横浜FC戦は雑感だけ

前日まで横浜に行くつもりにしてましたが、予定が変わりスカパー観戦。
無理してでも行くべきだったかな?

今回は雑感だけ。

3連戦の3つめ

3連戦の最後だからか、終盤はどちらもの守備もグダグダに。
横浜FCはポポが1対1に持ち込もうかというところを諸手刈りで止めたあたりから、足が止まってどうしようもなくなっていた。
これなら1点くらいは獲れるだろう、いや決めなあかんやろ、と思って観ていたが、なんとか勝ち点3獲れて安堵。

底力

吉田孝行のゴールで勝ち越して勝利。
キーパーが出られないところに落とす相馬の絶妙なアリークロス。
守備側の背走しながらのボールの軌道を予測するのは難しいが、攻撃側も同じ。
吉田孝行は落下地点に入るのが速いというか、うまい。というか巧い。
有三でもポポでもなく孝行というところに今の神戸の底力を感じる。

決定機阻止

ポポが相手を置き去りにして抜けだそうとしたところを背後から倒された場面、ファールがなければ確実にキーパーと1対1になっていた。
一発レッドでもおかしくはないと思ったが、ポポはボールに触っておらず、まだボールをコントロールしていない分、決定機阻止とはならず警告止まりになったか?
でも、ボールが流れているわけでなし、確実にボールをコントロールして1対1に持ち込めたはずなので、決定機阻止でいいんじゃないかと思うのだけど。

ゾーンで守るならボールに行け

失点の場面、岩波とイ・グァンソンの間に落ちるクロスにグァンソンの背後から飛び込まれた。
グァンソンは誰についているわけではないので、ボールに行かないと。
勝ち越したからよかったものの、高い授業料になるところだった。

クロス

この試合の奥井の守備がよかった。
クロスに対し、奥井がジャンボ大久保を相手にする形になった場面はヒヤリとしたが、うまく押さえてくれた。
クロスの精度は相変わらずだけど。
カン・ユングは十分に使えそうなので、トップと2列目の層が薄くなっている今、クロスが有効な相手だったら相馬を一列上げるってのもありだと思う。

ここまで10戦

対戦チームの今の順位、ほとんどが半分より下の順位。
これまで以上に厳しくいかないと。
6位:京都
7位:山形
13位:富山
14位:徳島
15位:札幌
16位:松本山雅
18位:横浜FC
19位:北九州
21位:群馬
22位:岐阜

予測不能

ゴールデンウィーク3連戦は、岡山、福岡、ガンバ。
岡山と福岡は富山や北九州より強い。
今のガンバを押さえられるイメージができない。
この3連戦、星勘定がまったくできない。
エステバンはガンバ戦に間に合うだろうか。

後々、1年を振り返ってみると

エステバン、北本、都倉、慶治朗に続いて、森岡、有田も欠場。
河本も万全でなくスタメンをはずれる。
もしかしたら、今年1年の中でいちばん苦しい状況なのかもしれない。
ここを乗り切れば、上がっていくだけ。

次節

岡山との対戦をダービーと言われると胸が痛む。
古い話は置いておいて、ただのちょっと離れたご近所との対戦ってことにしてもらいたい。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。