日本代表のアウェイ北朝鮮戦の観戦ツアー

アウェイでの北朝鮮戦の会場と開始時刻が決定

5日前のニュースですが、日本代表のワールドカップ予選、アウェイ北朝鮮戦の会場とキックオフ時刻が決定しました。
平壌(ピョンヤン)の金日成競技場で、収容人数は10万人規模、人工芝です。
キックオフは11月15日(火)午後4時です(北朝鮮と日本に時差はありません)。
平日の夕方です。
高いテレビ放映権料を払うのですから、日本のテレビ局に合わせてくれてもと思ってしまいます。
試合終了が遅いと帰れない客がいるとか安全面とかの考慮からでしょうか?

観戦ツアー

北朝鮮とは国交はありませんが、中国経由で現地入りすることはできます。
観戦ツアーを募集している旅行会社のサイトを見てみました。

北朝鮮の滞在はなるべく短くして、宿泊は中国、厳重な警備の中スタジアム入り、行って帰ってくるだけだと思いきや、
なんと北朝鮮の観光付きです。
北朝鮮のホテル観光業界としては外貨獲得のチャンスということですね。

羽田、成田、中部国際空港、関西空港からの出発で、だいたい30万円前後のようです。
4泊5日と3泊4日の2プランです。

3泊4日のプランだと、
前日に北京を乗り継いで平壌に入って1泊、
当日は北朝鮮を観光してからスタジアム入り、観戦後はホテルに戻って1泊、
翌日に北朝鮮を観光して1泊、
翌々日に北京経由で帰国。

4泊5日の場合は前々日発で北京に1泊。
タジキスタン戦との2試合観戦の7泊9日のプランもあります。
旅行会社セリエの申し込みは11月28日に終了しました。

SERIE | for SPECTATOR 観戦ツアー情報 | 日本代表観戦ツアー 一覧

(追記 11/1)
11月1日に北朝鮮戦のJFA公式ツアーの発表がありました。
申し込み期限は11月4日12時までとなっています。
定員は65名です。
サッカー日本代表 アジア予選応援 観戦ツアー|西鉄旅行

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。