[第2節]ヴィッセル神戸vsコンサドーレ札幌~変わるのか変わらないのか?

J1 第2節
ヴィッセル神戸vsコンサドーレ札幌(ホームズスタジアム神戸)
スコア:○神戸3-2札幌●

この試合の「スタジアム風景編」はこちら。

試合の感想は「こりゃ、まいった」です。
別に、札幌に参りました、という意味ではありません。
神戸の既存選手と補強した選手の融合の話しです。
チームが機能するのは時間がかかる、逆に言えば時間が解決してくれる問題だと踏んでいました。
今季中に「融合」というものが見られるのは難しいのではないか?
「あーさてさて、まいった、まいった、どうしたものか」ってな感じです。

さて、新聞、雑誌、ブログなどの試合記事をいくつか見た限りでは、どれも試合内容が悪いことを挙げながらもポジティブに締めくくっています。
なので、今回は逆にいつもなら書かないネガティブなことを中心に書いてみます。
そういうのは勝った試合でしか書けませんので。

ガンバ戦との違い

今回の札幌戦と開幕戦のガンバ戦を比較します。
ガンバ戦の神戸の攻撃は、トップの大久保嘉人や森岡亮太にくさびのパスを入れ、それが攻撃のスイッチになって縦に速い展開に持ち込むことができました。
あの日のガンバは引いて守る守備陣、守備意識の低い前線の2人の外国人、それにより間延びしてしまっていました。
中盤でのプレスはほとんどなく、ボールホルダーへのプレッシャーはありませんでした。

今回の対戦相手の札幌は、昨年の神戸にそっくりなプレースタイルでした。
ハイプレス、コンパクトな守備、守備ブロック、速攻。
ファールの多さ、荒いプレー、最後の精度の悪さ、というところまでそっくりです。
昨年、神戸の対戦相手が感じていた「やりにくさ」、それが逆に神戸に襲いかかります
札幌の狙いは中盤のボールホルダーにプレッシャーをかけ、サイドに追い込み、慌てさせてパスミスをさせることです。
神戸はまんまとハマってパスミス、トラップミスを繰り返します。
午前中に雨が降ったときに屋根を締めていなかったのか、ピッチがよく滑る状況だったようで、パスのコントロールが難しくなったことも、神戸のボールロストの多さの要因です。

神戸の右サイド

札幌は、神戸の左サイドの攻撃を特に警戒していました。
現状の神戸にとって相馬のドリブル突破は、相手守備陣を崩すための唯一の手段と言ってもいいくらいです。
神戸の左サイドにボールがあるときは徹底的にコンパクトにして守り、スペースとパスコースを消します。
神戸の野沢と近藤岳登の右サイドは好きにさせてもいいという割り切りを持っていました。

神戸は左サイドで詰まると、ハーフウェイラインを越えて上がった逆サイドの近藤岳登を見つけ、大きくボールを振ります。
近藤岳登と野沢はまったく噛み合っていないません。
近藤岳登は相手守備陣への無謀な突破を試み、ボールを簡単に失ってしまいます。
野沢はチーム最多のシュート4本を撃っていますが、試合を見ていてシュートを撃つようなチャンスが多くあったという印象はなく、シュートを撃って攻撃を終わらせてしまっています。

近藤岳登が野沢を使ったり、野沢がボールを持ったときにサポート(パスコースを作る動き)したりすれば、野沢の精度の高いラストパスをもっと多く引き出せるようになるはずです

和田采配

後半、まだ早い時間で森岡に替えて都倉を入れます。
これがズバリはまって状況を打開します。
見事な修正力です。
と、いつもなら書くのはここまでです。

前半のボランチがボールを失って、札幌の速攻を許すことについて、ハーフタイムに修正できませんでした。
前半、うまくいっていなかった原因はボランチにあることは明らかでした。
今の神戸でボランチの位置でボールを落ち着かせてもゴールに繋がらないでしょう。
しかし、札幌の早い展開を崩すために、試合のペースを変える必要がありました。
2列目の橋本とボランチの田中英雄のポジションを入れ替えることで、実現できることです。
センターバックで出場していた伊野波をボランチに上げることでもいいです。
守備面の連携などリスクはありますが、前半のデキからすれば、大きく変えて勝負しなければいけなかった状況でした

監督の言葉

昨年のこの次期、キャンプから「ポゼッション」をテーマに取り組んでいました。
この和田さんの言う「ポゼッション」という言葉、この意味を選手もサポーターも誤解し、混乱を招きました。
まずは速攻し、ブロックを引かれて詰まったとき、あっさりシュートを撃って終わりにするのではなく、ボールを動かしてブロックに隙間を作る、ということを和田さんはしたかったのです。
それを「ポゼッション」という言葉で表現したために、ピッチ上の選手の意識のズレになりました。

今年は、「昨年をベースにクオリティを高める」、と言っています。
これまた、分かるようでいて、具体的には分かりにくい言い方です。
試合を見る限り、既存選手は「昨年通り、速く攻める」と捉えているし、加入した選手は「昨年のベースなんて知らないし、それで勝てると思わないし」となっています。
今年も監督の「言葉」がピッチ上の選手の意識のズレを作る要因となっています

変わるのか、変わらないのか?


「田中英雄と三原雅俊」がボランチとしてピッチにいる限りは、「野沢と橋本」の補強した2人と噛み合ってチームが機能するのはできないんじゃないかと思うようになりました。
時間が解決してくれるようなことではないように思えます。

こんだけ不安要素を挙げておきながら、悲観どころか、まだ楽観的に考えています。
勝てていることもありますが、和田さんのチームを良い方向に導く手腕を信用しているからです。
「このまま」なら時間がいくら経っても変われないです
「既存戦力と新戦力の融合」、別に融合しなければならないことはないです。
決断はそう遠くないはないでしょう

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。