松岡亮輔が磐田に移籍~サッカー選手として活きる道

鹿島の8番が入ってくると思ったら、神戸の8番が出ることに。

松岡亮輔のジュビロ磐田に移籍が発表されました。
1ヶ月ほど前からオファーがあって悩んでいたようです。

悲しい気持ちをつづるのは他に任すとしまして、
松岡が磐田に行って活躍できるのか、
移籍を決断した理由を考えてみます。

(追記)
お見送り会が行われるそうです。
1月11日 14時、いぶきの森クラブハウス前

ストロングポイント

松岡のストロングポイントは走り回る献身的な守備です。
運動量からのボール奪取とセンターバックとサイドバックのフォロー。
神戸では目の見えにくいところでの貢献度の高い、いわゆる汗をかく選手でした。
今年になってボールをつないだり、起点となる縦のパスを出すプレーが見られるようになりましたが、ボール捌きはまだまだ足りていません。
サイドバックをやっていたこともありますが、サイドバックとして望ましい強みは持っていません。

こういう選手が活きるのは、まずはアンカーのポジションです。
3-4-3(中盤が逆三角形)の中盤の底(1ボランチ)もしくは、2ボランチとセンターバックの間のポジションです。
それと2ボランチでの守備的な役割のポジションです。
役割のタイプとしてはガンバの明神に近いです。
明神と違ってボールを持ったときにポカがあるので、ボールを奪ったときに信頼して前に走ることは難しいですが。

磐田のボランチ事情

ロドリゴ・ソウトが来るまではボランチでプレーしていた那須が柏に移籍。
磐田はロドリゴ・ソウトと小林裕紀の強力なボランチがいる反面、控えはU-23日本代表の山本康裕のみとなってしまいました。
山本はオリンピックでチームを離れる期間があるので、控えのボランチの獲得は必須でした。
移籍金なしでスタメン級の年俸を必要としない選手、その中でいちばん良さそうなのが松岡だったのではないかと。

神戸のボランチ事情

神戸はガンバ大阪から橋本を獲得。
橋本はケガと休養以外の理由でスタメンをハズレることはないでしょう。
橋本の相方候補は、松岡の他に三原・大屋・田中ヒデがいます。
ボランチ不足のクラブが多い中、神戸はチーム内の競争がいちばん激しいポジションです。
(昨シーズンにボランチとして獲得した羽田は、センターバックとして考えられていると思われます)

神戸に残った場合の松岡

橋本は負傷持ちのため、シーズンをフルで出場することはできないでしょう。
大屋は橋本とタイプが近いですし、三原は好不調の波があります。
なりより、和田さんは練習でがんばっている選手を起用する傾向があるので、何試合かはスタメンで出場する機会は与えられるはずです。
橋本と話すこと成長できれば、松岡のスタメンが増える可能性もあります。

とはいえ、松岡の序列は4~5番手です。
フロントとチームは徐々にですが、ポゼッション志向のサッカーを目指しています。
その流れで、松岡が起用される機会は減り、ベンチもはずれる試合が多くなることは予想できます。

松岡は磐田で出場できるか?

ロドリゴ・ソウトと小林裕紀の能力は高く、松岡がポジションを奪うのは難しいです。
しかし、磐田のレギュラーはレベルの高い選手が揃っていますが、毎年負傷が多いです。
まずは山本とのベンチ争いですが、ソウトと小林のどちらかが負傷すればチャンスが回ってきます。
神戸にいるよりは試合に出場する機会は多くなるはずです。

(ネガティブだったので、ちょっと変更)
問題は活躍できるかですが、その余地はあると思います。
ロドリゴ・ソウトと小林裕紀は似たようなタイプで積極的に前に出て得点に絡むボランチです。
松岡は2人との組み合わせはいいはずです。
実力では2人にかないませんが、ロドリゴ・ソウトと小林裕紀のどちらかのポジションを1列上げてでも使いたいと思わせるかでしょう。

移籍を決断した理由

移籍を決断した理由は、出場機会を求めてでしょうか?

神戸に残っても磐田に移ってもベンチ争いからです。
どちらでも境遇は変わりはないように思えます。
出場機会を求めての移籍ってのには疑問を持ちます。

松岡の移籍のコメントです。

自分がサッカー選手として活きる道、
異なる文化圏へのチャレンジ、
プロとしての意地。
それらを持って、今回の決断に至りました。

「生きる道」ではなく「活きる道」。
控えに甘んじることなく、試合で活躍してこそサッカー選手。
そのためにはどうすれば良いのか?

もう今年で28歳になってしまいます。
普通に考えれば、今以上にサッカーがうまくなることはありません。
甘えのない厳しい環境に飛び込むことに賭けてみたくなったのでしょう。

さいごに

どうせ移籍するなら、見る側としては試合に出場できるところが良かったです。
ボランチが不足しているチームは多いですし、J1でも下位で走るチームならレギュラーになれる力はあります。
逆に言えば、そういうクラブは見る目がないですね。

まだ続きがあったのですが、長くなったので一旦区切ります。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。