[第3節]ヴィッセル神戸vsFC東京~ボランチが伊野波のとき、伊野波でないとき

2012年3月24日 J1 第3節
ヴィッセル神戸vsFC東京(ホームズスタジアム神戸)
スコア:●神戸0-2東京○

「神戸、勝つ、三度」ならず。

前半はほぼ完璧な内容

試合の内容は良かったはずなのにノーゴールで敗北。
特に前半がすばらしく、コンパクトな守備、大久保嘉人のチェイシング、人数をかけての厚みのある攻撃、セカンドボールが拾える、完全な神戸ペースでした。
内容が良かった要因を挙げると、

  • 伊野波がボランチに入ったことで中盤でボールを失わない
  • ボランチが安定しているから、両サイドバックが2人とも高い位置を取れる
  • 北本のラインコントロール
  • 野沢がやっとフィットしてきた
  • 前線から連動する守備

ガクトのビックリ絶好クロスなど決定機も多く、あとは最後のシュートの精度だけでした。

ほぼ完璧なのに失点。
失点した場面は、リスクマネージメントができていませんでした。
石川の速いドリブル、梶山がタメて、ゴール前に左から右に振られて、最後は石川のゴール隅へのシュート。
きれいなカウンターでした。
神戸のお株を奪う15秒でのゴールでした。
神戸はセンターバックの2人以外が背走になり、ボールホルダーの前に入って攻撃を遅らせることができませんでした。
昨年はボランチのどちらかか、サイドバックの茂木がリスクマネージメントしていました。
両サイドバックが上がって幅を使って攻撃をしたい神戸ですが、そのときにカウンターのリスクマネージメントをどうとるのか。
この失点は今後へのいい教材になるはずです。

北本のアクシデント

後半開始30秒で北本が交代します。
前半最後のコーナーキックの場面で、相手ゴールキーパーと接触し腰を強打しました。

ただただロングボールを蹴るだけの後半

後半も神戸ペースでした。
ただ、前半のような厚みのある攻撃は見られませんでした。
ボランチが変わったことの影響からか、サイドバックの相馬が攻撃に絡む回数はかなり減ります。
相手陣内でのプレーが多く、神戸ペースには違いないのですが、かといって良いとも言えない、なんかよくわからない後半でした。

前線からのプレスやコンパクトな守備は後半も長い時間続けることはスタミナの面で無理ですが、相手のディフェンスラインも下がってきます。
そこで中盤でボールを握れれば、前半のように人数をかけて押し込む攻撃ができたと思います。
ボランチが伊野波のときと、そうでないときでは違うチームになってしまうようです。

パワープレー

終盤、センターバックの高木を前線に配置したパワープレーを行います。
高木は前線でターゲットになるのは不慣れなのかまったく見せ場はありませんでした。
193cmのイ・グァンソンがいますし、パワープレーは武器になると思います。
ただし、もっと練習が必要です。
現状ではパワープレーするにしても、後ろからのロングフィードだけでなく、ボールを前に運んでから野沢のクロスの方が効果的に思えます。

審判

主審は山本雄大。
フットボールコンタクトを高い基準に置く主審です。
現地観戦では、フットボールコンタクトの基準が高すぎて、倒れようが蹴られようが流しまくって、選手がそれに合わせてプレーがラフになっているように思えました。
しかし、録画を見るとフットボールコンタクトは高すぎることもなく、流したと思うところも妥当な判定でした。
どうしてスタジアムとテレビとで見え方がこうも違うのか不思議です。

PK疑惑

後半のアディショナルタイム5分、微妙な判定がありました。
大久保嘉人がペナルティエリアで相手選手と接触し倒れます。
当然、ファールならPKです。

拡大してスローにしてみました。

この判定には3つの観点があります。
1つめは、ボールに対するプレーかどうか。相手をつまづかせる前にボールに触れていなければファール、ボールを蹴った残り足でつまずいたならノーファール。
2つめは、正当なフットボールコンタクトかどうか。
3つめは、足を出した選手が、ボールにチャレンジできる範囲にいたか。無謀ではなかったか。

少なくともボールには触れていません。
たとえボールに触れていたとしても、無謀なチャレンジではなかったか。
これがファールにならない理由を考えてみましたが、見つけられませんでした。
出した足が伸びたままなら、ボールに触れてなくても問題はないので、そう見えたということでしょうか。

出場8分で繰り返しの警告

後半61分、吉田に替わって都倉が入ります。
その8分後、都倉にイエローカードが出ます。
警告の理由は「繰り返しの違反」。
いくつのファールがあったか数えていませんが、8分間で3、4回ファールしたということでしょう。

気になったのは今年は「繰り返しの違反」での警告が多いことです。
数えてみたらJ1とJ2で22枚の「繰り返しの違反」のイエローカードが出ています。
今年は「繰り返しの違反」を厳しく取る、もしくはきっちり取る、という方針なのでしょうか?

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。