ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズ~鬼門のホーム

鹿島に歯が立たなかった。
鹿島との大きな差となったのは、皮肉にも神戸のホームスタジアムの荒れたピッチの対応力。
芝生が張り替えられていない、バイタルエリアと中盤はもはや砂場。
神戸はピッチ状態に対する対策、意識統一が甘かった。
非公開練習でノエスタでピッチ状態を確認していたのにも関わらず。

2015年10月3日 Jリーグ 2ndステージ 第13節
ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ
スコア:●神戸 ( 0 – 2 ) 鹿島○
(ノエビアスタジアム神戸)

鬼門のホーム

リーグ戦とナビスコカップの準決勝の対鹿島3連戦、2戦目はユニバー。
ユニバーならば神戸がやりたいことをある程度は出せるはずで、違う試合になるだろう。
この試合での惨敗により、鹿島に対して「挑戦者」の意識をもって試合に入れるのも良い方向に働くだろう。

だからいい、ということはない。
選手は必死でがんばっているのは見ていて感じる。
個々が闇雲にがんばっているだけで戦術が機能していない。
この試合に限ってはネルシーニョ監督の見立てが悪く、最後まで修正できかかった。
ネルシーニョ監督は荒れたピッチを相手も条件は同じ、気持ちの問題とか言って、ピッチ状態を甘く考えていたのではないだろうか。

後半から北本からヒデに替え、中盤の中央を逆三角形にしたものの、鹿島がバイタルエリアを使いやすくなり押し込まれる展開を招いた。
神戸の選手はパスを足元で欲しがるが、ピッチが荒れているときはトラップもパスも精度の高いプレーはできない。
どうせ精度が悪くなるならば割り切って中盤を省略し、プレッシャーの少ないセンターバックから前線に蹴った方が確率が良さそうなもんだ。
次のホームの山形戦では、ノエスタで戦える術を選手に授けていただきたい。

同級生

これまでセンターバックだったブエノが右サイドバックで出場。
本職の奥井ではなくブエノを選択したのはセットプレー対策だろうが、スピードがあり、思い切りの良さがあるのでセンターバックより向いているかもしれない。
というか戦術理解度が低いのでサイドバックに置いているよりサイドの方がまだ危うくない。

ブエノは鹿島のカイオとの同級生対決となった。
千葉国際高校のサッカー留学の同級生。

徳重健太


山本海人が名古屋戦で闘莉王と接触し負傷。
キーパーは今シーズン公式戦初出場となる徳重健太。
練習試合をほとんどしていないので試合形式は紅白戦くらいで試合勘が心配されていた。
結果的に好セーブもあり試合を見ている限りは何の問題はなかった。

キーパーユニに続いてKAWASAKI DAYのバイクも青に。

さいごに

とうとう残留争いに浸かってしまった。
16位の松本山雅との勝ち点差は5。
今のノエスタのピッチは、つなぐチームより走るチームの方が有利で、J1の18チームでいちばん走らない今の神戸には合っていない。
残りのホームの相手は山形と松本の走るチーム。
ホームでは厳しいので、次のアウェイのマリノス戦は引き分けでもいいので勝ち点を上積みしたい。








(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。