vsヴァンフォーレ甲府~クソみたいな試合

仙台戦の逆転負けのショックは甲府戦での勝利への気合に変わるものと思っていた。
まさか、消極的な方向に影響するとは・・・。
本当に勝ててよかった。

2014年5月10日 J1第13節
ヴィッセル神戸 vs ヴァンフォーレ甲府
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: 神戸 ○ ( 1 – 0 ) ● 甲府

クソみたいな試合

珍しく怒ってる。
単に内容が悪いとか試合がおもしろくないとかで怒ったりしない。

怒ってるのは、

流れを変えられない!
単調な攻めの繰り返し!
前半終了後にブーイングが起こるような不様な内容だったのに、後半少しも変わらなかったこと。

特に3つめ。

(訂正)
前半終了間際、前半終了直後のブーイングは、森岡が接触プレーで倒れていたのにプレーを止めなかった甲府とレフリーに対するものでした。

運動量不足

前半序盤は神戸ペース、引いて守る甲府を圧倒し、9分には先制点を取った。
しかし、決定機は先制点のシーンのみ。

ボールがよく回り、ポゼッションは圧倒はしていたが、相手に脅威を感じさせていたかは怪しい。
皆、パスを足元で受けたがり、突破するパワーに欠けた。
仙台戦では相手のブロックの間に入って受けようとする動きがいくつも見られたが、この試合ではあまりなかった。
相手に脅威を感じさせる攻めはペドロ・ジュニオールのドリブルくらいだった。

内容が悪かったことの要因はいくつかあるが、ほとんどが連戦の疲れによる体の重さによる運動量不足。
プレスがハマらなかったにも同じ。

神戸は連戦の間に勝てそうで勝てない試合ばかりだったため、精神的な疲労も大きかった。
さらに甲府にサイドチェンジを繰り返され疲れさせられた。
運動量不足を責める気にはならない。
甲府は戦い方もボールを動かす技術も良かった。

リードしているのにブーイング

だからといって、後半の立ち上がりは気持ちを見せてほしかった。
前半終了時、リードしているのにブーイングが起こるのは余程のこと。

それなのに後半始まって変わったようには見えなかった。
ハーフタイムの指示は具体的なものはなかった。
やり方が整理されて鋭さを増した甲府とは対照的。
仙台戦のショックを引きずって消極的になったのなら非常に残念なこと。

頑固なゲームメーカー

ヴィッセルスマイルで橋本が説明していたように、神戸のシュートが少ないのは、ゴールの確実性の高い攻撃を選択しているから。
技術のある選手が揃っていて敵陣でもパスをつなげられる、決定機で確実に決められるアタッカーがいる。
シュート数は少なくても、スルーパスはロングフィードやクロスよりのゴールをたくさん生み出せる。

それは安達監督の意図するところなのだろうか?

相手の守備を崩すのは昨年から取り組んでいる課題。
しかし、中央で短いパスをつなぐことにはこだわってはいない。
試合中の指示はサイドを使え、サイドをえぐれといったものばかりだ。

森岡のように中央突破やスルーパスばかりでは、相手は読みやすい。
相手に考えながらプレーさせないと相手はかんたんにミスをしない。
相手のミスなしできれいに崩すなんてそうそうできるもんじゃない。
特に相手は神戸対策で中を固めているのだ。

サイド攻撃やミドルシュートはどうせうまくいかない。
しかし、失敗しても意味はあるのだ。
サイドは中央よりアタッキングサードにボールを運びやすい。
自陣のゴールから遠ざかるのでカウンターのリスクは小さくなる。
中央よりサイドはボールを奪われても奪い返しやすい。

クロスやミドルシュートがあると相手は考える。
確率は低いと相手も思っていても、おろそかにはできない。
その相手の「もしや」という心理は流れを変える。

森岡がピッチにいるから、周りは森岡にボールを預け、頑固に中にこだわる森岡のやりたいサッカーになる。
ナビスコカップでは森岡がスタメンをはずれる試合があるはず。
そこでこれからのヒントが得られるのではないかと思う。

大屋翼

前節からスタメンが3人入れ替わった。
3人ともフレッシュだったため、他の選手に比べたら足が動いていた。
できれば3人とも最後までピッチに立っていてもらいたかったが、河本は頭を負傷し、翼は公式戦で長い時間プレーしたのは今シーズン初めてだったので仕方ない。

期待以上だったのが大屋翼。
周りがよく見えて、タメも作れて、縦パスを出せて、相手の間に入ってパスを引き出す動きもしていた。
元々、ポゼッション志向で足元の技術もあって、これくらいはできる力はある。
ただし、相手のプレスが厳しくなければ、である。
相手に強く寄せられたときに慌ててミスをするのが、これまでの大屋翼。
評価は清水戦に持ち越し。

さいごに

2枚替えで4-4-2にしたのは良い判断だった。
良い発見にもなったと思う。
森岡のボランチよりずっといい。
終盤4-4-2をにするためのベンチメンバーの再考が必要。
2列目の選手をもう1人入れておかないと。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。