神戸vs磐田~スタジアム風景編

第33節の神戸vs磐田の記事は、試合編を後にしてスタジアム風景編を先にアップします。

2011シーズン、開幕前に掲げた目標は『9位以内(一桁順位)』。

ホーム最終戦の対戦相手は、神戸の勝ち点をわずかに1の差で上回っているジュビロ磐田。
勝てば磐田を抜いて8位になります。

今季3番目の入場者数の1万7187人。
今季の平均入場者数は13,233人となり、J1クラブでは昇格クラブを除いて唯一、昨年の観客動員を上回りました。

スタ飯向上プロジェクトは「お鍋だよ!全員集合!!鍋フェスタ2011」開催!!」

かに雑炊

もつ鍋

キットカットDAY。
応援メッセージの書かれたキットカットは後日、選手に渡されます。

グッズショップは大盛況。
本当の店じまいは12月11日(日)のファン感謝DAYです。

今回のグッズショップ企画は、「おみくじカレンダー」。価格は据え置きの限定300本。
すべてのカレンダーに選手がサインと「大吉」とか「中吉」とか「大凶」を書いています。

ガチャガチャくじ。
当たりは試合ユニフォームの一部が挟み込まれたキーホルダー。
これも直筆サイン入り。
Jクラブの中でいちばん、選手にサインを書かせていると思います。

豊岡市:「玄武岩の玄さん」と「城崎泉隊オンセンジャー」。オンセンジャーは城崎温泉をアピールするご当地戦隊。
他にも養父市の「やっぷー」と「スキー戦隊ハチレンジャー」、加東市の「加東伝の助」が来ていたようですが、遭遇せず。

サポーターズミーティング。
なんかレプリカユニフォーム着てるぞ。

締めは神戸讃歌。

宮本恒靖のダンマク。

選手ウォーミングアップ。

メイン&バックスタンドとのコール&レスポンス。

選手紹介前の煽りV。

選手入場時のビッグフラッグ。の裏側。
今年のペイント・イット・クリムゾンはこんな感じだったようです。
【楽天市場】2011シーズン、神戸でのホームゲーム応援ありがとう企画:ヴィッセル神戸

1点目、北本久仁衛。

2点目、相馬崇人

ハーフタイム、未来のヴィッセルの選手とPK対決。

キーパーは有田光希。

1人目、がっちりセーブ。

2人目。

これもキャッチ。

3人目。

倒れ込みながらキャッチ。
3人とも止めてしまいました。
勝負の厳しさをたたき込みます、小学生相手に。

レプリカ着てても、最後にはやっぱり脱ぎます。

3点目、森岡亮太。
都倉がジャンピング・ハイタッチ。

と見せかけて、頭にドーン。

ぎゅう。

試合終了。3-1で勝利。
「Amole solo KOBE」

マクドナルドWOWプレーヤーは決勝点の相馬崇人。
マンオブザマッチは先制点の北本久仁衛。

Mr.ファイティング・スピリットは相馬崇人。
獲ったどー!

サイン入りミニボールを投げ入れ。

ファイナルセレモニー。
叶屋社長、和田監督、吉田主将に続いて、三木谷会長。
「来季は一桁順位と言わずACLに必ず出場できるように・・・」

「俺達の嘉人、神戸でタイトルを!」の横断幕。

選手が一周し、ゴール前で神戸讃歌。
この後、ゴール裏を入れて選手集合写真を撮影。

ミサキガーデンの「スジこん」。
スタグルメでこれが一番うまい。

最後のニットマフラーをミサキガーデンに売りに来てました。
でも、これ、昨年バージョンのマフラーじゃね?

選手バス見送り。

帰り道。
久しぶりにJR兵庫駅まで。
兵庫運河に遊歩道ができてた。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。