真夏の夜の悪夢2012~名古屋グランパスvsヴィッセル神戸

「ショックと言うより恥と言うべきだ」

2012年8月4日 Jリーグ(J1) 第20節
名古屋グランパス vs ヴィッセル神戸
(名古屋市瑞穂陸上競技場)
スコア:○名古屋(5-1)神戸●

FW闘莉王に4点決められます。
4点だと田中とマルクスと闘莉王に決められた、というボケも成立しません。

冒頭の言葉は、神戸戦前日の会見、札幌戦の敗戦について問われたストイコビッチ監督のものです。

中日スポーツ:ピクシー、ベンチ入り停止 スタンドから雪辱戦:グラニュース(CHUNICHI Web)

 「ショックと言うより恥と言うべきだ」。
神戸戦前日の会見、札幌戦の敗戦について問われたストイコビッチ監督は開口一番、過激に言い放った。
(中略)
そして、31日のミーティングでも選手たちに「これは恥だ」と肝に銘じさせ、2日間猛暑のなかで過酷な罰走を課した。
「悪夢はもう起こってほしくない。選手からは強い精神面でのリアクションを求める」。

同じ事を神戸の選手に言います。
「悪夢はもう起こってほしくない。選手からは強い精神面でのリアクションを求める」。

おまけ

試合の時間に行われていた神戸の花火大会(第42回みなとこうべ海上花火大会)の動画を貼っておきます。

なんで阪神優勝なのかはわかりませんが・・・。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。