今節だけで異議のイエローカードが7枚

今節(第6節)は「異議」でのイエローカード(警告)が多く出ました。

J1のリーグ戦に限ると、1~5節の異議のイエローカードの数は合計8枚。
それに対して今節だけで7枚も出ました。

開幕から選手が主審に抗議する場面が多いわりに異議のカードを出さないなぁと思っていました。
今節は厳しく対処するように通達とかあったんでしょうか?
たまたまでしょうか?

異議とか遅延行為のイエローカードは注意すればもらわずに済むものです。
ヴィッセル神戸は昨シーズン、異議など不要なイエローカードやレッドカードを受けた選手は罰金が科せられるようになりました。
選手の罰金があるクラブは珍しくはないでしょう。
ヴィッセル神戸では、選手だけではなく連帯責任として監督も罰金でした。
その結果、2010年には7枚だった異議でのイエローカードが、昨年の2011年は1枚に減りました。
効果抜群。
やっぱり監督に迷惑がかかると思うと踏みとどまります。
罰金の金額は分かりませんが、けっこうな額だそうです。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。