後で振り返るために2011年のJリーグの出来事を挙げておく

2011年シーズンのJリーグの出来事をまとめたものが欲しかったのだけど、見つからなかったので自分で書くことに。
2011年のJリーグ、J1を中心に日本サッカーの出来事を抜粋してみました。
後で見て、2011年にどんなことがあったのか、あれは何年の出来事だったのかを思い出すためのものです。

リーグ戦

  • 柏レイソルが優勝、J1復帰1年目での偉業
  • ベガルタ仙台が4位に躍進
  • 浦和レッズが残留争い
  • ヴァンフォーレ甲府、アビスパ福岡、モンテディオ山形がJ2降格
  • 高いレベルで優勝争いを演じる3チーム、それ以外は団子状態
  • J2はFC東京の優勝、サガン鳥栖、コンサドーレ札幌がJ1昇格

柏が優勝した要因を集約すると監督と外国人。
Jリーグにマッチする優秀な監督と外国人を擁することができれば、どのクラブでも優勝できることを示しました。
優勝争いは柏、名古屋、ガンバ大阪の3チームは取りこぼしが少なく、3強とその他の構成に。
4位の仙台は震災をモチベーションに変えて躍進。
同じく被災した優勝候補の鹿島はコンディションを上げることができずに6位に終わります。

リーグ戦以外

  • ナビスコカップ、鹿島アントラーズの優勝
  • 天皇杯、FC東京の優勝
  • 天皇杯、FC東京と京都サンガがともに至上初のJ2クラブの決勝戦進出
  • 松本山雅FCと町田ゼルビアのJリーグ参入が決定
  • ACL、日本勢の早い敗退
  • クラブワールドカップ、柏レイソルが3位に健闘

J2の京都が天皇杯の決勝に進んだり、リーグ戦で残留争いをしていた浦和がナビスコカップの決勝に進んだりしたことでJ1のレベルが落ちたんじゃないかという話しがあります。
カップ戦のトーナメントの試合は、リーグ戦に比べてサッカーが雑なように感じます。
J1のレベルが落ちたのではなく、カップ戦に限って強いチームが普段のサッカーをしていないために下位のチームと接戦になるのではないかと。
延長戦をやりたくない戦術的なことからなのか、監督・選手の意識の問題なのか。
ACLで日本勢が振るわなかったのは、今年に限れば震災のメンタル面の問題が大きい要因でしょう。

震災関連

  • ベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、水戸ホーリーホックが被災
  • 震災後、リーグ戦の中断を即決
  • 1ヶ月半の中断、7月に代替開催、夏場の過密日程に
  • クラブ、サポーターの支援の輪
  • 日本代表vsJリーグ選抜、チャリティーマッチ開催
  • 各地でチャリティーマッチが開催
  • Jヴィレッジが福島原発の復旧作業拠点に

鹿島アントラーズと水戸ホーリーホックがなければ、茨城県の被災状況を気にする機会はなかったかもしれません。
報道されていること以外の部分に目を向けられたことは、Jリーグを観ていてよかったと思います。

クラブ経営

  • 赤字クラブの増加、苦しいクラブ経営
  • 減少するスタジアム入場者数
  • 近づくクラブライセンス制度の実施、2013年から
  • ヴィッセル神戸、オーナーが負債17億7400万円を帳消し
  • サンフレッチェ広島、無償減資した上で2億円規模で第三者割当増資の方針

2011年度は、ほとんどのクラブが赤字であろうと推測できます。
黒字なのはガンバ大阪(アドリアーノ移籍金)と仙台と柏くらいじゃないでしょうか?
観客動員の減少は震災の影響による一過性のものなのか、Jリーグ離れが進んでいるのか?

クラブライセンス制度は今年2012年に審査され、2013年から実施されます。
債務超過もしくは3年連続単年度赤字でJFLに降格となります。
(実際は決算が出揃ってから審査するので、すぐに立て直す根拠を出せれば除名にはならないでしょうが)

2010年度決算で債務超過にあるクラブは山形(2400万円)、横浜FM(4億6300万円)、京都(2億2800万円)、神戸(8億6100万円)。
千葉と広島は赤字額が大きく、11年度も同じ赤字額ならば債務超過に陥る可能性が高い状態です。
J2(2010年)で債務超過なのは、札幌(1億300万円)、水戸(3500万円)、草津(7700万円)、岐阜(9600万円)、熊本(3800万円)、大分(10億5200万円)。
神戸と広島は手を打ち、近いうちに横浜FMと京都もなんとかするでしょう。
千葉は大幅な予算削減で持ち直せるでしょう。
大分は自治体の支援があり大きな利益を出しているので立て直せそうです。
危ないのは山形、札幌、水戸、草津、岐阜、熊本です。
Jリーグは経営面への人材派遣など具体的な支援をすることができないのでしょうか?

日本代表、なでしこ

  • アジアカップ優勝
  • 日本代表vsJリーグ選抜、チャリティーマッチ開催
  • ワールドカップ、アジア最終予選進出が決定
  • 岡崎(清水)、宇佐美(ガンバ大阪)、大津(柏)、乾(セレッソ大阪)らが海外移籍
  • 海外から鈴木隆行(水戸)、相馬(神戸)、坂田(FC東京)がJリーグに復帰
  • 長友佑都、インテルに入団、スタメン定着
  • なでしこフィーバー、日本女子代表が女子ワールドカップを優勝
  • なでしこリーグはINAC神戸が無敗で優勝

なでしこJAPANの人気はしばらく続くでしょうが、なでしこリーグの方はINAC神戸でさえもう盛り上がっていません。
男子と同様にクラブには目が向けられない状況です。
世界を相手に戦うからいいのか、広告代理店がついているからなのか?

今年も海外移籍した選手は多いですが、海外からJリーグに復帰する選手もありました。
過去にも中村俊輔、小野伸二、高原直泰、稲本潤一の例がありますが、海外からJへの流れがこれから盛んになるのではないでしょうか。

その他

  • 松田直樹が練習中に倒れる、突然の死
  • 今年も試合結果に影響するミスジャッジが多発
  • サポーターの不祥事(柏、磐田、仙台)
  • スカパーとの放送権を更新、2016年まで
  • サッカー専門番組が地上波で放送開始

今年も審判の誤審は多かったですが、全体的なレフリングは昨年に比べてだいぶ良くなっています。
たいていの誤審は見誤っても仕方のない状況によるものです。
個人的には主審が副審の目と口をもっと使えば誤審は減ると考えています。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。