、「J1リーグ通算100試合出場達成」記念花束贈呈。
ちなみに、この試合では、松岡が通算100試合出場でした。
相馬崇人 100試合出場

ポポは、この日キレてました。森岡のゴールをアシスト。
ポポ

相馬が負傷。
右太ももの内側をどうかしたようです。
普通に歩いていたので、次節は無理かもしれませんが、その次は行けるんじゃないでしょうか?

せんせぇ! ヨンアピン君が~

なぜか、目の下にアザのあるデビルマンな三島康平。
三島康平

次のホームゲームは11月3日(木・祝)、vs山形。
お見送りになっちゃうかな?

警告、累積警告

この試合の警告(神戸のみ)

河本裕之(C1:反スポーツ的行為)
三原雅俊(C2:ラフプレー)

河本の警告はちょっと厳しかったです。
センターサークル付近の高い位置で、前に出られそうなところを押し倒しました。
カウンターさせないための戦術的なファールです。
これを取られると同じようなファールをやりにくくなるので痛いです。

三原の警告は分かりにくかったと思います。
71分50の杉山への深く入ったスライディングタックルが対象でした。
このはカードが出るかと思いました。
アドバンテージとなってプレーは進み、主審が三原に近寄って何か言っていたので、注意ですんだかと思いましたが、
ちょうど1分後にプレーが止まったときに、やっぱりカードが出されました。
警告に値するファールのときにアドバンテージを適用した場合は、プレーが止まったときにイエローカードを提示することになります。

ちなみに、退場に値するファールで、レッドカードを提示するつもりならば、アドバンテージを適用せずにレッドカードを出して退場させます。
もし、アドバンテージを取った場合は、後でレッドカードを出して退場させることはできません。
2枚目のイエローカードも同様です。

累積警告

  • 石櫃洋祐(3枚)
  • 河本裕之(2枚+4)
  • 松岡亮輔(2枚+4)
  • 北本久仁衛(2枚)
  • 朴康造(2枚)
  • 三原雅俊(2枚)
  • 都倉賢(2枚)
  • 近藤岳登(1枚)
  • 羽田憲司(1枚)
  • ホジェリーニョ(1枚)
  • ボッティ(1枚)
  • 吉田孝行(1枚)
  • 森岡亮太(1枚)
  • 徳重健太(1枚)
  • 大久保嘉人(0枚+8)
  • ポポ(0枚+4枚)
  • 田中英雄(0枚+4)
  • 茂木弘人(0枚+4)

残留争いの状況

順位表。10月16日、第29節を終了した時点です。

残留争いは、浦和と甲府の2チームの争いとなっています。
優勝を目標としていた浦和が16位の降格圏に低迷していることで、例年以上に残留争いが注目を集めそうです。

順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差
1 柏レイソル 59 29 19 2 8 52 38 +14
2 ガンバ大阪 57 29 17 6 6 66 48 +18
3 名古屋グランパス 56 29 16 8 5 55 32 +23
4 横浜F・マリノス 52 29 15 7 7 41 31 +10
5 ベガルタ仙台 50 29 13 11 5 37 24 +13
6 鹿島アントラーズ 44 29 12 8 9 47 36 +11
7 サンフレッチェ広島 43 29 12 7 10 42 40 +2
8 清水エスパルス 41 29 10 11 8 35 41 -6
9 ジュビロ磐田 38 29 10 8 11 45 36 +9
10 川崎フロンターレ 37 29 11 4 14 45 48 -3
11 セレッソ大阪 36 29 9 9 11 54 45 +9
12 ヴィッセル神戸 36 29 10 6 13 35 41 -6
13 アルビレックス新潟 35 29 9 8 12 33 35 -2
14 大宮アルディージャ 35 29 8 11 10 29 39 -10
15 ヴァンフォーレ甲府 30 29 8 6 15 36 53 -17
16 浦和レッズ 29 29 6 11 12 31 35 -4
17 モンテディオ山形 21 29 5 6 18 22 46 -24
18 アビスパ福岡 18 29 5 3 21 24 61 -37

残留確定のチームはまだ1つもありません。
次節、福岡の残留が完全に消える可能性があります。
山形も、山形が負けて、甲府が勝つと、得失点差を考慮すると残留の可能性が実質的になくなります。

残留争いの一歩手前のチームは、新潟、大宮、神戸、セレッソの4つです。
安全圏と言えるのは、これより上の順位のチームです。
残留ラインの予想は37、かな?

これまでの試合結果

チーム       29節  ←      ←      ←      ←      ←        1節
C大阪
神戸
大宮
新潟
甲府
浦和

浦和が8戦勝ち無し中で、どん底にあります。
どん底の最中にナビスコカップは勝ち続けて決勝戦まで行ってたりしますが。

残りの対戦チーム

30 31 32 33 34
開催日 10/22,23 11/3 11/19,20 11/26,27 12/3
C大阪 磐田(A) 名古屋(A) 神戸(H) 柏(A) 福岡(H)
神戸 鹿島(A) 山形(H) C大阪(A) 磐田(H) 仙台(A)
大宮 名古屋(H) 川崎(A) 鹿島(H) 広島(A) 甲府(H)
新潟 福岡(H) 柏(A) G大阪(H) 甲府(A) 名古屋(H)
甲府 清水(A) 横浜FM(H) 磐田(A) 新潟(H) 大宮(A)
浦和 横浜FM(A) 磐田(H) 仙台(H) 福岡(A) 柏(H)

今日のような清水でヨンアピンが出場停止なら、甲府が勝っちゃうかも。

おまけ

キャプテンマークは河本まで遠いし、通り道にいるカンジョでいいや。

キャプテン o(●´ω`●)o

なんか、うまく巻けない・・・(´・ω・`)

あっ、プレー始まったヾ(;´Д`●)ノ

やっとプレー止まった、今のうちに

できた (`・ω・’)

次はちゃんと巻いてあげてください>吉田主将

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。