[2014-第6節]vs大宮~当たり前の勝利

いかにこの試合での神戸の選手やスタイルが素晴らしいのかを語っても、おもしろい話しにはならないだろう。
すでに神戸が強いことなんて当たり前になってしまった。
当たり前に圧倒して、当たり前にゴールを奪って勝利した。

2014年4月6日 J1 第6節
大宮アルディージャ vs ヴィッセル神戸
(NACK5スタジアム大宮)
スコア:大宮 ● ( 0 – 3 ) ○ 神戸

懐かしいサッカー

大宮のサッカーはどこか懐かしい。
積極的に寄せてボールを奪いにきてハードワークで守っていたが、相手のパスワークに交わされて寄せが間に合っていない。
攻撃面でのハードワークはなく、上がりが遅く、味方のボールホルダーに対してサポートがない。
あれはいつの、どこのチームだったか。

前半21分、1点目、マルキーニョスが押し込む。
高橋峻希のミドルシュートを撃つ前の渡辺がクリアした瞬間にラインを上げていれば相馬とマルキーニョスをオフサイドにできていたのに。
相馬がシュートしたときマルキーニョスはオフサイドのポジションじゃない?
(訂正)オフサイドではないという指摘がありました。マルキーニョスより相馬の方がゴールラインに近いのでオフサイドラインは相手選手ではなく相馬の位置でした。なんか抜けてました。

前半45分、2点目、ペドロ・ジュニオールがドリブルで持ち込んで決める。
神戸陣地で大宮がファール。
シンプリシオがゆっくりというようなジェスチャーの後、すぐに前でフリーになっているペドロ・ジュニオールに出した。
大宮の選手はシンプリシオの演技力に油断して守備のポジションに戻るのが遅くなった。
ハードワークしていたので大宮の選手は消耗していたこともあっただろう。

後半20分、3点目、森岡のゴラッソ。
岩波がバイタルエリアでフリーとなっていたシンプリシオに縦パス。
前のペドロ・ジュニオールに当てて、森岡に落としてミドルシュート。
シンプリシオに縦パスをフリーで受けて、最終ラインは下がるしかない状況なのに中盤の選手は戻らないのか。
あんなに広いバイタルエリアはそうそうない。

そんな大宮視点で録画を見れば、神戸のサッカーがいかに変わったのかよくわかる。

大宮

大宮はまだチームができていない上にツキもなく、多くの難しい判断をしなくてはいけなかった。
ラドンチッチの不調なのはわかっていても使わないとコンディションは上がらない。
ズラタンは怪我を抱えていても休ませられない。
新戦力の増田のコンディションが十分でないしフィットしてできていない。
北野の負傷の状態を北野自身とトレーナーが判断を誤った。
キーパーの北野が負傷しなければ、もしくは交代させていれば2点目は防げたかもしれない。
そんな大宮と早く当たれたのはラッキーだった。

攻撃意識

3点差になったところで、相馬に替えて河本を投入。
そのまま左サイドへ。

守備固めの交代は行ったものの安達監督は点差関係なく、森岡も慶治朗もシンプリシオもいつも通りの攻撃を要求し続けた。
マルキーニョスとペドロ・ジュニオールを前に残して攻撃は2人に任せるで十分だと思う。
どんな状況でもゴールを奪う姿勢を通す安達監督の攻撃意識には感心する。
交代カードを両サイドバックとボランチで使い切ってしまっているのに、ゴールを要求される前の選手はたいへんだ。

ハイペース

今季初の無失点試合とはなったが、警告・退場のない試合はまだない。
この試合での神戸のイエローカードは3枚。
3つとも少し分かりにくい警告だったので検証。

前半終了間際の慶治朗のスライディングが「C1:反スポーツ的行為」でのイエローカードとなる。
慶治朗がいい位置でボールを受けるが、ショートパスをカットされる。
相手を追いかけて追いついて相手の右側からスライディング。
慶治朗の足はボールに向かっていたが、ボールに行く前に相手の右足を刈ってしまった。
意図的にチェンスの芽を摘んだ戦術的なファールとするのはファールの場所や神戸の守備のポジションからないと思う。
それならば無謀にファウルチャージに行ったという理由だろうか。
不用意ではあったけども、無謀というには厳しいように思う。
あのタイミングでスライディングに行く理由はなく、まったく無駄にイエローカードを受けてしまった。

後半21分にチョン・ウヨンがスライディングでイエローカード。
ルーズボールへのスライディングが相手の足元に深く入った。
ボールに行けていたし、ボールに触る瞬間、危険なプレーになると感じて伸ばした足をたたんでいたので、これは厳しいなぁと思っていた。
記録を見ると「C4: 繰り返しの違反」となっていたので納得。

終了間際の後半42分、岩波が「C5: 遅延行為」でイエローカード。
ハイボールに対しズラタンの前に入るも風の影響か目測を誤り競られず。
ボールにプレーせずに相手のプレーの邪魔をしたと取られてファール。
そのファールの笛がなった後にボールを蹴ってしまい、リスタートを遅らせる遅延行為とされた。
笛が鳴る瞬間、もしくは笛が鳴る直前には、すでにクリアのモーションに入っていた。
プレーを止めるのは難しいので、厳しい判定だと思う。
もったいない。
岩波は通算2枚目のイエローカード。

6試合終わった時点で、警告を2回受けているのはすでに5人。
高橋峻希、ペドロ・ジュニオール、チョン・ウヨン、マルキーニョス、岩波。
1回が慶治朗。
チーム合計で警告11回とかなりのハイペース。

大入り満員

この日の入場者は9870人。
しかし、ゴール裏のアウェイエリアに限れば大入り満員。

前日にチケット完売。
あいかわらず神戸のサポーターはぎりぎりまでチケットを買わないので、エリアを縮小されてしまった。
座席のある2階は2ブロック、立ち見の1階席にいたっては1ブロックと3分の1しかない。
しかも、1階席は1段に前後2人とかいう相撲のマス席のようなシステム。
ゴール裏の低いところで「試合を観る」ことはハナから期待していないが、平たいところに前後2人になって観ろ、というのは無理がある。
そんな勘定でチケットを売れば席が足らないのは当然。
前後になるのではなく、荷物は後ろに置き、混雑時の大阪の立ち飲みみたく体を斜めに向けて詰めるのがベターだったろう。
通路にも溢れていたが、もう少し入れたと思う。

アウェーマーチ

試合後のアウェーマーチでの一コマ。
松村とマルキーニョスがシンプリシオに前に出て踊るように催促。
結局、シンプリシオは前に出ることはなかったが、試合後は疲れてて怪我するかもしれないので踊らなくてよろしい。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。