サッカーダイジェスト増刊、Jリーグ2011シーズン総集編

サッカーダイジェストの増刊号、
Jリーグ2011シーズン総集編を買ってみました。

各クラブ4ページで、各選手のリーグ戦でのデータが掲載されています。
(J2は2ページ、J2の4位以下はモノクロ)。

気になる選手データ

各選手の項目を目で調べたので漏れはあるかもしれません。
下記以外にも選手個別にパス回数やタックル回数などのデータも掲載されています。

1.ゴール決定率の高い選手

アドリアーノ(ガンバ)9/25
ラフィーニャ(ガンバ)11/43
中澤恥太(ガンバ)5/11
田中順也(柏)13/59
北嶋秀朗(柏)9/38
岩政大樹(鹿島)6/18
田代有三(鹿島)12/45
前田遼一(磐田)14/51
吉田孝行(神戸)9/40
高原直泰(清水)8/32
播戸竜二(セレッソ)10/29

ベテランが多いです。
ポジショニングやオフザボールの動きがいいからでしょうね。

2.シュート数の多い選手(70本以上)

レアンドロ・ドミンゲス(柏)79本、2555分
ケネディ(名古屋)91本、2790分
イ・グノ(ガンバ)71本、2579分
赤嶺真吾(仙台)72本、2670分
野沢拓也(鹿島)73本、3008分
李忠成(広島)78本、2734分
佐藤寿人(広島)74本、2779分
大久保嘉人(神戸)77本、2395分
ポポ(神戸)108本、2104分
ジュニーニョ(川崎)98本、2504分
山瀬功治ョ(川崎)74本、2438分
ラファエル(大宮)107本、2784分
ブルーノ・ロペス(新潟)81本、2826本
ハーフナー・マイク(甲府)79本、2879分

ポポが108本でトップ、1試合(90分換算)で4.62本のシュートを撃っていることになります。
ポポの決定率は0割6分5厘。

3.正GKのセーブ率

菅野孝憲(柏)、71.7%
楢崎正剛(名古屋)、76.0%
藤ヶ谷陽介(ガンバ)、65.5%
林卓人(仙台)、77.1%
板倉大樹(横浜)、71.9%
曽ヶ端端準(鹿島)、68.8%
西川周作(広島)、66.0%
川口能活(磐田)、65.9%
徳重健太(神戸)、72.4%
山本海人(清水)、74.3%
杉山力裕(川崎)67.4%
キム・ジンヒョン(セレッソ)、70.7%
北野貴之(大宮)、72.3%
東口順昭(新潟)、73.0%
加藤順大(浦和)、71.9%
萩晃太(甲府)、60.7%
六反勇治(福岡)、58.5%
清水健太(山形)、58.0%

センターバックの守備力の低いチームは低くなっているので、GK一人の力ではなく、DFも合わせた守備力を表しているように思います。
それでも70%ないと安定感のあるキーパーとは言えないでしょう。
日本代表の西川(広島)のセーブ率が悪いのは意外ですね。

3.正GKのフィード成功率(キック)

菅野孝憲(柏)、58.1%
楢崎正剛(名古屋)、53.2%
藤ヶ谷陽介(ガンバ)、41.8%
林卓人(仙台)、37.3%
板倉大樹(横浜)、43.1%
曽ヶ端端準(鹿島)、51.5%
西川周作(広島)、66.5%
川口能活(磐田)、45.6%
徳重健太(神戸)、30.6%
山本海人(清水)、36.5%
杉山力裕(川崎)43.2%
キム・ジンヒョン(セレッソ)、52.8%
北野貴之(大宮)、39.5%
東口順昭(新潟)、43.8%
加藤順大(浦和)、47.9%
萩晃太(甲府)、54.2%
六反勇治(福岡)、30.1%
清水健太(山形)、40.9%

キーパーのフィードもビルドアップのひとつです。
キーパーのフィードをマイボールにできるか、相手に渡るかで攻撃と守備の回数が変わります。
ガンバは例外ですが。
セーブ率と同じくらいキーパーの能力を示す数値だと思います。

気になる神戸のデータ

神戸の順位だけ。

・シュート決定率:14位
・総決定機数:11位
・シュート本数:3位
・パス:13位
・ドリブル:11位
・クロス:18位

・被シュート決定率:3位  ※相手のシュートの少ない方が上位
・総被決定機数:14位  ※相手の決定機の少ない方が上位
・タックル:10位

クロス数が最下位なのは、出し手も受け手もいないからで、それはペナルティエリア内で勝負する回数が少ないことに繋がってきます。
補強候補に鹿島の野沢と田代の名前が挙がっていて、2人の個人データを見ると神戸の弱点を補うのにうってつけの選手であることがわかります。
神戸のフロントは、こういうデータから補強する選手をリストアップしているのでしょう。
もちろん、見ているのは、この本に載っているものとは、比較にならないくらい細かいデータなんでしょうけど。

さいごに

今シーズン、リーグ全体でいろいろあったので、あとで振りかえるために買ってみましたが、内容は期待していたものではありませんでした。
リーグ全体でどんな出来事があったのかがちょろっとしか書かれていないので、あとで振りかえるには弱いです。
各選手ごとにデータとコメントが掲載されていますので、それを知りたい人にはいいんじゃないでしょうか。
エルゴラッソもリーグのイヤーブック(総集編)の増刊号が出るので、そちらに期待したいと思います。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。