[第8節]横浜Fマリノスvsヴィッセル神戸~ミスは体力を消耗させる

2012年4月28日 Jリーグ(J1) 第8節
横浜Fマリノス vs ヴィッセル神戸 (日産スタジアム)
スコア: 横浜 (3 – 1) 神戸

前半耐えて流れを引き寄せ先制点。
神戸のゲームプラン通りに進む。
しかし、6分間に3点取られる猛攻に逆転負け。

神戸の敗因はミスの多さ。

前半:マリノスはオーバーペース

前半、マリノスは前線からのプレス、タイトなプレスで神戸に襲いかかります。
神戸はハイプレッシャーを受けるのは苦手にしています。
惨敗した鳥栖戦が脳裏をよぎります。

立ち上がりの主導権を取られ、神戸は危ない場面を幾度か作られますが、マリノスのミスに救われます。
神戸は前半20分過ぎると相手のスピードに慣れてプレスがタイトになり、シュートまで持ち込まれるようにはなりますが、怖さはなくなります。
スコアレスで前半が終わります。
神戸のシュートはわずかに1本。
ボールは完全にマリノスが支配するも、ハイプレスを続けたマリノスはオーバーペースでした。

後半:神戸の足が止まる


マリノスは前半のオーバーペースがあってかプレスラインを下げてペースダウン。
流れは前半をしのいだ神戸に変わります。
後半頭から投入した小川慶治朗が効いて神戸が押し込む展開に。
神戸は幾度かマリノスの守備を崩し、後半12分に先制します。
森岡がサイドに出たボールの競り合いに勝ち、スペースで受けた野沢がドリブルで深くまで持ち込み、最後はペナルティエリアのスペースに走り込んだ大屋翼でした。

前半を0-0で耐えて、後半勝負は神戸のプラン通り。
後は守備重視でカウンターのチャンスをうかがうだけです。

ホームで今季初勝利を掴みたいマリノスの猛攻が再び始まります。
小林祐三がサイドでフリーでボールを受けクロスを入れると、小野が合わせてあっさり同点。
2分後、小野が北本とイ・グァンソンの間に絶妙のクロスを入れ、谷口のヘディングで逆転。
その4分後には、中村俊輔のフリーキック、徳重が飛び出すもボールに触れず、中澤が足で流し込んで、トドメをさされます。
その後、攻撃に人数をかけていないはずのマリノスが攻め続け、タイムアップ。

オーバーペースだったはずのマリノスが最後まで走り続けました。
逆に神戸の足が止まるのは早すぎました。

ミスはスタミナを消費する

ミスをすると焦ります。
焦りは気力と体力を消耗します。

サッカーの場合、パスミスをすると、ミスした選手が全力で走ってボールに追いつくのがセオリーです。
全力で走るだけでも体力を消耗するし、焦った状態で走るわけですから、普通に走るより体力を消耗します。
そもそもミスをしなければ全力で走らなくてもよいわけです。

また、焦りと同様に緊張も気力と体力を消耗します。
守備は相手に合わせて動かなければならず、神経を使い、攻撃よりも緊張度は高くなります。
なので、攻撃よりも守備の方が気力と体力を消耗します。

体力をより消耗していたのは神戸の方

神戸は前半、よく守れていたものの、守ってばかりでした。
守備ばかりになった原因は、こぼれ球を先に拾ったとき、ミスですぐにボールを失ってしまったためです。
マリノスのミスも多かったですが、多くは攻撃でのミスです。
攻撃のミスは切り替えやすく、敵陣奥でボールを失ってもピンチにはなりませんから、同じミスでも消耗はしません。

前半に体力をより消耗していたのは、ハイプレスを続けたマリノスではなく、自陣でのミスを連発した神戸でした。

同じ疲れるならゴールを狙いに

この試合、後半の最初を除いて、神戸のディフェンスラインは低かったです。
ディフェンスラインが低いと、ボールを奪ってからゴール近くまでボールを運ぶのに時間がかかります。
この試合のような守備では、ゴールを決めるのはとても難しいです。
前節のカウンターでの得点は、柏の油断があったればこそです。

ラインコントロールを高く維持することも体力を消費します。
同じ疲れるなら、ディフェンスラインを上げて、ゴールを狙いにいきませんか?

キャプテン・ケンタ・トクシゲ

今年の主将は吉田孝行、副将は大久保嘉人、河本裕行、徳重健太。
このうちスタメンは徳重しかいないので、必然的に徳重がゲームキャプテンになります。
徳重のゲームキャプテンは初めてのような気がします。

この試合から徳重のチャントができました。
原曲はローリング・ストーンズディープパープルのスモーク・オン・ザ・ウォーターのイントロ部分です。
この曲は他のいくつかのチームのチャントで使われているので意外な選曲でした。
[動画]徳重健太チャント

コーナーキックの守備

この試合、コーナーキックの守備がマンツーマンでした。
マリノスには中澤、栗原、大黒、谷口とヘディングの得意な選手が多く、キッカーは中村俊輔です。

神戸のコーナーキックの守備は基本的にはゾーンです。
ゾーンでは人ではなく、担当するゾーンに来たボールに向かっていきます。
中村俊輔が蹴るボールに向かうより、人に付く方が守りやすいと判断したのでしょう。

昨年、マンツーマンで守っていた時期もあるのですが、マークをはずされて危なっかしかったのでゾーンに戻しました。
今回のマンツーマンは、マリノス対策なのか、それともしばらく続けるのでしょうか。
ちなみにフリーキックはこれまで通りゾーンで守ってました。

田代有三、左ふくらはぎの違和感、前半で交代

田代が前半のアディショナルタイムでピッチを後にします。
左ふくらはぎの痛みです。
田代は昨年12月に左足首を手術(左足関節遊離体、関節ねずみ)していますが、その影響ではないようです。
3月下旬に全体練習合流した後、右ふくらはぎ痛を発症して再度離脱しました。
今度は逆足に来たようです。
長期離脱にはならないものの数試合は欠場することになりそう、とのことです。
追記)
全治3週間の肉離れの診断が発表されました。

和田監督の解任

この試合の翌日、高橋統括本部長の監督解任のコメントが報道されました。
そして、試合の翌々日に正式に監督の交代が発表となりました。
落ち着いたら和田さんの監督評を書きたいと思います。

さいごに

後半の最初の攻撃は良かったです。

[動画]後半の神戸の攻撃

相手がプレッシャーをかけてこなければ、これくらいの攻撃はできるくらいにはなってきています。
この試合も柏戦も守備が消極的です。
点を取るための守備を。

さいごにスタジアムの写真を並べておきます。
日産スタジアムはとにかくデカイ。さすが72,327席。
1階席は傾斜がないので一番高いところでも見にくいです。
サッカー見るなら2階席なんだろう。
あと、選手紹介はガンバっぽい。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。