松本山雅の応援と神戸のゴール裏

松本山雅戦は久しぶりのホームのゴール裏。
山雅の応援に負けられないってのと、ひどい大敗した後だからってので、じっくりサッカー見る気分にはなれなかった。

キーパーのウォーミングアップの前、山雅サポーターの松本山雅コールが始まった。
すごい圧力。
言葉が物体になって飛び出してきそうなくらいの声量。

で、この後の神戸のゴール裏にがっかりした。

松本山雅コールが止んだ後、神戸のゴール裏からは拍手。
たしかにすごかったけども拍手はないでしょ、余裕ありすぎでしょ。
中心部から離れたところに陣取ったので、中心部にいる人らのリアクションは分からなかったけども、すぐにヴィッセル神戸コールで返してほししかった。
ホームなんだし、やられたらやり返さないと。

神戸のゴール裏がどうあるべきとかは深く考えていないし、ガンバや浦和が理想ではなく神戸らしい方向で進めばいいと思うけど、情けないというかちょっと驚いた。
山雅のサポーターが、遠いのにたくさん来たとか、点差がついたのに多くの人が跳び続けていたこととか、真ん中に固まって応援していたこととか、ブーイングしなかったことに対して、すごいと思った人は多いと思う。
そこまではいいとして、神戸にはマネできないとか無理とか自虐的なのは情けないことだと自覚しないといけない。

選手や監督やチームをJ1レベルじゃないとか言ってた人、自分のことJ1に相応しいサポーターだと言えますか?

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。