ヴィッセル神戸vsモンテディオ山形~神戸らしさで残留

負傷者続出でリーグ戦5連敗のチーム状況が嘘であるかのように、山形を下してあっけなく残留決定。
J2降格の可能性がなくなった安堵感と2ヶ月ぶりのノエスタでの勝利に酔しれた。

2015年10月24日 J1 2ndステージ第15節
ヴィッセル神戸 vs モンテディオ山形
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: ○ 神戸 ( 3 – 1 ) 山形 ●

自然体

神戸と山形の両ゴール裏の熱さに比べ、15位はまだ慌てるような順位ではないのかピッチ上の選手は冷静だった。
残留争いらしく球際の激しいゴツゴツした試合になると思っていたのでちょっと拍子抜け。
結果的には相手の力不足が感じられる試合となったので、神戸の選手が自然体で試合に臨んだのは良い選択だったのだろう。

残留争いのヒリヒリするような緊迫感のある試合もそれはそれで悪くはないが、ゴールがたくさん入って勝つサッカーはシンプルに楽しい。
それにしても残留争いの大事な局面で北本とヒデと徳重という神戸らしい選手の活躍することは感慨深い。



ハットトリック

渡邉千真がハットトリック。
今年、カズマがいてくれて本当によかった。
シュート技術の高さはまねできるものかは分からないが、若いアタッカーは手本としてもらいたい。


脱スルーパス

1点目はウヨンが相手5バックの狭い隙間を切り裂くスルーパス、2点目も石津のスルーパス。
専売特許が奪われたようになった森岡だが、懲罰交代となった名古屋戦の後、森岡の役割が変わったように思える。

ウヨンが代表に招集されて不在だったナビスコカップの準決勝は別にして、森岡をボランチでの起用をやめた。
2列目に入ったときでも森岡はどこにいてもボールを受けられる位置にポジションを探して動いていたのが、あまり下がってボールをもらわなくなり、スプリントが増えシュートの意識が高くなった。
また、他の選手はとりあえず森岡にボールを集める感じだったのが、ビルドアップで森岡を頼らなくなった。

レアンドロが復帰しても森岡の起用方法は変わらないのか、それともまたブレて積み上げができないのか。



さいごに

なんか一区切りついた感があるけど、まだ10月なんだよなー。
今年の日程、感覚狂うわ。




(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。