西野さんの解任劇で引っかかること

西野さんの解任劇で何も書かないのはあれなので、引っかかったことを書いておきます。
後半はほとんど妄想です。
これくらいの妄想、個人ブログだからいいでしょ?(笑)

疑問

西野監督解任を受け、サポーター団体主導で10日早朝に緊急サポーターズミーティングが行われました。
その内容ですが、下の2つのブログがおすすめです。
anarchy in the V.K: サポーターミーティング@いぶき
サポミ|たまブロ

まあ、西野監督の解任を決めた時点でビジョンは捨てざるえません。
ビジョンについて問うても何も出てこないのは当然です。
それでいいです。
残留しなければ先がないくらいの覚悟で残り3試合を戦うのみです。

で、このサポミで疑問に思う点は2つ。

解任を主導したのは、三木谷会長なのか、高橋統括本部長(強化担当、GM職)なのか?
言いだしっぺは高橋統括本部長なのかなぁと感じるのですが、はっきりとしません。
どっちだからどうってのは無いのですが。

もう一つは、高橋統括本部長が西野監督に求めていたのは何か?
どんなサッカーがしたかったのでしょう?
走行距離のことを挙げていましたが、走るサッカーをやりたいのでしょうか?
それだと開幕当初に和田さんがやろうとしていたサッカーとも少し違いますよね?

シーズン終了後の携帯公式サイトでの総括で語っていただけたらと思います。

言葉の解釈

このサポミでの言葉、Yahoo!に掲載された西野監督の解任後の囲み取材での言葉、同じ言葉でも人によって解釈が違っているようです。
自分なりの解釈で、多くの人と違っていそうな点を書いておきます。

ヴィッセル神戸、西野朗監督が解任。チームを去る西野監督の胸の内とは?(高村 美砂) – 個人 – Yahoo!ニュース

ー柏レイソルやガンバ大阪が企業が主体のチームであるのに対し、ヴィッセル神戸はオーナー個人の所有物という違いがあったと思います。現場で指揮を執るにあたり、それによる違いを感じたところはありましたか?
それも最初から分かっていたことで、入って驚いたことではないです。
オーナークラブだけに、多少、オーナーの意見や力などが入ってくるのかなとは思っていましたし、それを含めて自分の中でまた違った形で常勝クラブにできれば、と思っていました。
そうすれば、今までとは違うクラブにはっていくのかなという可能性も感じていましたしね。
ただ、企業主体のチームとオーナーのチームということでの違いは現にありました。
ダイレクトに常に意見されたり、っていうのも今までにないことでしたから。

試合を観た三木谷会長が西野監督にダイレクトに意見していたことに引っかかっている人が多いようです。
これは企業主体のクラブとオーナークラブの違いを聞かれたから、違いを答えているだけです。
三木谷会長は、サポーターが居酒屋とかで話しているようなことを率直に聞いているだけだと思います。
この程度のことがプレッシャーになることはないでしょう。

プレッシャーになったとすれば、

毎試合、最後通告というか、そういう話を受けながらやっていたところもあったので、急な話ではなかったのですが。

それは契約ですからね。
確かに、時間はいただきましたし、自分もそういう中でチームを作れればなと思っていました。
ただ現実的に始まってみると、自分が思っているような猶予はないんだな、と思いました。
毎試合、常に結果を追求されていたし、この時期に来てからではなく、夏場くらい…7月はいい時期も少しありましたけど…それ以降は、あまりやろうとしているサッカーが評価されないという感じはしました

任せるよって言っておいて、細かいことで横やりを入れたり、決定したことをひっくり返したりする上司っていますよね。
そこまでひどくないにしても、西野さんは高橋統括本部長をうっとうしく思い、それでも評価を上げないといけないというところで、本来西野さんが持っている力を発揮できなくなってきたのかな、と邪推します。
高橋統括本部長はデータなどを持ち込みたがりそうなので、監督と強化が二人三脚になれれば、良い方向に進むのでしょう。
高橋統括本部長がいる限りは、ビッグネームより実績のない監督の方が合っているような気がします。
なので、来季も安達亮さんが監督でスタートしてもいいかもしれません。
たぶん、神戸でやりたいサッカーも似ているのでしょう。

先を急ぎすぎた

どこから歯車が狂ったのか、思い起こしてみると、昨年のホーム最終戦じゃないでしょうか。
三木谷会長のACL発言。
ほとんどのサポーターが聞いたとき、えっ?!って思ったことでしょう。
5年くらいかけて階段を登っていくものと考えていました。
良い補強ができる感触はあったのでしょうが、やっと9位からのACLは真実味がなかったです。
せっかく、目標は大事だってことを実感したのに。
3年は一桁順位を続ける、もしくは9位から一つ上げて8位とか、7位の賞金圏でよかったんです。
でも、会長が言っちゃったからには、クラブの目標としなければなりません。

残留できたら、2011年時点からやり直しです。
降格したら、やり直しさえできないかもしれませんね。
簡単に昇格できると思ったら大間違いです。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。