[2014-第2節]vs柏レイソル~連続ドローも見通しは明るい

せっかく柏が優勝候補らしくないミスを連発してくれているにもかからわず、神戸はことごとく運に恵まれず、なんとも歯がゆいドローとなった。
チームの状態はよくても結果が付いてこなければ、自分たちのプレー迷いが生まれやすくなる。
自分たちの自信が揺るがないよう、次は内容よりも結果が重要だ。

2014年3月8日 J1 第2節
ヴィッセル神戸 vs 柏レイソル
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: 神戸 △ ( 1 – 1) △ 柏


仕掛けの意識

川崎とは違い柏はプレスを激しく仕掛けてきた。
特に森岡にボールが入ったところを狙っていた。
これにより、神戸は開幕戦の川崎戦のようにきれいにパスがつながらず、細かいパスワークで中央突破するシーンは見られなかった。
しかし、攻勢だったのは神戸の方だった。
森岡からのパスが封じられたにもかかわらず、ドリブルで仕掛けることで決定機を作り出していった。
川崎戦でのパスワークは単なるパス回しではなく、コンビネーションを使った仕掛けるパスであり、とにかく今の神戸の攻撃は仕掛ける意識が高い。
神戸の攻撃の迫力はJリーグで随一だろう。
ただ、ゴールはなかなか決まってくれないのである。

阿吽

ペドロ・ジュニオールの抜けだしに、あうんの呼吸でシンプリシオがスルーパス一閃。
この日何度もシュートストップされた菅野を交わしてゴールに流し込んだ。

今さらながらシンプリシオがいるのは大きい。
てか、なんでJリーグにいるのかわからん。

微妙な判定

この試合は微妙な判定が2つあった。
両方とも試合の結果に著しく左右する大きな判定。

一つめは76分のシンプリシオの一発レッドによる退場。
2つめは87分のマルキーニョスがペナルティエリア内で倒されるもノーファールになった判定。

どちらも難しい判定で、主審によっては判定が違うのではないかと思う。
こういう判定はもっとメディアで取り上げてほしい。
判定が妥当か誤審かよりも、主審にはどう見えたのか、そこから下した判定にどう導かれたのか。
間違った判定だったならば、なぜそう見えてしまったのか。
メディアがやらなくても、Jリーグ自身がJリーグのサイトに掲載することはできる。
Jリーグには、観戦者に主審や判定の理解、強いてはサッカーの理解を深めてもらう機会だと考えてもらいたい。

シンプリシオの一発退場

シンプリシオの肘が大谷の顎に入って一発退場になった判定。
柏のクリアボールを岩波とレアンドロが競って、岩波がカットしたこぼれ球がボールがシンプリシオの位置に向かってくる。
そのボールに大谷もシンプリシオの背後から走り込んでくる。
シンプリシオはボールを受ける前に振り向いて大谷が来るのを確認する。
シンプリシオは大谷の背後からのチャージをブロックする意図で腕を水平に上げる。
シンプリシオの挙げた肘が走り込んできた大谷の顎にヒットする。

上に書いたことをそのまま解釈するとシンプリシオにはファールになる要素はなさそうである。
大谷が勝手にシンプリシオの肘に体当たりしただけに感じる。

主審は何を見ていたのか?

ファールでもなさそうなのに、なんでレッドカードになってしまったのか、主審は何を見ていたのかを考えてみる。

大きいのが、シンプリシオがボールに対してプレーしていないこと。

シンプリシオと大谷が接触したときに、ボールはシンプリシオの先で跳ねてシンプリシオの頭を越えている。
つまり、シンプリシオのいたポジションではボールを受けることができない。
ジャンプすればボールには触れるけど、わざわざそこでボールを待つのは不自然であり、シンプリシオの動きからはボールに触る意図は感じない。
これだけで印象が悪い。

大谷は走っている勢いから、ボールを受けるシンプリシオの背後からチャージしようとしているのでなく、シンプリシオの横を通りすぎて先にあるボールに向かっていると判断できる。
つまり、大谷はボールに対してプレーしている。
シンプリシオは、そのボールに対いてプレーしている大谷の進路上で、大谷が走って来ているのを目で確認した上で、大谷が通りすぎる直前に肘を顔の高さまで上げた。

要約すると、シンプリシオはボールにプレーせずに、大谷のプレーを邪魔しようとして、相手競技者の安全に危険を及ぼす方法で行った、となる。
とすると、退場という判定になる。

マルキーニョスが倒されるもノーファール

87分のマルキーニョスがペナルティエリア内で倒されたが、ファールにならなかった。
神戸は10人でなんとか守ってドローに持ち込むことを優先していたので、千載一遇の決定機だったし、PKになっていれば劣勢を跳ね返す勝利になっていた可能性が高い。

状況はこうだ。
松村が粘って粘って、マルキーニョスにスルーパス。
マルキーニョスはボールを受けてその場で反転し、ボールを前に出す。
マルキーニョスと相手DFの近藤がそのボールに向かう。
近藤は自分の体の側面をマルキーニョスの側面にぶつける。
近藤はぶつけた流れのままマルキーニョスの前に足を出し、ボールを蹴り出そうとするも、マルキーニョスとのコンタクトで重心は外側にありボールに触れず、外側に倒れる。
マルキーニョスは近藤の残り足につまづいたように前に倒れる。


※ボールは22番の頭に隠れている

近藤のチャージは正当で問題ない。
マルキーニョスはボールを一度タッチしたとはいえ、まだボールをコントロールできていない。
近藤の出した足がマルキーニョスに接触する前にボールに触れていれば、ボールに行ったプレーとして残り足でつまづいたとしてもノーファール。
近藤の出した足がボールに触れていない。
もしかしたら近藤はボールを蹴りにいったのではなく、マルキーニョスとボールの間に体を入れるために足を入れたのかもしれないが、結果的には体を入れられていない。
近藤の出した足にマルキーニョスがつまづいて倒れた。
マルキーニョスの倒れ方が若干わざとらしい。

個人的な見解は、近藤のトリッピングのファールでPK。
マルキーニョスはボールをコントロールできていないので、決定機阻止に当たらずレッドカードではない。
近藤には決定機に繋がるチャンスを潰したということでイエローカード。

ファールにならないってことは、マルキーニョスが意図的に近藤の足につまづいたと判断されたということか?
どう見ても近藤はボールに触れていないし。
しかし、意図的に近藤の足につまづいたんならシミュレーションなわけで、シミュレーションならマルキーニョスはイエローカードなわけで。

そうすると、マルキーニョスは近藤のチャージでバランスを崩して倒れたと判断されたということかな?

キッカー不在

開幕戦とこの試合の前半はチョン・ウヨンがコーナーキックのキッカーを務めていたが、先制点のコーナーキックのとき以外の精度はよくなかった。
この試合もウヨンのセットプレーのキック精度はいまいち。
そのためか、後半は森岡がコーナーキックを蹴るようになった。
とはいえ、森岡が十分にキッカーをやれるならウヨンではなく最初から蹴っていたはずで、十分ではないのだろう。

課題はコーナーキックのキッカーだ。
このままでは増川と岩波がいて、マルキーニョスもヘディングは強いのに活かせない。

直接ゴールが狙える位置でのフリーキックならば、マルキーニョスとペドロ・ジュニオールが蹴れるからいいんだけど。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。