[2014-第3節]vsFC東京~燃えたぎる今季初勝利

前半のデキの悪さと後半終盤の迷采配で非常にスリリングな試合でたぎらせていただきました。
勝てばいいのだ。

2014年3月15日 J1 第3節
ヴィッセル神戸 vs FC東京
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: 神戸 ○ ( 2 – 1 ) ●東京

格別な勝利

開幕2戦して、うまく守れているとは言えない。
この日もFC東京のシュートは20本、1失点で済んでいるのが不思議なくらいだ。

神戸の守備陣は体を張るしかできていない。
しかし、体を張れているから守れている。
試合終了の笛がなった直後、ディフェンス陣の喜びようが苦戦を物語っていた。

松村亮

前節、慶治朗が軽い肉離れになり、19歳の松村亮がリーグ戦初スタメン。
神戸の2ゴールは、どちらも松村のドリブルの仕掛けからだった。
昨年はドリブルで突っかけるだけの選手だったのが、バイタルエリアで粘って決定的なパスを出すこともできるようになっていて、外国人からも十分に信頼されている。

FC東京は4-1-2-3のフォーメーションだったため、中盤の脇にスペースがあって、松村がボールを受けやすく、前にドリブルすることができた。
試合中も松村に対するケアの修正もなかった。
マッチアップするサイドバックの徳永との力量差を計ってのことだと思われるが、松村の力量を見誤ったことがFC東京の敗因になった。

ひどすぎるビルドアップ

前半、神戸は最終ラインでボールを回せず、ボールを前に運ぶことに苦労する。
それは神戸のサイドバックが高いポジションをとっていて、センターバックとサイドバックの間に相手のウイングがパスコースを切りつつボールホルダーにプレスに来るために、パスの選択肢が制限された状態になっていた。
ヒデがセンターバックのラインの外に下がってボールホルダーのセンターバックをサポートするが、それではボールは前に運べないことに変わりなく、ロングボールを蹴るか、森岡がボランチの位置まで下がってくることになる。
前半の終わり頃にはベンチから指示があったのかヒデは下がらないようになるが、最初の状態に戻っただけで岩波のパスがカットされてピンチとなる。
ハーフタイムの指示で、サイドバックは上がらずにセンターバックと近い位置でボールを受けられるように修正したことで、相手フォワードのチェイシングを交わしてボールを運べるようになる。
前半のビルドアップはあまりにもひどかった。

お粗末な失点

この試合は両監督が試合中の戦術変更が目まぐるしく行われた。

FC東京の試合開始時のフォーメーションは4-1-2-3。
トップは中央のターゲットマンに、ワイドに開くウイング。
中盤は1ボランチと2人のインサイドハーフ。
このフォーメーションの狙いは、ウイングが高い位置でワイドに開き相手のディフェンダーとボランチを広げ、中にできたスペースをインサイドハーフが使うこと。

66分、2点差となったFC東京は、3トップのウイングの武藤を下げて米本を入れる。
フォーメーションを4-1-2-3から4-4-2に変わる。
2ボランチ中盤は米本と東がサイド、トップ下に三田が入る中盤ダイヤモンドになった。
2トップは距離をとって、ややワイド気味、エドゥーが増川ではなくサイドバックとマッチアップする機会が増える。

67分、神戸はフォーメーション変更の直後にお粗末な失点をする。
相手のフォーメーション変更云々より、ボランチの選手のイメージが強い米本が、どのようなポジションと役割で投入されたのか予測できなかったことの方が対応を難しくしたんじゃないかと思う。
米本が下がったときに橋本がついていったために中央に大きなスペースができ、トップ下の三田にバイタルでフリーでボールを受けさせてしまう。
開幕戦での1失点目と似た感じのやられ方。
4-4でブロックを作らないあまり無い守り方なので、スペースの埋め方が非常に難しい。
シンプリシオがいてもやられているので、この試合でのヒデと橋本がどうこうではない。
攻撃との裏表であるし、今年は点も取れるがかなり失点は増えることを覚悟しなければならない。

増川と岩波の高さ

相手は中盤をダイヤモンドにしているが、中盤のサイドは広くなく、1アンカー2インサイドハーフとトップ下で、相手守備を広げるのはサイドバックの選手が高いポジションを取ることで担う。
FC東京のフォーメーション変更の狙いは、中盤を3人から4人に増やして厚くすること。
サイドバックが高い位置まで上げるのでカウンターを受けたときのリスクは高い。

これに対して神戸は、普通の4-4-2で守備ブロックを4-4で並べて対応する。
4人並べると守備は格段に安定する。
FC東京は中央からの崩しを一旦諦めて、アーリークロスをエドゥーをに当てて、エドゥーの落としから押し込むことを狙う。
それも増川と岩波が跳ね返す。
この状況が10分続く。
FC東京は2枚目のカードを切る判断が遅かった。

勝利の方程式

残り15分となったところで安達監督はホワイトボードでフォーメーション変更を示す。

1トップ2シャドー3ボランチとする。
高柳とウヨンと橋本の3人をボランチで並べ、ペドロ・ジュニオールをトップ、森岡と松村がシャドーとなる。

はっきり言って、この策は失敗。
ここまで松村が下がって4-4だったブロックが松村が下がらなくなって4-3になってしまい、FC東京が中盤中央でボールを回せるようになる。
神戸は守備の人数が足りなくなってしまった。
安達監督の意図は、3バック気味にして相手のサイドバックの攻撃参加はサイドバックが付くということだったかもしれない。
それとも、もう1点取って試合を決めろ、ということだったか?
ここまではうまく相手にボールを持たしているようにも見えたが、ここからは最後までピンチの連続である。


いや、アンカーにすれば良いということじゃないんだ。
残り5分、ウヨンをアンカー、2ボランチ、田代と森岡のシャドーの中盤5人のポジションが示される。
相手は前掛かりに来ているのに4-3だと好き放題やられてしまう。

やっぱり、もう1点という狙いなのだろうか。

さいごに

水曜日にナビスコカップ初戦のガンバ大阪戦を挟んで、次節はアウェイで名古屋戦。
アウェイバスツアーの募集の締め切りは日曜日までだけど、3台目を目指しているということなので、月曜日以降も受け付けてもらえると思います。
3/23(日)vs.名古屋【ラジオ関西コラボツアー「~アウェイゴール裏を深紅に染めろ!~PAINT IT CRIMSON AWAY TOUR」】実施!

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。