[ナビスコ杯]ヴィッセル神戸vs清水エスパルス~期待の新星現る!Jデビューして2分でJ初ゴール

2012年5月16日 ヤマザキ・ナビスコカップ グループリーグ第4節
ヴィッセル神戸vs清水エスパルス
(ホームズスタジアム神戸)
スコア:●神戸(1-2)清水○

試合の前日にユースとの二種登録でトップチームの公式戦にも出場できるようになった松村亮がベンチ入り。
62分にJデビューを飾ると、2分後にはJ初ゴール!
「神戸のメッシ」という異名を持つ17歳は鮮烈なデビューを飾りました。

松村亮のデビュー戦を観られたけで行って良かったと思わしてくれました。
新星デビューの目撃者は3778人。

松村のゴールは、ヒデからのスルーパスを受けて、相手DFの背中までボールを動かしてから振り抜きました。
動画が上がってました。

その後も森岡から絶好のスルーパスが出ますが、シュートは枠をはずしてしまいました。
そこは悔しいでしょう。

他のトピックスは、
・GK嘉味田も公式戦初出場。
・昨年末に手術をした河本が今季初出場。
・2年目の林佳祐、公式戦のホームズスタジアム初出場。
・前半27分での小川慶治朗の交代はプラン通りで、怪我とかではない。
・都倉、また「繰り返しの違反」でイエローカード。
・橋本はフィットするのにまだ時間がかかりそう。
・(磐田)松岡亮輔、スタメン出場でゴール。

試合の方は、終始、神戸はいい攻めができていました。
ゴール前のスペースにボールを出す意識、ゴール前に飛び出す意識が高く、思い切りとアイデアもあり、何度も清水の守備を崩していました。

神戸は攻撃の連携も意識も急速に良くなってきています。
これでゴールできないのは、崩しが足りないのか、個の問題なのか。

清水の選手はユニフォームをよく引っ張っていましたがファールを取ってくれませんでした。

神戸のユニフォームはよく伸びるので、引っ張られていることがわかりやすいはずなんですが。

スタジアム風景

シュートゲームとスルーパスゲーム(下の写真はスルーパスゲーム、真ん中が最高得点)。

得点が多いほどお菓子がたくさんもらえます。

マッチデープログラムは森岡亮太。

ヴィッセルグルメは、新長田魂・日本料理 高くら&KITCHEN BAR 場。
長田名物ぼっかけ入り牛めし。

VISSEL CAFÉは、カフェバスが2台になっていました。

ハーフタイム中にグランドキーパーの仕事に興味を持つモーヴィ。

試合をしている間に御崎公園駅の試合告知ポスターが張り替えられて、鹿島戦のものに変わっていました。
「これが野沢拓也の生きる道」

さぁ、スタジアムに「野沢拓也」という男の”生きざま”を観に行こうではないか。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。