[PSM2012]神戸vs新潟~問題山積、時間がない

2012年2月19日 プレシーズンマッチ
ヴィッセル神戸 vs アルビレックス新潟
(高知県春野総合運動公園陸上競技場)

試合結果

0-3で負けました。
前半はシュートなしですし、トータルでもシュートは6本だけです。
攻撃面よりも守備面での連携が問題です。
良かったところがなかったことはありませんが、ポジティブに捉えるのが難しい状況ですね。

ヴィッセル神戸 | 本日のプレシーズンマッチin高知 神戸vs.新潟試合結果(2/19)

試合経過とフォーメーション

フォーメーションを見ながら、試合を振りかえります。
昨年同様、攻撃陣の前の4人のポジションが流動的で、相手ボールになったときの各自の位置によって一時的にポジションが変わります。
そのため時間によっては左右が入れ替わっていたりしていることもあります。

スタメン

センターバックに羽田と高木、ボランチに伊野波と橋本、他に相馬、森岡、野沢、嘉人。
神戸の中でキック精度の高い選手たちです。
このメンツでどこまでポゼッションする時間を作って主導権を取るサッカーができるかが注目です。

先発のFWは大久保嘉人と都倉の2トップ。
田代はおそらく開幕に間に合いません。
吉田孝行は練習試合で負傷していて開幕は難しそうです。
大久保嘉人はFWで固定。
開幕戦の大久保嘉人の隣は森岡と都倉の争いの模様です。
キャンプ最終日のFCソウル戦でアピールした森岡も使いたいためか、森岡はいつもの1.5列目ではなく2列での起用でした。

茂木が右サイドバックで先発。
茂木はキャンプ中にFW宣言してキャンプ中はFWのポジションで練習していました。
Jリーグの選手登録も今月初めにわざわざDFからFWに変えました。
和田さんは「FWに固定したわけではない」とのこと。

伊野波がセンターバックではなくボランチで先発。
攻撃時は橋本が前に出て、伊野波が下がり目でバランスを取ります。
北本は前日の練習にも参加していなかったので、何らかのアクシデントがあったと思われます。

前半は新潟が引いて守ってカウンター狙いで、神戸がボールを持って主導権を取ります。
主導権は神戸でもシュートは0本。
中盤でボールを持たせてくれても最後はやらしてくれませんでした。

後半、開始~序盤

後半の開始からキーパーが徳重から植草に交代。
60分に都倉が下がって小川慶治朗が入り下の形になります。

練習試合のFCソウル戦では森岡が中でボールをキープした溜めを作れていたのですが、この試合ではあまりボールを持てませんでした。
前半は都倉がターゲットになっていたのですが、起点がなくなって攻めあぐねます。
相馬が高い位置を取って中盤でビルドアップに参加し、ゴール前にも顔を出します。
開始直後にカウンターからクロスを入れられて失点します。

後半、68分

キーパーからのリスタートの場面、伊野波が最終ラインに下がって組み立てる形を取ります。
この直後に森岡が中盤でボールを奪われドリブルで持ち込まれロングシュートを決められます。
伊野波が最終ラインに下がったことで中盤が手薄になり誰も行けずに止められませんでした。
伊野波の判断も悪かったです。1人に対して3人でついていましたから。
森岡は2失点に絡んでしまいます。
ボールを奪われた選手が追いかけるのがセオリーです。

後半、73分

失点直後に茂木がトップに入って3-4-3に。
一時的に森岡がウイングバックの位置に入ります。
朴康造が入って下の形に。

前半は野沢にボールを集める意図がありましたが、野沢がボランチに下がったために意図のある攻撃ができなくなりました。

後半、80分

田中英雄が入って下の形に。

ヒデがバランスを取るようになって安定します。
全体的に運動量も増えてきます。
やっとスイッチが入ったような感じです。

問題点を考える

昨年のキャンプからシーズン序盤までもそうでしたが、いろいろやりすぎているように感じます。

今、神戸に起こっている状況はこんな感じではないでしょうか?
1.問題が多く、全てを検討する手間・時間が掛かる。
2.解決法にはいろんな方法があり、どれが良いかが決められない。
3.解決までのステップが多く、積み上げて行く組み合わせが増え、最適解が選べない。

