ヴィッセル神戸vs松本山雅FC~勝つことの大切さ

2015年11月7日 2ndステージ 第16節
ヴィッセル神戸 vs 松本山雅FC
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: ○ 神戸 ( 2 – 1 ) 松本 ●

勝つことの大切さ

終盤、森岡とペドロ・ジュニオールのゴールで逆転勝利。

勝っても負けても賞金圏内の7位以上も降格圏の16位以下の可能性もない消化試合。
また、お互いに決定機でシュートをはずしまくるお粗末な試合。
J2だった2013年と同じように相手を舐めてかかった緩い守備でシュートを撃たれまくられた。
消化試合であれ、プレーの質がどうれあれ、勝つことに意味がある。

今シーズンは勝つことの難しさ、大切さ、意義、価値を感じさせられた。
ホームで勝てない苦しみ、可能性をつなげるためのトーナメント戦の勝利、負けて道を閉ざされる悔しさ。
何より選手とサポーターが勝利の喜びを分かち合うことの尊さ。

来シーズンは今年の分もたくさん勝とう。
トーナメントの試合はすべて勝とう。








写真編は火曜日か水曜日あたりにアップします。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。