[天皇杯]ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス~10番の仕事

10番、森岡亮太の一閃で天皇杯ベスト8進出。

2015年11月15日 天皇杯4回戦
ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: ○神戸 ( 1 – 0 ) 横浜FM●

10番が試合を決める

神戸のシュートを散々ブロックしてきた中澤佑二を交わして振り抜いた一閃はサイドネットに突き刺った。

神戸はダイナミックでスピーディーなスタイルになりつつある。
そこにクラシカルな10番のポジションはない。
王様のプレイスタイルから脱却した神戸の10番が試合を決めた。

ネルシーニョ・マジック

前半開始15分のマリノスラッシュをしのぎきるも、神戸は攻めが単発で押し込めない。
神戸は珍しく4-4-2でスタートしていてサイドを使った攻めを狙っていたが、攻撃のスイッチが入らるのが遅くサイドバックが上がれなかった。
そのため攻撃が前の4枚での中央突破になり厚みを出せないでいた。

こういうとき、たいていの監督ならばサイドバックにもっと積極的に上がるように促す。
そうではないのがネルシーニョの策士たるゆえん。
30分過ぎにネルシーニョは4-1-4-1に布陣を変更する。
この布陣変更により相手の選手を捕まえることができるようになり、形勢を五分に引き戻した。

それまで神戸の中盤の選手は守備のときに下がらないので、守備ブロックが4-2-3-1となり、ボランチの脇を起点に攻められていた。
中盤のブロックを4枚並べることで相手のサイド攻撃にフタをした。
ボールを奪った後、アンカーのヒデが真ん中でボールを受けられる位置にいるので素早く前にボールをつなげられるようになった。
攻撃は前田を加えた5人で攻めセカンドボールも拾えるようになったため、二次攻撃でサイドバックも上がって厚みが出た。

4-1-4-1では前と後ろで攻守が分断するため、攻守が入れ替わって前にボールが出るところを抑えられると厳しかったが、マリノスは戻ってブロックを組むを優先していたことも相性がよかった。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。