こんなアプローチはどうでしょうか?
1.あるべき姿をはっきりさせる。
2.解決する問題に優先順位をつける。

具体的に言うと、開幕の時点でのあるべき姿を決めます。
開幕の時点で何ができるようになっていて、何ができなくてもいいのかをはっきりさせます。

手探り状態

特に前半ですが、周りを見て、それでどう動くのかを考えているような感じでした。
頭で考えながらプレーしているからなのか運動量がありませんでした。
攻撃だけでなく守備でも同じで、判断が遅れていました。
まだお互いが手探り状態です。

茂木が逆サイドから飛び込んで野沢が合わせた場面はいい形でした。
逆サイドの選手がエリア内に飛び込んでいくのは昨年からやっていることですし、野沢のクロスの精度の高さはそのままで昨年からの上積みになります。
野沢をどう使うのかは課題であり強くなるためには必須事項ではあります。
ですが、時間がかかりそうです。
とりあえず開幕後のしばらくは、昨年神戸にいた選手は昨年と同じサッカーをして、新加入選手はそれに合わせてもらうってのはどうでしょうか?
新加入以外の選手の考える時間がなくなり、それによって運動量も増えると思います。

3バック

2失点後から3-4-3のフォーメーションになりました。
伊野波が加入したことで3バックをやりたくなるのは分かります。
相馬の良さも活きます。
悪くはないと思います。
ですが、4バックも3バックもやっている時間はありません。
3-4-3でやるのか、4-4-2でやるのかはっきりした方がいいです。

茂木の起用方法

茂木はキャンプ中にフォワード宣言してフォワードで練習していました。
神戸に戻ってからはサイドバックもやっていて、この試合でもサイドバックで先発出場しています。
守備も攻撃も連携がうまくいっていない状況で、FWとサイドバックの両方を練習している時間はありません。
茂木は控えならいいですが、開幕で右サイドバックとして使いたいのであれば右サイドバックに固定すべきです。

カンジョの右サイドバックの起用も同じことです。
茂木の代わりにサイドバックをやらせるならば、サイドバックだけにするべきです。
いろんなポジションをこなせることは選手の特性でもありますが、連携を上げるためには個人の特性に関係なく周りと練習する時間が必要です。
連携は周りとの動きが理解し合えることが重要で、新加入選手が多い状況ではシーズン中のコンバートより難しいことです。

野沢のボランチ起用、橋本のシャドーでの起用も同じです。

スタメン固定

すべての問題に共通しているのは「時間がない」ことです。
開幕戦に照準を合わせるのであれば、最短経路は、開幕戦のスタメンを決めて、その選手たちで固定して練習を行って連携を高めることです。

その他、気になったこと
伊野波

伊野波はボールさばき、ロングボールの精度の高い選手ですが、それよりカバーリングの良さが目に付きました。
動きが速いわけではないですが、動き出しが速いです。
さすがは日本代表です。

正直言いまして、伊野波はいらないと思っていました。
センターバックのスタメンクラスは既に3人いるし、ボランチもサイドバックも足りています。
代表のときも鹿島のときもたいして評価していませんでした。

このあいだまで欧州でプレーしていましたから体がトップフォームに近い状態ってこともあるのでしょうが、三原や大屋とは数段上の選手です。
代表ではセンターバックでしょうから、代表と同じポジションでプレーさせてやりたいですが、センターバックの層は厚いですし、ボランチで使う方が全体のバランスはいいでしょう。

チャント

チャントが低音でした。
今年は音程を低くするのか、おっさんばかりだったからなのか、小太鼓がなかったからなのか。
落ち着いた感じでこれもいいと思います。

代表招集が2人

24日の日本代表戦(大阪・長居スタジアム)のメンバーに大久保嘉人と伊野波の2人が招集されました。
神戸から2人が招集されたことってあるんでしょうか?
で、嘉人曰く「2人だと移動が楽」とのこと。
一人と二人とでは移動に違いがあるんでしょうか?

さいごに

残りの練習試合は非公開ですから、次、見るときは開幕戦になります。
サポーターはこのまま不安だらけのまま開幕を迎えることになりそうです。
まあ、開幕戦だけが試合というわけではなく、優勝を目標にしているわけでもありません。
徐々によくなって、そのうちに最高の試合を見せてくれればいいです。

あー、でも開幕戦のガンバには勝ちたい。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。