vsアルビレックス新潟~鬼門は続く

安達監督は中2日での戦いの難しさを痛感しているだろう。
誰が足をつってもおかしくないため交代カードをギリギリまで残しておく必要があった。
結果、交代の遅れが致命的なミスとなった。

2014年4月29日 J1 第10節
アルビレックス新潟 vs ヴィッセル神戸
(デンカビッグスワンスタジアム)
スコア: 新潟 △ ( 1 – 1 ) △ 神戸

こぼれ落ちる

采配ミスで勝ち点3が1になってしまった。
5バックで逃げ切りを図るも、後半45分に同点に追いつかれる。

新潟は中にハイボールを入れてこないので、跳ね返すためのセンターバックを3人並べるより、他で人数を使った方がバランスが良い。
足が止まっていたサイドバックの奥井と高橋峻希の2人を茂木と河本に替える方が有効だった。

奥井と高橋峻希以外にマルキーニョスも森岡もみんな足が止まっていた。
交代カードは3枚しかない。
ターンオーバーできる控えがいないことが響いている。
次の広島戦は中3日、仙台戦は中2日。
次の広島戦、負けられないがターンオーバーする覚悟と割り切りも必要だろう。

失点シーン

新潟は高橋峻希の裏のスペースに流れた川又にロングフィード、それを河本が跳ね返す。
そのセカンドボールは新潟に収まり、ボールは中盤の中央でフリーのレオ・シルバへ。
そこから逆サイドでフリーのキム・ジンスにパスが出て、クロスから押し込まれる。
いや、押し込まれてはないな。
なんというか、とにかくゴールを決められる。

奥井のクロスの対応

クロスを蹴る相手への対応は原則としては間合いを詰める。
間合いを詰めるほどクロスを入れにくくなる。

しかし、相手が今にもクロスを蹴られる状態であるならば、正面から飛び込むのは危険。
こちらが動いている方が相手は交わしやすい。
交わされたらフリーで精度の良いクロスを入れられてしまう。
そういう場合はグラウンダーのクロスをコースを消して、浮かしたクロスを蹴られたら中の味方選手がうまく対応するように祈る。

なので、同点にされた場面、クロスを蹴るキム・ジンスとの距離を詰めるのをやめた奥井の対応は間違いではない。
あのタイミングならば、止まってコースを消す方を優先しなければならない。

失点した場面の問題点

失点した場面で、レオ・シルバがフリーでボールを持ったとき、田中亜人夢に付いていた。
そのために右サイドのキム・ジンスにパスが出たときに距離があって詰められなかった。
それと奥井の距離を詰めるスピードが遅かった。
奥井のスピードが遅かったのは疲労だろう。
ここは奥井の交代が遅れたベンチワークの責任。

奥井のポジションがキム・ジンスから遠く、詰められなかったのは5バックでの守り方の問題。

(追記)
相手がクロスを蹴れる状態になったのでそれ以上詰めるのを止めたのは正解。
「その前にもっと詰めれなかったのは」奥井の疲労と守備陣の守り方の問題。
もともと奥井の足がサイドバックにしては遅いってのもあるけど。

安達式5バック

神戸は1点リードで向かえた後半39分に河本を投入して5バックにする。

5バックの優位なところは幅を広く守れるところ。
しかし、安達式5バックはこのメリットを活かさない。
安達式5バックは4バックの幅を5人で守り、4バックのように守る。
通常の5バックとは守り方が違う。

5バックなのにスライド

通常の5バックならば幅を広く守るのだが、安達式の守り方は4バックと同じ。

ボールサイドに全体的にスライドして守っていた。
河本がサイドに引っ張られたとき、増川と岩波と奥井も横にスライドする。
なぜ疲労しているこの時間に、って思うほどめちゃめちゃ幅を狭くしていた。
で、逆サイドに振られて、フリーでクロスを入れられた。

相手がサイドを起点にしようとしているのはわかっていたはず。
普通の5バックのように幅を使って守っていれば逆サイドに振られても寄せが遅れることはなかった。

さいごに

多くの客を見込めるゴールデンウィークに1試合でも多く開催したいのはわかるが、観客はこんな試合を見せられて喜ぶのだろうか?
今日、4試合見たがどれも楽しめる時間は少なかった。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。