vsFC東京~ようやくサイド攻撃が形になる

評価が難しい試合。

2014年9月13日 J1第23節
FC東京 vs ヴィッセル神戸
(味の素スタジアム)
スコア: F東京 △ ( 1 – 1 ) △ 神戸

力不足

神戸はFC東京をよく分析できていた。
トップの選手に出すコースやタイミングを読めていて、前半はFC東京にチャンスさえ与えなかった。
FC東京は失点の少ないチームであるが終盤の失点は比較的多い。
そこでペドロ・ジュニオールを切り札として温存した。
読み通りFC東京は前半を守備的に進め、同点のまま終盤勝負となった。

神戸は思うような攻撃ができ、FC東京には十分なパフォーマンスをさせなかったことを思うと、勝ち試合にできなかったのは痛い。

崩すイメージの共有

この試合の神戸は攻撃の形ができていた。
逆サイドの大きなスペースを使うボール運び、田代とマルキーニョスの関係、縦パスを受けるための前の選手が動き。
攻めのバリエーションがあって、選手全員が連動して攻められていた。

ここまで持って来るのに時間がかかりすぎた感もあるが、サイド攻撃の有効性を体現できたことは今後の試合の結果につながるはずだ。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。