ヴィッセル神戸vsアルビレックス新潟~分かりやすい試合がおもしろい

ところで、相馬の長女誕生祝いのゆりかごダンスの件はどうなっているのでしょうか?
それはさておき、、、

2012年6月23日 Jリーグ(J1) 第15節
ヴィッセル神戸 vs アルビレックス新潟
(ホームズスタジアム神戸)
スコア : ○神戸 (1 - 0) 新潟●

この試合の専門誌や解説者の評価は、見るべきものがない凡戦、両チームとも冴えないプレーといったものです。
客観的にはそうなのでしょう。

でもですね、
スタジアムにいた人に聞きたいですが、つまらなかったですか?

起承転結

起:膠着した前半
承:互いの選手交代で試合が動く
転:森岡の何でもないミドルシュートが慶治朗に当たってゴール
結:ヒヤッとする場面があったものの神戸が逃げ切って勝利

試合をひとつのストーリーとするならば、起承転結のあるおもしろいものになりました。

分かりやすい試合

サッカーをあまり観ない人とスタジアムに行って、よく聞かれるであろう言葉は、

「で、どっちが優勢なの?」

です。

スポーツを観ておもしろかったと感じられるかの大きな要素は、どれくらい試合に入り込めたかです。
攻守が完全に分かれて行われる野球に比べると、サッカーは分かりにくく観ることが難しいです。
このサッカーの分かりにくさは、試合に入り込む最大の壁となり、おもしろくないと感じさせてしまいます。

メインスタンド・バックスタンドを含め、スタジアムの雰囲気が良かったのは、誰が見ても分かりやすい試合になったからでしょう。
神戸がボールを支配するもののゴールが奪えず膠着する展開となった前半でも、神戸が圧倒的に優勢に試合を進めていることは分かったはずです。
後半も反撃を受ける場面はあったものの、試合の流れが相手に傾くことはなく、神戸はおおむね優勢を保つことができました。

応援しているチームが勝ったこと、もしくは地元のチームが勝ったことも大きいにしても、サッカーの専門家の評とは異なり、スタジアムに来た人の満足感の高い試合であったと思います。

プレーの質が低いことはあっても、おもしろい試合として見せることができる試合でしたが、スカパー(TBS制作)の中継ではそうではありませんでした。
冷静にミスをミスと指摘し続けてもテレビを観ている人は得るものがなく嫌気がさしてきます。
TBSはこんな中継を繰り返すようなら、放送権を手放してもらいたいです。

手拍子は頭の上で

最近の試合開始70分前に行われるサポミでは、手拍子は頭の上でと言われるようになりました。
それがあってか、頭の上で手拍子する人が増えてきたと感じます。

自分は手を挙げて手拍子しているつもりになっていましたが、手の位置を意識してみると額の前でした。
ここ2試合くらいから、もう一段上げて、頭の上で手拍子するようにしました。
そういう風に手の位置が、胸だった人が額の前になって、額の前だった人が頭の上になってきていると思います。
頭の上はしんどいですが、四十肩の予防と思うようにしています。

コーヒールンバの手拍子とき、ヒジを曲げずに大きく腕を広げるのもサポミで言ってみたらどうでしょう?
普通の手拍子より大きいアクションのコーヒールンバは一番見映えのするチャントで、きれいに決まっているとメイン・バックの人や中継を見ている人への訴求力は高いと思います。

さいごに

どんな展開であれ、ゴールが一番盛り上がるのは間違いないことですが、サッカーは点がたくさん入るスポーツではありません。
ロースコアでの試合でも多くの人に分かりやすくおもしろいと思わせることができるのは、カウンターサッカーよりポゼッションサッカーなのかなと思います。
個人的にはカウンターの方が好きなんですけどね。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。