ジュビロ磐田vsヴィッセル神戸~小川慶治朗のストロングポイント

それはさておき、アウェイでの快勝、しかも雨で。

2012年6月16日 Jリーグ(J1) 第14節
ジュビロ磐田 vs ヴィッセル神戸
(ヤマハスタジアム)
スコア:●磐田 (1 – 3) 神戸○

ハットトリック

1点目

2点目

3点目

小川慶治朗、ハットトリック!
もちろん、チームは快勝!

小川慶治朗のストロングポイント

慶治朗の長所はロングスプリント、つまり長い距離を走れる走力とよく言われています。
しかしですね、走れるだけでJ1に通用するわけがありません。

トップスピードの状態でのボールをコントロールする技術。

これが小川慶治朗のストロングポイントです。
今日の試合は、その長所を活かし、また周りの選手が活かしました。

3点目、右サイドをえぐった大久保嘉人の高速クロスに合わせてゴールに流し込みました。
長い距離を全速力で走りながらです。
これが難しいのは、ワールドカップでも活躍したすごい選手であるはずの某エースを見ていれば分かると思います。

2点目の裏に抜けてボールを受けたとき、走力に自信があるのでDFに追いつかれないよう長めにトラップし、それでいてキーパーより先に触れるぎりぎりのところに置きました。
これもトップスピードでも思っているところにボールを置ける高い技術があってのことです。

止まっているときよりボールコントロールの難易度は高く、もちろん毎回成功するわけではありません。
しかし、小川慶治朗の成功率はJリーグでも上位クラスです。

それとディフェンス力も高いです。
後半途中から2列目に下がって駒野を抑え込みました。
後半、磐田にペースを渡さなかった大きな要因で、西野采配が成功しました。
(これくらいの采配は和田さんもやってたけどね)

フラッシュラグ効果の錯覚?

最初はオフサイドに見えました。
VTRでは余裕でオフサイドではありません。
ナイス副審。

さいごに

3つのゴール、神戸での初勝利。
でも、一切緩んだ顔は映りませんでした。

まあ、ホッとはしたでしょう。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。