[ナビスコ]ガンバ大阪vsヴィッセル神戸~初スタメン選手の低調なパフォーマンス

期待が大きかったが故に失意も大きい敗戦となった。
選手の低調なパフォーマンスに失望のため息が出る。

2014年3月19日 ナビスコカップ グループリーグ
ガンバ大阪 vs ヴィッセル神戸
(万博記念競技場)
スコア:ガンバ大阪 ○ ( 2 – 0 ) ● 神戸

相馬のキック精度の悪さ

相馬は今年のチームキャプテンであり、スタメンで計算している選手であるが、開幕から3戦は茂木が左サイドバックのスタメンで出場している。
安達監督のコメントから相馬がスタメンをはずれている理由は守備力とされていた。
その理由は建前で、実は相馬自身のコンディションの悪さがスタメン落ち本当の理由ではないだろうか。

相馬は1節と2節に途中出場している。
その試合でのキック精度に違和感があった。
特にサイドチェンジのパスがずれてそのままタッチを終わってしまったのは、らしくないを通り越している。
距離感を掴めていないようだ。
この試合でもクロスの精度はひどかった。

相馬の本来のキック精度の高さとは違い過ぎているので、単なる試合勘不足なのか不安である。

オーラのない田代有三

相馬以上に気になるのは田代有三。
田代はFC東京戦で前線でボールを収めるために投入されるも、ハイボールでさえ競り勝てなかった。
スタメン出場のこの試合では、パスが来ない、クロスの精度が悪いなど他の選手の問題もあったにせよ、存在が消えていた。

田代は開幕戦と2節の試合後のスタンドへの挨拶のとき、まったくオーラを感じず、とても不安に思っていた。
3節とこの試合を見る限り、低調なパフォーマンスの原因は、試合勘不足や連携不足が主ではないのではないかと思う。
深刻なスランプに陥っているのではないだろうか。
昨年後半もスランプだったとも言えるが、昨年とは次元が違うくらいのスランプに。

目先の1勝よりも重要なこと

相馬と田代を取り上げたが、北本、奥井も今シーズン初スタメンとなった。
初スタメン4人共が、本来の実力ではない低調なパフォーマンスを見せた。
試合後の選手のコメントからは、試合勘不足と連携不足が主な理由として挙げられている。

今年はイエローカードを多くもらうことになりそうで、出場停止が多くなる。
控えの選手が試合に出たときにチームのパフォーマンスが格段に落ちるようでは、リーグ戦で上の順位を狙うことも難しい。
長いシーズンを通してチーム全体が一定して高いパフォーマンスを得られるようにマネージメントする必要があるだろう。
それは目先の1勝よりも重要かもしれない。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。