甲府vs神戸~進歩なき敗戦

中を固められた相手を崩すための引き出しの無さが露呈した敗戦のように見えるが、それだけであろうか。
攻撃パターンを増やす、崩しのアイデアの共有する、そういうことだけで良くなるような気がしない。

縦パス、戻す

甲府が引いて、神戸がボールを持つ試合になることは予想できていた。
3バックではなく前の選手を1人増やしてスタートする。

相手守備ブロックの狭い隙間に縦パスを入れる。
パスコースがない。
ボールを戻す。

サイドの選手にボールを出す。
前をふさがれる。
ボールを戻す。

崩さなければ

試合前も、試合中も、相手に引かれることをネガティブに捉えすぎたのではないか。
「きれいに崩さなければ」という意識というか観念は、「失敗してはいけない」となる。
ボールを持った選手が無難な選択をするのは、こういう心理があるのかもしれない。

サッカーは90分間の心理戦

中を固められて負けるのは昨年からの課題。
まだまだ時間が足りないのだろうか。
練習を積み重ねていけば月日が解決してくれる問題なのだろうか。

昨年から同じパターンで負けるのは進歩がなさすぎる。
縦パスや幅を使って守備ブロックを動かしてほころびを作るとか、ロングボールを使うとか、戦術的なことをやろうとしているのはわかる。
でも、いつまでたってもうまくやれない。

なんか、神戸の攻撃は行き当たりばったりのように見える。
サッカーには1試合を通じた心理戦の要素もあると思うのだけど。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。