コレジャナイ感がする都倉賢

福岡戦の後、19時キックオフのガンバと岐阜の試合をスカパーで観ました。

ガンバのFW平井将生

前節のガンバと岐阜の試合で印象的だったのはガンバのFW平井将生のワンタッチゴール。
ボールをサイドの選手にはたいて、自分は斜めにボックス内に向かって走り、クロスの折り返しを駆け込みながらワンタッチでシュート。
雑魚キラーなんて揶揄される平井ですが、得点感覚はJリーグでトップクラスだと思います。
短所を捨てて長所のみ、ゴールを取ることのみを追求している感じです。

この平井のゴールを見て思ったのが、なぜか都倉賢のこと。
都倉も短所を捨ててゴールにこだわってプレーをしていれば、もっといいストライカーになれたかも、と。

チームプレーよりもゴール

都倉はポストや献身的なチームプレーを取り込んでプレーの幅を広げていて、昨年は目に見えて成長しているのを感じました。
空中戦のときの体の入れ方とかは1年で良くなりました。
けれども、なーんか期待していることとは違います。
オフザボールの動きの質とかゴールに直結するところを伸ばしてほしいような。
ゴール前に飛び込むパターンを増やしていけば、周りも合わしてくれるだろうし。
チームプレーは大事だけれど、もっと「自分が」ゴールを取ることに固執してもいいんじゃないか。

チームプレーは大事

平井は守備しないのでスタメンで使われません。
昨年レンタル移籍で新潟にいってもスタメンは4試合だけでした。
今年ガンバに戻っても同じ。
得点力が高くてもチームプレーできない選手は使えませんね。
(どっちやねん Σ\( ̄ー ̄;))

でも、ストライカーが守備をしない分、他のフィールドプレーヤーの9人ががんばるってのもあってもいいと思うんですよね。

2人の交代選手に注目

明日の神戸とガンバの一戦。
終盤、僅差であれば平井と都倉が途中出場していると思います。
違う方向に進んでいる2人のどっちが結果を出すのか注目して観ることにします。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。