ヴィッセル神戸vsコンサドーレ札幌~なるようにしかならない

それはさておきナビスコカップやってました。

2012年6月9日 ヤマザキ・ナビスコカップ予選リーグ第6節
ヴィッセル神戸 vs コンサドーレ札幌
(ホームズスタジアム神戸)
スコア:△神戸(2-2)札幌△

なるようにしかなりません。
まだ西野体制3戦目、2ヶ月くらいは成り行きを見守りましょう。

右から来たものを左へ受け流す

森岡、少しドリブルしてヒデにパス。

森岡は前の都倉にボールを入れるよう指示を出します。
が、ヒデは見ておらず。。。

ヒデは外に横パス。
右から来たものをヒデは左に受け流す。
♪チャラチャチャッチャラッチャー

ヒデがパスをスルーして野沢に通る場面がありました。
ただ、中盤ではそういうリスクの高いプレーはいりません。
この試合、だいぶ選手の攻撃の意識、点を取る意識が高くなっているように見えました。
しかし、ボランチの2人だけはどうしてもチャレンジできないようです。
ゴール前を固めている相手には、リスクを取らないとゴールを奪えません。

先制点!

11分、ペナルティエリア内、相手のスライディングがヒデの足にかかってPK獲得。
このスライディング、不用意というか、不必要というか、うっかりというか・・・。
何にしても悪意は感じられなかったのでイエローカードを出さなかったのも納得。

大久保嘉人の久しぶりのコロコロPKであっさりとバースデーゴール。
コロコロPKといえばガンバの遠藤ですが、回数は圧倒的に嘉人の方が多いはずです。

追加点!

野沢がゴール脇に浮いたボールを蹴り、そこへ都倉が走ります。

都倉が競り勝って中に折り返します。

ボールはキーパーの前を横切って、、、

嘉人がダイレクトに合わせてゴール中央に押し込みました。

都倉は会心のゴール(アシスト)だったのでしょう。
動き出し、落下点への入り方、ボールを落とした場所、すべてドンピシャでした。

[動画]2012/6/9YNCヴィッセルvs札幌 大久保嘉人2点目

野沢拓也

野沢がゲームキャプテンです。
セレッソ戦では途中から吉田孝行からキャプテンマークを渡されて付けてましたが、試合開始からは前の試合からです。
鹿島時代はキャプテンマークを付けることはなかったのではないでしょうか。

おそらく走行距離は野沢がチームで一番でしょう。
ボールを奪ってセンターバックがボールを持つと、ボールを受けにボランチの位置まで下がり、パスを出した後は前に走ります。
横の移動も多いです。
ビルドアップは野沢を経由し、ラストパスも野沢。
どうやら西野さんは野沢中心のチームにしようとしているようです。
野沢中心はいいですが、ビルドアップはボランチの2人がもっとやらないとね。

ヴィジョン演出

セットプレイでのチャンスのとき、ビジョンに手拍子での応援を促す表示されました。

すぐに消えちゃいます。
セットプレイのときだけ表示されていましたが、それより前後半30分を過ぎたあたりから映しっぱなしでいいです。
最近行った広島と岡山、メインスタンドとバックスタンドがここぞっというときは手拍子して応援していたことに軽くカルチャーショックを受けました。
特に岡山のお客さんは、サッカーを観に来ているのではなくて、応援を楽しみに来ているんだと感じました。
広島と岡山はどうやってメインやバックの観客に手拍子やタオル回しをするように仕向けたのでしょうかね?
選手を勝たせるとか後押しするとかはゴール裏(コアゾーン)の理論で、メインやバックの人には動機付けにならないと思うのですが。

札幌サポーター

札幌サポーターは遠路遙々50人以上いました。

札幌サポーターはハートが強いね。

残りは順不同で

残りの写真は、説明なしで。


(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。