ヴィッセル神戸vsガイナーレ鳥取~これがヴィッセルのスタイルなのか!?そのスタイル間違っていませんか?

ズルズルやん、ズルズルやんか!
と言いたくなる試合。

2013年5月26日 J2第16節
ヴィッセル神戸 vs ガイナーレ鳥取
(ノエビアスタジアム神戸)

スコア: 神戸● 0-1 ○鳥取

3敗目。
今日はハーフタイムで立て直せず。

そしてガンバの逆転勝ちにより首位陥落。
3位との勝ち点差も4に縮まった。
今の内容が続けば自動昇格の2位からも転落しかねない。

最近消える時間の多かった慶治朗の推進力のある突破がいくつか見られた。
ただ、回数が少ない。
得点の臭いのするのは慶治朗が絡んだ場面しかないのに。

多いのはいつものように中盤を飛ばして田代有三をターゲットにする攻撃。
これは田代の近くでプレーする選手がいないので後が続かない。
田代が収めたボール、もしくはヘディングで競り勝ったボールを受ける選手がいないとダメだ。
後半、慶治朗かマジーニョのどちらかが前目に位置していたので、そういう意図の指示があったのだと思う。
ただ、もっと田代の近くに行かないと。
近くにいるだけでは相手DFも引き連れることになるので、田代にボールが入る直前に動き出し必要になる。
田代との距離と動き出し、もっと改善できる。

というか、いつまでかかってるのか。
田代のところは相手に勝てるポイントなので、そこを多用することは確率のいい方法であるはず。
のはずだけれど、試合の内容の悪さの要因はそこにあるような気がしてならない。

安達監督は昨シーズン終了してチームが解散するとき、選手にオフの間にドイツのドルトムントの試合を見るように言ったそうだ。
ドルトムントは攻守の切り替えが早く、ボールを奪ったら縦に速くボールを動かして、多人数で敵陣に流れ込むサッカー。
細かいところはフォーメーションや選手の特徴や技術が違うので同じようなことはできないにしても、攻守の切り替えの早さ、ゴールに迫る勢い、そのためのハードワーク、そういうスタイルでやろうとしてたのではないか。

勝ち点優先、昇格優先なのはわかる。
しかし、それはスタイル構築なくして可能なことなのか?

他の写真


ガイナマン来場


モーヴィ、タオル逆~


試合球はJリーグ 開幕20周年記念ボール「KOTOHOGI」を使用


ゲームキャプテンはポポ
ポポはスカパーの3月の月間ベストゴールとコカ・コーラ Jリーグ 月間MVPJリーグのW表彰がありました。


都倉には浮いたボールよりグランダーの方がいいんだけどなぁ


ヴィッセルからガイナーレにレンタル移籍中の廣田隆治。
廣田にやられそうな場面も。


相手のゴールキックのとき、エステバンが下がって最終ラインに5人並んでいた。どういった意図なのか。
もし岩波が競り負けたりして裏にボールが出たら、グァンソンだと追い付けないからだろうか?
実に興味深い。

さいごに

えっ!?
次節、岩波が出場停止でセンターバックはグァンソンとソンギ!?

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。