激しく、楽しく、行儀よく


ガンバ戦前のサポーターズミーティング。赤く染めてみた。

にっくきガンバサポーター

ガンバには負けたくない、ガンバをぶちのめしたいと思うヴィッセルのサポーターは多いです。
実際は、ガンバではなく、ガンバサポーターが嫌いという人がほとんどだと思いますが。

しかし、ガンバサポーターがいるおかげで、やっつけて痛快な気分になったり、負けて悔しい思いに打ちひしがれたりできるのです。
自身が応援しているはずのクラブに迷惑かけてでも悪態をつき続ける、その身を削る姿には驚くしかありません。
これからも他のクラブに迷惑がかからない範囲で敵を作り続け、Jリーグのサポーターの団結を強固なものにする一役を担う存在であり続けていただきたいと強く願う所存であります。

ガンバに対する特別な気持ち

サポーター連合の呼びかけで選手バスの出迎えが行われました。
前日のいぶきの森では、「順位やカテゴリーは関係ない!大阪には勝つ! 」というダンマクが掲げられたそうです。
ガンバに勝つことが最終的な目的ではないことは誰しもわかっていることです。
しかし、この一戦に関しては、首位決戦とか負ければ首位転落なんてことは付録にも値しないどうでもいいことなのです。
昨年の残留争いが佳境だったときも、同じようにダンマクを掲げ、選手バスの出迎えもしましたが、そのとき以上の何かを選手たちは感じてくれたはずです。

おそらく選手は、サポーターが思っているような、ガンバに対する特別な気持ちはないと思います。
リーグ戦でも重要な試合であることは間違いないですが、ガンバに対しては強豪、首位を争う相手くらいのものでしょう。
ガンバに勝ってくれというサポーターの強い想いを選手が意気に感じてくれた結果が完封勝利であり、ガンバとの差だったんじゃないかと思います。

タイミング良く、というか悪いというか

ヴィッセルの選手バスの出迎えが一段落したときにガンババスが登場。
これにはブーイングで出迎えます。
一部で誤解があるようですが、ガンバのバスを囲ったわけではなく、ヴィッセルのバスが入場した後、出入り口の前までサポーターが移動していたため、ガンバのバスが入れない状況でした。

この状況にサポーター団体の人だと思いますが、「通してあげよう」という声がありました。
別に言われなくても通さないといけないわけで、警備員もいるのでそのうち通すように動いたでしょう。
ですが、その声はおもしろがってブーイングを止めない人もいる状況から、バスを通すように全員が移動を始めるきっかけになりました。
なんでもないことなのかもしれませんしヌルいという人もいますが、こういう声を挙げられる人がサポーターを仕切っていることに安心を感じると共に誇りに思います。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。