vsセレッソ大阪~引き分けでよかった試合だったのか?

ヴィッセルのデキは悪かった。
それでも引き分けに持ち込めたことは良しとしよう。

なんてことはこれっぽっちも思わない。
引き分けでよかった試合だったのか?

予想以上にセレッソの選手ががんばった。
だからといって、勝って当然のボーナスゲーム、引き分けという結果は恥ずかしいと思え。

2014年4月26日 J1 第9節
ヴィッセル神戸 vs セレッソ大阪
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア : 神戸 △ ( 2 – 2 ) △ C大阪

なんとか引き分けに持ち込む

ヴィッセルはボールを握るものの、ペースを掴めない。
ミスが多かった。
特に前半はミスするはずがない何でも無いところでのミスが目立った。

セレッソのウイングバックのうち右の新井場は守備のとき3バックと並ぶのに対して、左の丸橋は攻撃参加のために最終ラインよりひとつ前に出ていた。
ヴィッセルは3バックの横の丸橋の裏が狙いのひとつだったが、そこまでボールをつなげられない。
とりかく崩すとか崩せないとか言えるレベルではない。

ハーフタイムにミスをなくすよう指示があって後半でのミスは減った。
それはミスを恐れてかショートパスつないだり縦パスを通すような攻めをしなくなったからで、なお悪い。

試合後のコメントには「質を上げなければ」と言う選手が多かったが、ミスの原因は単純に質が悪いということではないのではないか?
いつもできていることができなくなったのは何か原因があるはず。
単純に質が悪いということで済ませてはいけない。

過密日程

この試合を向かえるにあたって、セレッソが有利なこと一つもなかった。
タフなACLからの中2日で体は重い。
リーグ戦の内容は悪く、攻撃も守備も課題が山積み。
理想と現実を天秤にかけながら過密日程を戦っている。

試合前の予想通り、セレッソは体力の消耗を抑えるために引いてカウンター狙いの戦術をとった。
それに加えてACL同様に3バックにして守備の人数を増やすことで、体の重さによる出足の遅れをカバーしようとした。

予想していた通り、ヴィッセルがボールを握り、セレッソが守る展開が長く続くが、多くのチャンスを作ったのはセレッソだった。
セレッソの選手は体が重そうには見えないくらい動けていて、勝利に対して貪欲だった。

敵地でこれだけスタンドが埋まって応援されていれば、がんばれないはずがない。

世界がノエスタにやってきた

超満員のノエビアスタジアムは深紅とピンクに2分された、わけではない。
両方のグッズを身にまとっていない人、つまりどちらのサポーターでもない人が目立った。
目当てはなんか世界ですごい選手らしいディエゴ・フォルラン。

フォルランの特徴は特長がないこと。
すべてのプレーのレベルが高く、何でもできる。
周りを活かしつつ、最後は周りに活かされてゴールを決めるイメージ。
近くに味方の選手がいてこそ、フォルランの良さが際立つ。

セレッソはACLの過密日程での疲労を考慮し、フォルランを前に残して引いて守る戦術を取らざる得なかった。
これではフォルランの良さはなかなか出せない。
それでもプレーの正確性と駆け引きやランニングのギアチェンジの速さなど「本物」を見せられた。
2点目はDFがアプローチする間を許してもらえないほど計算された無駄のないボールコントロールでゴール。
周りが活かせてなくても、これだけできてしまうのだから、これからが楽しみだ。

裏狙い

ペースを掴めなかったものの、1点リードで折り返す。
ウヨンが絶妙なフィードから裏に抜け出したペドロ・ジュニオールがキーパーを交わしてゴール。

この試合ではロングフィードで前線の選手を走らせて裏を狙うプレーが多かった。
昨シーズンはこればっかりだったが、今シーズンはほとんどなかった。
セレッソが守備を固めてくることを予想しての策だろう。
ペドロ・ジュニオールのゴール、序盤の慶治朗の決定機、マルキーニョスがコーナーキックを取るなど効果的だった。

そのためか、後半は遅攻になったとき、前線の4人が相手の最終ラインに張り付いて裏を狙うことしかしなくなってしまった。
後半のセレッソは前に出てきたので、前半に比べればチャンスを作りやすく、ボールを動かせば相手をもっと早く疲弊させられたはずだった。

1点リードでの折り返し

監督はハーフタイムに時間をかけて指示や策を選手に授ける。
負けている方はやりかたを変えてくる。
勝っている方は変えにくい。
ハーフタイムを境に優劣が変わって逆転するケースは多い。
特にリードしている側のデキが悪い場合は顕著。

この試合もそうなった。
セレッソが前に出てくることは予想していただろうが、ボランチのところでボールが収まらなくなり逆転を許す。
鹿島戦では感じなかったが、シンプリシオの不在は大きい。

微妙なハンドの判定

フォルランの2発であっさり逆転されてしまうが、ハンドによるPKを獲得して同点に追いつく。
このハンドの判定は微妙だった。

フリーキック崩れからペドロ・ジュニオールがクロスを入れる。
増川が頭で落としたボールが染谷の腕に当たる。
染谷がこぼれたボールをゴールラインの外に蹴り出す。
主審はハンドがあったとしてPKを宣告。
増川が頭に落としたとき慶治朗はオフサイドポジションにいてこぼれ球に反応したため副審はオフサイドとして旗を上げていた。
主審と副審の協議の後、主審が改めてペナルティスポットを指さした。

オフサイドだったとしても腕に当たった方が先なので、そこは議論にならない。

「競技規則の解釈と審判員のためのガイドライン」の「ボールを手または腕で扱う」より

競技者が手または腕を用いて意図的にボールに触れる行為はボールを手で扱う反則である。主審は、この反則を見極めるとき、次のことを考慮しなければならない。
・ボールが手や腕の方向に動いているのではなく、手や腕がボールの方向に動く。
・相手競技者とボールの距離(予期していないボール)。
・手または腕が不必要な位置にある場合は、反則である。
・手に持った衣服やすね当てなどでボールに触れることは、反則とみなされる。
・サッカーシューズやすね当てなどを投げてボールにぶつけることは、反則とみなされる

まず一つめ、増川がボールを落とした後に染谷は腕を動かしていない。体はクロスの対応で動いているが増川がボールを落としたボールに向かってはいない。
2つめ、増川との距離は近い。
3つめ、手を広げたりせず腕を体につけていて、腕が不必要な場所にあるとは言えない。
4つめと5つめには該当しない。

微妙だ、微妙すぎる。
腕の位置が不必要どころか、密集した中でボールが手に当たる危険性を十分に配慮して腕を体につけていた。
2つめの増川との距離が十分で腕に当たらないようにできたはず、とするかしないかだと思う。
ハンドの判定が厳格なJリーグの基準から、ハンドを取らない主審の方が多いのではないか。

さいごに

なんとか引き分けたことで、ミスが多く悪い内容だったことがうやむやにならないか心配だ。
ハンドの件は、序盤の慶治朗の突破を腕を掴んで止めた染谷のファールでPKとなるところを見逃したので、往って来いですな。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。