今年のアウェイ遠征予定

J2のヴィッセル神戸の開幕戦、アウェイの徳島戦のチケットの販売が始まっています。
ポカスタは淡路島から橋を渡ったすぐそこ。神戸から近いです。
募集中のアウェイツアーはバス2台になるんじゃないですかね。
アウェイゴール裏を深紅に染めましょう。

試合日程をスマートフォンに取り込む

何かと忙しくて、やっと試合日程をスマートフォンのスケジュール管理アプリに取り込みました。
今年もさっかりんの日程データを利用させてもらいました。
データ作っている人に今年も感謝。

さっかりん – スケジュール ダウンロード
【Googleカレンダーにも対応】スマホから、気になる試合を選んでカレンダーに登録できるようになりました – さっかりん

アウェイ遠征に行きたくなる要素

さて、ヴィッセルの日程を見ながらアウェイ遠征の予定を考えています。
アウェイに行きたくなる要素は、主に下の4つのどれかです。

1.スタジアム
2.大一番、シーズン終盤
3.交通アクセス、割安さ
4.昼間の試合

これらと予算で行くところ、行かないところを決めています。

スタジアム

専用スタジアムはスタンドとピッチとの距離が近いので臨場感があります。
行ってみたいスタジアムというのはたいていが専用スタジアムです。

J2にも専用スタジアムがいっぱいあります。
・松本山雅の「アルウィン」
・千葉の「フクダ電子アリーナ」
・横浜FCの「ニッパツ三ツ沢球技場」
・鳥取の「とりぎんバードスタジアム」
・福岡の「レベルファイブスタジアム」
・栃木の「栃木県グリーンスタジアム」

この中でも松本山雅のサポーターの応援がすごいらしいアルウィンと臨場感のあるニッパツの2つは特に行きたいスタジアムです。

あと、おもしろいのは「札幌ドーム」で、サッカーと野球の兼用スタジアムです。
野球のスタンドからサッカーが観やすいとは思えないので行きたいとまでいかないです。

大一番、シーズン終盤

シーズン終盤、ほぼすべてが残留のための大事な一戦で、行きたくなり、予定外に遠征することが多いです。
今年も昇格が決まる試合だったり、昇格争いが激しくなっていて毎試合が正念場だったりすると、予定してなくても行くでしょう。
無闇に遠征して終盤にお金が残っていない状況にならないために、最初から行くもんだと思っておきます。

交通アクセス、割安さ

遠いところは時間的にも費用的にも敬遠してしまいます。
予算内でたくさん行きたいので、1カ所で3万円を超えるところは余程でないと行けません。
基本的には新幹線と飛行機は使わず、夜行バスを使います。
今年だったら愛媛、九州方面にはフェリーも使えそうです。

贅沢する割に格安なのは旅行会社のツアーにフリープランです。
フリープランはツアーといっても、添乗員は付かず、切符だけ渡されてすべて個人の自由行動です。
新幹線の往復とホテルでの1泊がセットになっていて、福岡、東京は2万円を切る値段です。
札幌でも飛行機の往復とホテルで2万5000円くらいで、期間限定ものならば2万円を切ることもあります。
半月前くらいまでには受付終了するので、早くから計画しておかなければいけません。

アウェイバスツアーは使いたくてもリスクが高いくて断念することが多くなっています。
最低催行人数の30人が集まらないことがあり、中止が決定した後では夜行バスやフリープランなどの格安で行く手段がなくなっているです。
たとえば年3回利用すれば抽選で選手ユニフォームがもらえるとか、オフィシャルツアーならではメリットがあれば少しは利用者が増えると思うのですが。

昼間の試合

夜だとその日のうちに帰れないから、というのではなく、単純に昼間の試合が好きだからです。
夜の試合になる夏場はあまり遠征しません。

さいごに

岡山は貴重な近場のアウェイ、日程が出るまでは行くつもりだった人が多かったでしょう。
それが、7月3日(水)、平日のアウェイにあたりました。
今年の平日開催のアウェイは1試合しかないのに、岡山とは・・・。

4つある九州はどれも計画に入りませんでした。
福岡がゴールデンウィークで混雑するのでパス。
北九州と熊本は夜の試合で正念場になりそうにないのでパス。
長崎も時期的に夜の試合になりそうなのでパス。

アウェイ遠征の予定は次回書きます。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。