vs柏レイソル~安達監督がやるべき2つのこと

凡プレーが失点につながってしまう。
サッカーとはそういうものだが、それは防げることだ。

2014年8月16日 J1 第20節
柏レイソル vs ヴィッセル神戸
(日立柏サッカー場)
スコア:柏 ○ ( 2 – 0 ) ● 神戸

単調な柏の攻撃

神戸の守備は選手間の距離が遠く寄せが遅いことはいつも通りだったが、危ない場面をほとんど作らせなかった。
神戸から見た右サイドの奥井、シンプリシオ、ペドロ・ジュニオールが攻撃のときに高い位置にいるので、カウンターではここが狙われる。
神戸にとっては右サイドをえぐられてクロスを入れられることは想定していた、というか逆に狙いだったのかもしれない。
中の対応が奥井になるより左サイドバックに入った橋本が中の対応をする方が個の勝負でやられる可能性は低い。
柏の攻撃は1トップのレアンドロ、2シャドーの工藤と高山、それと片側のウイングバックの4人だけ。
サイドをえぐってクロスを入れるだけで攻撃に厚みはなく、試合を通してやられたと思う場面はなかった。

もったいない2失点

柏の攻撃が単調で守りやすかっただけに失点した場面はもったいなかった。

30分の1失点目は1トップのレアンドロが後ろを向いてボールを受け、河本を背負いながら反転してシュートを撃たれた。
枠を意識して狙いすました割には当たり損ねのシュートだったが、運悪くキーパーの山本海人の脇の下を通る絶妙なコースに飛ぶ。

2失点目は前半のアディショナルタイムでのコーナーキック。
柏の新加入選手のエドゥアルドが頭で押し込んだ。
チョン・ウヨンの凡プレーだった。
ウヨンは近くに相手がいないと判断したのか、ボールの軌道を見誤ったのかジャンプせずに待って対応しようとした。
ボールに対して早くアクションを起こしていれば相手よりも早くボールを触れる位置にいた。
これではゾーンで守っている意味がない。
油断というしか他にない。

何かおかしい山本海人

1失点目の場面、シュートコースがよかったため止めるのは難しい。
止められなかったことは仕方ないと思うけども、止められないことはないという見方も間違っていない。

どうも山本海人がおかしい。
前節に続いてキックの精度が悪い。
失点した場面は、ゴールキックのボールは距離不足で神戸の選手がいないところに行ってしまう。
かんたんに相手に渡って、すぐさまフリーでクロスを入れられてしまった。
他にもそのままラインを割ったりすることが何回かあった。

急にキックが下手になるなんてことはなく、何かしら原因はあるはずだ。
コンディション面を疑う。
そうであるならば、1失点目のシュートの反応が遅かったのも、体にキレがないためではないだろうか。

このパフォーマンスではベンチに座る徳重は納得できないだろう。

残念な奥井の離脱

奥井が後半30分に太ももの裏を痛めて負傷交代となる。
これを境にして神戸がサイドを使えなくなり相手は守りやすくなった。
奥井が攻撃に果たしていた役割は大きかった。

おそらく肉離れであろうから、試合の復帰には1ヶ月から2ヶ月を要する。
心身ともに状態が良かったのだろうから残念な離脱である。

次節、相馬が復帰できそうなので、本職のサイドバックの全滅は避けられそう。
この試合で左サイドバックに入った橋本は見事だったが、対戦相手の仙台はクロスを多用するチームなので、北本の方が良いのではないだろうか。

攻撃と守備は表裏一体

前半は2列目のペドロ・ジュニオールと杉浦が内に絞って高い位置を取った。
相手のセンターバック3枚に対して、この2人とマルキーニョスの3人をぶつける様相となる。
柏のセンターバックはマンマークの意識が強いので釣り出してギャップを作れていた。
裏を取るための手段として良かったと見ている。
2点差になって攻めるしかない後半はチャンスを何回も作るが、やり方を変えてサイドに開いたことよりも運動量とスピードを上げたことによるところが大きい。
後半も前半と同じ戦術をベースに運動量を上げつつ、シンプリシオを前目に配置すればすれば裏を取って決定機が生まれたのではないかと思う。
ホームでの浦和戦の後半のように。

ギアを上げた後半のシュート数は多かったが決定機はなく、枠内に飛んだシュートもほとんどなかった。
夏場でこれ以上プレーの質を求めても上積みはわずかだろう。
攻撃と守備が分断していることを改善する方が先だ。
どこでボールを奪って攻撃を始めるのか、ということがあいまいになっていないだろうか。
柏のように守備意識の高いチームから点を取るにはブロックが構築される前に仕掛けないと難しい。
もし、失点が少なくできているから守備は良いと考えているのならば、ゴールが奪えないのはある程度目をつぶらないといけない。

さいごに

まず安達監督がやるべきことは2つ。
パフォーマンスが落ちている選手をはずすことと90分間集中を切らさないことを徹底させること。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。