よし、もうこれに決めた、今年の順位予想2012

J3+さんが今年もJ1とJ2の順位予想を募集していて、参加するために順位を考えました。

【J1】 順位予想バトル 2012年版 サッカーコラム J3 Plus+

順位予想って考える度に順位が変わるし、選手のケガとか読めないし、公開しても後で恥をかくだけです。
でも、もう考えなくていいように今年の予想はこれに決めちゃいます。

1位: ガンバ大阪
2位: 柏レイソル
3位: 横浜Fマリノス
4位: 名古屋グランパス
5位: ジュビロ磐田
6位: 鹿島アントラーズ
7位: ヴィッセル神戸
8位: FC東京
9位: 清水エスパルス
10位: ベガルタ仙台
11位: 川崎フロンターレ
12位: 大宮アルディージャ
13位: サンフレッチェ広島
14位: 浦和レッズ
15位: セレッソ大阪
16位: サガン鳥栖
17位: アルビレックス新潟
18位: コンサドーレ札幌

ガンバと柏は勝ち点を落とさず優勝争い、
マリノス、名古屋、磐田、鹿島も高い勝ち点で上位争い、
その分、7位以下は順位の割に勝ち点が低くなる
と読んでいます。

優勝予想はガンバ

優勝予想はガンバ大阪。
遠藤はここ数年と比べてしっかり休養を取れているので、今年より高いパフォーマンスを期待できます。
それと外国人FW2人にDF今野とバランスのいいチームになりました。

ダークホース

ダークホースは磐田と清水ですね。
磐田は昨年の大卒トリオの小林、山田、金園がさらに成長してチームの柱として機能しそうです。
昨年の清水は10位でしたが、ここまでやれるとは思っていませんでした。
監督2年目、序盤にチームの完成度の違いで勝ち続ければ、もっと上に行けます。

磐田の5位は奇をてらっているつもりはないです。
ちなみに昨年の予想は大宮を5位にしていました。

降格候補

降格候補は13位以下の6チーム。
予算面から鳥栖と札幌の降格の可能性は高く、残り1枠がどこになるかが焦点です。
セレッソは清武の夏の移籍の可能性が高いので降格しそうなんですが、扇原に期待して順位を上げました。
普通に見れば、残り1枠はセレッソと新潟のどちらかでしょう。

ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸は強くなっているはずなのは分かっていますが、順番に並べると7~11番目くらいに落ち着きます。
サッカーを変えて結果の出なかったときに、戻すのか続けるのかの決断となります。
昨年は戻して結果が出るようになりましたが、今年は結果が出るまで続ける覚悟を持って取り組むのではないかと見ています。

戦術的なことより、上に行けない要素は、モチベーターがいない点です。
田代と橋本は自ら引っ張っていくタイプではありません。
野沢はチームがまとまることに足を引っ張る存在になるおそれもあります。
鹿島が強かったのは、モチベーションを上げることに長けた監督の存在が大きいです。
昨シーズンは9位の目標がはまり、選手のモチベーションにすることができました。
和田監督がモチベーターとなり得れば、上から片手に入る順位にはなれるでしょう。

勝つだけにこだわるならば、プレッシングだ、ポゼッションだとか形にこだわるず、
個で勝負する、互いに個を活かす、ことを選手にやらせれば結果が出やすいとは思います。
名古屋のピクシーはあれで理にかなった采配をしています。
これだけのメンバーが揃ったら、状況や相手に合わせて戦術嘉人、戦術田代、戦術慶治朗、戦術森岡で十分やれそうです。

神戸の順位の予想はこんなですが、ガンバより上の順位になってくれれば個人的には満足です。
別に優勝してくれてもええよ。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。