vsガンバ大阪(ナビスコカップ準々決勝)~勝っておきたかった

やったぞ!
宇佐美に1点しか獲せなかったぞ!

2014年9月3日 ナビスコカップ準々決勝 ファーストレグ
ヴィッセル神戸 vs ガンバ大阪
(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)
スコア : 神戸 △ ( 1 -1 ) △ G大阪


ファーストレグ

試合後の感想は「勝っておきたかった」。
「勝ちたかった」ではないところが、いつものリーグ戦とは異なる。
トーナメントでのホーム&アウェイ方式のファーストレグの試合は前半の45分間のようなもので、中3日のハーフタイムを挟んで後半のセカンドレグの試合がある。

ガンバが効いていたパトリオットや運動量は落ちていても怖さのある宇佐美の2人を早めに下げたのはセカンドレグを考慮してのもの。
また、勝ち越しゴールを狙うより1失点で試合を終わらせること優先する意図もあった。
采配もリーグ戦とは異なる。

そういうリーグ戦と異なるところが、おもしろいところでもあり、逆におもしろくないところでもある。

宇佐美 貴史

ガンバの宇佐美は神戸戦で5試合連続でゴールを挙げていた。
そして、この試合でもゴールを決められた。
宇佐美だけは誰か常に見とけ。
ゴールにはならなかったけど、ハーフウェイラインあたりからのドリブルを誰も止められずシュートまで行かしてしまうし。
本当になんで日本代表に呼んでくれなかったのか。



お口直しに有三を置いておきます。

さいごに

慶治朗はひざの痛みから試合に復帰。
次は頭から行けるだろう。

夏場ゴールを決められなかったマルキーニョスが久々にゴールを決めた。
しかもトラップせずに難しい体勢でシュートを決めたあたり、これから期待できる。

そして、何よりも田代有三の高さの強さが蘇った。

次のセカンドレグだけでなく、リーグ戦で上位争いするだけの体勢ができてきた。


(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。