[第4節]サガン鳥栖vsヴィッセル神戸[スタジアム風景編][後編]

2012年3月31日 J1 第4節
サガン鳥栖vsヴィッセル神戸(ベストアメニティスタジアム)
スコア:●神戸0-3鳥栖○

スタジアム風景、後編。

前編はこちら
[第4節]サガン鳥栖vsヴィッセル神戸[スタジアム風景編][前編]

試合編はこちら
[第4節]サガン鳥栖vsヴィッセル神戸~何もかもがひどすぎる

鉄骨むき出し。

アウェイゴール裏の2階席から。

専用スタジアムですがゴール裏スタンドとピッチは距離があります。
でも、傾斜があるので、遠くは感じません。
バックスタンドとピッチの距離は専用スタジアムらしく近いです。
ホームズスタジアムのバックスタンドの方がもっと近いけど。

メインスタンド。
2階席、傾斜きつすぎの様な気がしないでもない。

ビジョンはアウェイゴール裏とバックスタンドの間にあります。
試合中のリプレイはスカパーそのままの映像でした。
このリプレイは見逃せません。なぜなら・・・

スタジアムのスタンドから見える時計は、アウェイゴール裏の2階席の頂上にあるからです。
アウェイゴール裏の1階席からはどこを見渡しても時計は見えません。
リプレイのスカパーの映像で出る試合経過時間で時間を知ることができます。

アウェイゴール裏の1階席から。

九州での試合ということで、大久保嘉人、田中英雄、徳重健太の親族が観戦に来られていました。

フェアプレイ宣誓のアナウンスをアレンジしていました。
スタジアムDJのセリフは他会場と同じなのですが、BGMや口調がやけにかっこよかったです。

試合前、選手がウォーミングアップしているところを覗くことができます。

鳥栖、とす、トス、TOSU

ハーフタイム、映画の宣伝に寝癖の小学1年生が来ました。

こいつも、またキタ-。

試合終了、田舎者の一年生に完敗。

ライトアップされたスタジアム。ホームゴール裏はまだ騒いでいます。

ピントをずらしてみた。

佐賀方面の臨時列車は、サガン鳥栖号

以下、おまけの福岡編。
翌日、Yahoo!ドーム(福岡ドーム)へ。

天気が良いのに屋根が閉まっています。
完成当初は屋根の開閉に電気代が100万円かかると報道されていましたが、実際は定かではないようです。
ずっと閉じたままの理由は近くの病院に配慮のためらしいです。
ちなみにホームズスタジアム神戸の屋根の開け閉めは1万円程度です。

福岡に着いて、まずはラーメン。
福岡駅の中に麺類の店が集まったフロアーがあり、なんなく一幸舎へ。
店内は豚骨くさいですが、ラーメン自体には臭いがほとんどなくてあっさりしています。

試合後、福岡に戻って残念会。
ヤリイカの活き造り。透き通ってて足がかすかに動いています。
イカ刺し以外の部分は、後作りで天ぷらになって出てきました。

シロウオ(白魚)の踊り食い。
網ですくって、ダシといっしょにちゅるんと飲みます。

関アジ。ごまがふられています。

帰り新幹線に乗る前にモツ鍋とビール。

来年は勝ち点3もらって、佐賀牛をしばいてやります。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。