vs名古屋~意地のダブルを食らう

アウェイでの名古屋戦もそうであったように、名古屋のスカウティングがはまった。
そりゃ、名古屋のスカウティング担当は神戸には意地でも負けられない。

2014年10月5日 J1 第27節
ヴィッセル神戸 vs 名古屋グランパス
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: 神戸 ● ( 1 – 3 ) ○ 名古屋

1ヶ月半振りのノエスタ開催

8月23日の仙台戦以来のホームスタジアムでの開催。

その間にヴィッセル・ローソンが開店。
角のセブンイレブンも海岸線地域後援会でクラブを支援しているので、そちらも合わせて利用しましょう。

キックオフ2時間半前、入場の待機列以外に至る所に列ができていました。
台風が接近しているので当然、屋根は閉まってます。
でも風は強いものの雨が振る気配は感じません。

クロスからのゴール

前半11分、相馬のクロスからマルキーニョスのヘディングで先制。
森岡、枝村、相馬、すべてワンタッチパス。

良かったのはここまで。
名古屋はボールを持った森岡に対しての寄せが早くて徹底していた。
それにも関わらず森岡の球離れが悪かったのでパスが回らず、リズムを掴むことができなかった。
森岡への寄せは強かったが複数人で囲むわけではなく、すべて1対1。
だから森岡は意地になって勝負したのかもしれない。
森岡を下げたのは正解だったが遅すぎた。

名古屋サポーター向け

最後はパワープレーで増川が上がり、闘莉王とのマッチアップが見られた。
これ以降は名古屋サポーター向け。




(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。