ヴィッセル神戸vs川崎フローターレ~心はひとつ

リーグ戦7戦勝ち無し、残留争いとか関係なく、ただ、勝ちたい。
それだけを思って臨んだ試合。

勝たなければならない試合。
試合中の声援は今季一番、最高のホームだった。
攻撃の形ができていた。
それだけに、この結果は納得できるものではないし、悔しい。
悔しすぎて、ちょっと泣いてしまった。
どうして結果に繋がらないのか。

ただ、救われたのは、誰もが同じ思いだったこと。
思いはひとつ。心はひとつ。

2012年10月27日 Jリーグ(J1)第30節
ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ
(ホームズスタジアム神戸)
スコア:△神戸 ( 3 – 3 ) 川崎△

神戸の得点、1点目

前半、神戸ペースの時間が長く続くも、川崎のレナトがここしかないという狭いシュートコースを通して先制されます。
神戸の1点目、後半11分、中央の野沢が浮き球をDFの背後に入れ、相手DFが後ろ向きにボールをトラップし、落としたボールを都倉が押し込みました。
川崎のDFが外に蹴り出さずにボールを止めたのはクリアミスか。
ヒデがファールを受けた後、素早いリスタートで田代に縦パスを入れ、ヒデに戻した後、野沢に縦パス。
野沢はフリーで受けれたため、余裕を持って前を向いてラストパスを蹴ることができました。
ヒデは田代に出してボールが戻ってくる間に野沢がフリーで受けられる位置にいることが確認できました。
縦パスの重要性が分かるゴール。
都倉は6月の川崎戦でのバロテッリパフォーマンスのゴールに続いて、古巣からゴール。

神戸の得点、2点目

同点になった後、後半20分と24分と立て続けに決められて2点差。
2点差のなったタイミングで3枚目のカード、ケガ明けで時間制限付きの大久保嘉人を投入。
神戸の2点目、ワンタッチ、ツータッチでボールを回し、北本→奥井→野沢→大久保と繋ぎ、ゴール横の深い位置に大久保嘉人が見事なコントロールした浮き球を入れ、奥井のマイナスのクロスから田代が中央で足で合わせてゴール。
野沢がボランチの位置に下がり、嘉人がトップ下。
野沢が下がるとビルドアップできるし、この2人のパス交換は攻撃に連動性を生み出します。
野沢の守備は不安ですがね。

神戸の得点、3点目

2点目から6分後、3点目、カンジョのクロスを都倉が頭で押し込みました。
田代と見間違えそうなくらい高く跳びました。
都倉が今年、目に見えて成長しているのは、田代のプレーが良い見本になっているのかもしれませんね。

ツイてない神戸

大久保嘉人、伊野波、田代有三、吉田孝行らがケガから復帰したと思ったら、徳重と小川慶治朗がケガで欠場。
試合前からツイていないことが続きますが、試合でもツイていないことが立て続けに起こりました。

わずか前半9分で吉田孝行が負傷交代。
3分55秒の相手選手と接触したときでのものと思われます。

前半37分、今度は相馬も負傷交代。
もし、ハムストリングの肉離れだと今季終了かもしれません。

前半でうちに負傷で交代カードを2枚も使わざるえず、同点に追いついた後、逆転する力は残っていませんでした。

他に、前半17分の北本へのイエローカードは、ボールに行けていたのでファールではないのですが、ファールと判定されてしまいました。
その後の守備に影響がなかったことはないでしょう。

川崎の3点目はおそらくクロスのつもりがミスキックでゴールに入ってしまったものでしょう。
こんな事故のようなことが、この大事な試合で起こってしまう不運。

次節は和田神社に参拝してからスタジアムに行きましょうか。

嘉味田、リーグ戦デビュー

20歳のゴールキーパー嘉味田隼がリーグ戦デビューでした。
徳重の練習中のケガによる出番。
3失点どれもキーパーの責任ではなかったですが、3失点は3失点なので苦いデビューとなりました。

徳重は11月中の出場は難しいようです。
3試合は嘉味田で行くことになりそうですが、今日の感じならば問題はなさそうです。

ケガ人が復帰しては入れ替わりに誰かがケガをしている状況ですが、そのおかげで岩波と嘉味田、ナビスコカップでは松村亮が試合に出場しました。
来季のチームのプラスになるはずです。

次節はスタートから攻撃的に布陣で

試合の内容は神戸が良かったというより、川崎の守備がダメすぎたという印象です。
川崎はボールホルダーへのプレッシャーが遅い、というか行こうとしていません。
田代と都倉のツインタワーの対応も最後までできていませんでした。
攻撃が良かったからといって、次もうまくいくと考えるのは甘いでしょう。
とはいえ、次節こそ勝たないといけないので、攻撃的布陣でスタートしてもいいかもしれません。

残留争いは悲観する状況ではありません。
しかし、早く残留を決めないと、来季の編成の影響が大きくなります。

スタジアム風景

19時キックオフ。
夏場と違って、17時すぎには日が落ちてしまいます。
暗いと歩き回る気がおきないし、食べ物はおいしく見えません。
祭りの夜店ってかなり明るくしているんですね。

グッズショップはハロイン仕様。
一眼(APS-C)、ISO6400、f4.0、1/100秒。

ミラーレス、ISO800、f1.7、1/80秒。

ミラーレス、ISO1600、f1.7、1/25秒。

和田岬線

兵庫駅で降りたら和田岬線の改札が開いていたので時刻表を見ると5分後発だったので乗ってみました。
和田岬線には乗ったことがなくて、子供のころのイメージでは赤と白のディーゼル機関車で、乗車人数を多くするために座席のない特別な車体というもの。
ホームに止まっていたのは普通の電車でした。
車内も普通の電車と同じで珍しくもなく、少しがっかり。
5分の待ち時間があったので、兵庫駅から歩くのと時間はたいして変わりませんでした。
片道140円。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。